« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

「日暮らし」

宮部みゆきの「日暮らし」上巻を読みました。

宮部みゆきは「火車」を読んで、大ファンになり、その後ずっと読んでいたのですが、超能力物が多くなり、時代物もいまいち好きになれずご無沙汰していました。

「日暮らし」はあまり評判が良いので、図書館に予約したところ、半年以上待ってやっと順番が来ました。人気ありますね。

読んで見て、相変わらず上手だなぁ、と思いました。キャラクターを浮かび上がらせる人物描写といい、スピーディな物語の運びといい、ぐんぐん読ませます。ただ、彼女好みの人物像が決まっていて、(例えば情に厚い働き者とか)物足りない気がする。時代物は特にそう感じます。もうちょっと人間て複雑じゃないかなと思う部分もある。だから、面白いのに、読み終わると印象が薄い気がします。

やっぱり私が好きなのは「火車」と、新聞に連載されて、映画にもなった「理由」ですね。

ところで、昨日は又娘に付き合って、吉祥寺に行きました。あまり買うものもなかったのですが、ウィンドウショッピングをして(娘はジーンズを買いました。輸入物で2万以上!高い。)井の頭庵と言う魚料理の店に行きました。若い人ばかりで、若者はお肉が好きかと思っていたら、今はそうでもないんですって。特に女の子はダイエット指向があるのでお魚類が人気らしい。

お刺身、秋刀魚のオーブン焼き、えびの生春巻き、かにクリームコロッケなど食べました。もう一品頼もうとして、娘に止められた。そう、お腹いっぱい食べてしまうと後で苦しい。少し物足りないぐらいだと、しばらくしてちょうど良くなるんですね。食べ過ぎなくてよかった、よかった。でも、車だったので、お酒を飲めなかったのは残念でしたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

母とお墓参り

PICT0001_6 母をお墓参りに連れて行きました。日曜に行ったのは、夫の家のお参りで、今日は実家のお墓です。同じ霊園なのだけど。7年前に亡くなった父は、「お墓なんか要らない」といっていたらしいけれど、散骨するわけにも行かず、お墓を買って入ってもらいました。我儘で、何でも思い通りする父だったのですが・・・

父のお墓を立てた頃は、霊園の端っこだったのに、もうその区画もお墓が立ち並んで、道路の向こう側までも拡張されている。東京で生涯を送った人は、新しく東京にお墓を求めることが多くなっているんじゃないかな。家の親類も何軒もこの霊園に新しいお墓を造っている。いわゆる公園墓地で、昔の暗い感じがないし、交通の便もまあまあだし。

母のところへ行った日は太るというのは、どうも避けられないみたい。霊園へ行く途中で、ファミレスで、昼食。この頃はメニューにカロリー表示がありますね。なるべく低カロリーと言う事で、まぐろ丼とミニうどんのセットをチョイスしました。456キロカロリーだったかな。

お参りの後、母を送って行って、恒例のおやつの時間。生協で買ったらしい、大きなチョコレートアイスとおせんべいを食べてしまった。

夕食は、トンテキ(ポークの和風ステーキ)、豆腐、ほうれん草のナムル、味噌汁、春雨サラダ、など。ご飯は食べないのに何かお腹いっぱいで、やばい感じはしたんだけれど。

さっき量ってみたら、なんと朝より+1.5キロの53.3キロ!そこまで増えるとは・・・積んでは崩れる小石のよう。悲しい・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

泣虫

涙もろいというか、心に迫るものがあると、意思に反して涙が出てしまいます。かっこ悪いけど、どうにもならない。女はすぐ泣くと思われるのも嫌なんだけど。

まぁ、普段はしょっちゅう泣いているわけではありません。本を読んだり、映画を観て、と言うことが多いですね。昔は夫婦げんかして、意に沿わない涙が出て悔しかったこともあったけれど・・・

悲しくて、とか、悔しくて、とか、可愛そうで、とか色々あるけれど、感動して、と言うこともありますよね。一番感動的なのは、「無償の愛」じゃないかと思います。

子供の頃よく読んだ、アンデルセンの「人魚姫」、小さい頃は人魚姫が可愛そうでたまらなかったけれど、今でも感動するのは、やはり人魚姫の「無償の愛」が美しいから。

「泣いた赤鬼」も、昔から好きで、子供たちが小さい頃、紙芝居を買って、よく読んでやっていたのですが、どうしても読みながら泣いてしまうんです。あと、新美南吉の「ごんぎつね」とか、「牛をつないだ椿の木」とか、泣かずにいられません。

映画も色々ありますが、一番最近感動したのは、イラン映画の「少女の髪留め」。素晴らしいです。「無償の愛」と言う言葉を思わずにいられなかった。日本人はゆたかになったけれど、こんな気持ちは失われてしまったような気がします。

泣虫で恥ずかしいです。もっとクールになりたい。クールになって、心の中で泣いていたらかっこいいのに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お墓参りとか

薄日が差してきたので、午後も大分まわってから、お墓参りに出かけました。子供たちは渋っていたのを無理やり連れて。途中で慌しく、お花やお線香を買って、着いたのが4時40分頃でした。なんと5時閉門と書いてあるのを見て、あせってお参り。幸い、誰か来たらしく、お掃除もしてあったので助かりました。夏はいつも雑草がすごくて、綺麗にするのに時間がかかるから。

義父は若くして亡くなったので、私はあったことがありません。一度お会いして見たかった。手を合わせて、「家族仲良く暮しています。見守ってくださいね。」と、胸の中で言いました。夫たら、大金持ちにしてくれよ。といったらしいです。お父さんも、やれやれ、と思ったでしょうね。

それにしても、お墓の9割がたはお花が上がっていました。皆、宗教のあるなしにかかわらず、お彼岸にはお参りする人が多いですね。やはり、亡くなった身内に対する絶ちがたい思いがあるからでしょうか。私も無宗教ですが、お参りすると何となくほっとします。

帰りに通りすがりのイタリアンレストランへ。ピザ、パスタ、リゾット、サラダ、フリット、そしてワイン。チェーン店らしく、安かったけど味もまあまあでした。それにしても、炭水化物を思いっきり食べてしまいました。

帰ってから、娘の借りてきた、アジカン(アジアン・カンフー・ゼネレーション)のDVDを見ました。ちょっと、スピッツの違うバージョンって感じかな。さわやかで、可愛くて、のりのりで、いい感じでした。子供がいると、色々な、新しい情報が入ってきて楽しいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「AMEBIC」

金原ひとみの「アミービック」を読みました。「蛇にピアス」で芥川賞を受賞して話題になった作家です。彼女もなんと息子と同じ歳です。歳は関係ないけど。「蛇にピアス」を読んで、面白かったので、図書館に予約しておきました。

私にとって面白い本とは、自分とは異質な世界を見せてくれつつ、共感も持てる部分があることかな。あと、たとえ、色々な意味で凶暴なと言うか、エキセントリックなものであっても、根底に人間に対する優しさが感じられるものが好きです。勝手に思うだけかも知れないけれど、癒される。

「アミービック」は、「蛇にピアス」や、その次の「アッシュベイビー」で感じられた悲しいほどの危さが、ますます高まって、内に向かっていっている感じがしました。

作者の分身かと思われる主人公の、物を食べる事自体に対する嫌悪感が縦糸に、彼との関係が横糸になっている。そしてどんどん追い詰められていく・・・

ついていけない感じもしたけれど、何故か分るような、上手く言えないけれど、身につまされるような。ただ、前の2作に較べると、置いてきぼりにされそうな感じがして、彼女はどこまで行ってしまうのでしょうか。次作も読んで見たいと思いました。

最近女性作家が活躍していますね。私も女性作家の作品を読むことが多くなりました。賞を取った男性作家の作品を読んでみても、いまいち共感できるものが少ない。女性とか男性とか言うのは嫌なんだけれど、どうしてかなぁ。前はそんな感じはしなかったんだけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バーゲンとアジアンキッチン

水道橋のプリズムホールでバーゲンがあったので、娘と行ってきました。この頃服の趣味が似てきたのか、一緒に買い物してもアドバイスしあったりして楽しい。今日も、二人とも、偶然黒のジャケットと、グレーのアンサンブルを買ったりして。

私は少し痩せたので、11号ではゆるく、9号では少しきつめ。今日のバーゲンはワカモノ向けの感じだったので、結構サイズが小さめだったけど、買ってしまった。ダイエット、頑張るぞ。

PICT0007_3  PICT0006_3 帰りに、池袋のメトロポリタンプラザにある、アジアンキッチンによってお食事しました。左はアボカドと豆腐の前菜。右はネギトロと山芋の生春巻きです。葱とひき肉のフォーも食べました。もちろんビールも。娘はカシスウーロン。

なかなか美味しかったです。他にも食べて見たいメニューが沢山ありました。そして、やっぱり、ヘルシーでしたね。アジアって良いな。アジアは中国に行っただけ。今度はベトナムに行って見たいと思っています。食事も美味しいし、安くて可愛い雑貨が沢山あるらしいし。私の大好きな蓮の花の畑も、TVで見たけど素敵だった。

ああ、それにしても写真のレイアウトが上手くいきません。デジカメで取り込んでいるのですが。携帯で送っている方が多いようですね。まだまだ初心者です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

事務所のパキラ

PICT0001_5 今日は事務所に行きました。夫がやっている小さな設計事務所です。今は経理を(経理と言うほどではないんですが)やっています。

これは、事務所のパキラ。家のパキラとあまり歳は違わない。家のは5回くらい植え替えて大きな鉢にしていったので、今は160センチ位あるけど、これは植え替えていないのでこんなものです。これでも3倍ぐらいにはなったけれど。

PICT0004_3 ついでですが、これはポトスとガジュマル。後ろに張ってあるのは模型です。日の当たらないところに置いてあるので元気がありません。でも、休みの時は水もやれないのに、頑張っていていじらしい。

今日は空売りした株が気になっていたので、時々チェックしていたのに、銀行に行っている間に馬鹿上がりしてしまい、ショックでした。仕事は真面目にやりましたよ。

帰りに夫と、駅前にオープンした居酒屋へ。お昼はサラダとダイエットクッキーで我慢したので、ビールとウーロンハイに、おつまみ色々食べました。海草サラダ、焼き鳥、おぼろ豆腐、イかとエリンギ炒めなど。でも、まあまあヘルシーだったかな。お肉やピザなんかに比べると、太らない気がするんですが、どうでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チャンネル権

我が家のチャンネル権は、完全に夫が握っています。子供が、とか妻がとかは聞くけど、珍しいんじゃないかと思います。

何しろ帰ってくるとすぐテレヴィをつける。そしてリモコン握って、変えまくり。お気に入りの番組は、ニュース、ドキュメンタリー、旅番組、たまにお笑い。最近は放送大学の建築や哲学の授業をよく見ている。

リモコン握ったまま、うたた寝しているので変えようとすると、やわら目を開けて「見てるんだ」とのたまう。それは兎も角、テレヴィがついていると、つい見てしまうけど、どうなるのかなと思った瞬間チャンネルを変えられるのは、ほんとストレスたまります。

ドラマは基本的に嫌いらしい。くだらない、くだらない、と言われると、こちらも見る気がしなくなる。どうしても見たいなら違う部屋にあるテレヴィで見ればいいんだけど、そんな気もなくなる。最近ドラマ観てないなぁ。洗脳されたみたいです。

私はあまりテレヴィは好きなほうではありません。ワイドショーとかは全く見ない。子供が小さい頃、ドリフターズの「全員集合」がすごくはやっていたのだけれど、私は大嫌いだったので、絶対見せなくて、随分うらまれたみたい。娘が中学生の頃は、ドラマを皆見ていたらしく、それも見せてあげなかったので話しについていけないと言われました。

今は、子供も見たい番組は自分の部屋で見ているようです。居間では、父親のチャンネル権を、仕方なく認めている状態です。私も、子供も、まぁ仕方ないって感じです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「野ブタ。をプロデュース」

話題になっていた本を図書館にリクエストしていたら、3冊も同時に来てしまった。ちなみに好きな作家は、大江健三郎、村上春樹、田口ランディ、桐野夏生等。でも、ミーハーなので、賞を取った本や話題になった本は読みたいほうです。

「野ブタをプロデュース」をまず読んで見ました。主人公は高校生で、そこそこの快適な日常を送るために、自分で作ったぬいぐるみのような自分を被って日々をやり過ごしている。突然現れた転校生がいじめられているのを救った事から、彼を人気者にすべくプロデュースする事に。それは上手くいくのだけれど、偶然の出来事から、主人公自身が窮地に陥って・・・

分るような気もする。人って、状況に応じて上手くいくように自分を変えているんじゃないかな。私も意識しないうちに少なからずそうしているもの。

それにしても、彼の人間関係に対する臆病さは痛々しい。今の若者は友達がいない恐怖症と言われるけれど、そうだろうなと思った。勿論昔から孤独は怖いものだったけれど、今メールや携帯があって、ますますそうなっているのかもしれない。

作者はなんと息子と同じ歳。彼らの行きにくさを思うと、何もしてあげられない無力を感じる。かっこ悪くてもいいじゃない、もっと強くなって!と願うばかり。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ジャズライヴ

スポーツクラブで知り合った方が、焼き鳥屋さんをやっていて、且つジャズマニアらしく、時々お店でジャズのライブや、ジャムセッションをやっています。

PICT0020_0 今夜は「ライブやるから来ない?」と誘ってもらったので、家族そろって行ってきました。ジャズは詳しくないけど、好き。昔はたまにライブハウスに行ったりしたけど、すごく久しぶりだった。とても盛況で満席でした。地元でこんなの見られるとは思わなかった。

そう広くない店内で、間近で演奏されるので、迫力があった。和気藹々で、皆、スィングスィング。楽しかったです。

見ながら食べた、焼き鳥、スタミナ豆腐、(豆腐の上に納豆、ねぎ、卵の黄身がのっていた)肉じゃがコロッケ、チャーハン、そしてご自慢の日本そばも美味しかった。ビールとウーロンハイも飲みました。帰って、寝込んでしまい、今頃ブログを書いている次第です。

音楽はCDで聞くばかりだけど、生はやっぱり、良いですね。コンサートは、結構高いけど、近くて、安くて、よかったな。又、行きたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラッサイ展

PICT0011_1  恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館で、Brassai-ポンピドーセンター・コレクション展を見てきました。写真はあまり見ていないのですが、新聞販売店の抽選で当たったので、面白そうだったし、行ってきました。

1930年に写真に出会ったブラッサイは、パリの街や人々を多く撮っています。あまり小細工をせず、リアリストであったようです。

写真の技術は知らないのですが、写し出された情景は夜景が多いのにもかかわらず、柔らかい光の中でもくっきりと浮かび上がっています。あざとい感じはないのですが、深い情感と人物であれば、人間味が浮かび上がっているように感じました。

多才な人であったようで、絵や彫刻も展示されていました。でもやっぱり写真がよかった。絵画とは又違った写真と言う表現の力を認識しました。

PICT0016_0 そして、展覧会の後はお友達とランチ。とりあえずタワーに上がって見ると、いいお店を見つけました。和食のバイキングで、なんと1050円!だまされたと思って入って見ました。なんと、種類も多く、美味しくてヘルシー。当たりでした。

PICT0014_1 しかも眺望も楽しめました。安いです。信じられない。ビールは普通に600円でしたが。そしてこの後カフェで飲んだコーヒーが650円。何か、価格って物がよく分りません。

ご想像の通り、少し食べ過ぎました。やっぱりね。でも洋食のバイキングよりはかなりヘルシーだったから・・・夕食は控えましたとも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

食欲が・・・

ここのところ、割と小食で満足できていたので、胃が小さくなったのかな(しめしめ)と思っていました。今朝は初の52.5キロを記録。(-6キロ!)

ところが今日、突然おおせいな食欲が襲ってきました。

母のところへ行って、お昼はカツオのタタキ、おひたし、味噌汁、そして、ご飯を沢山食べてしまった。母のお使いで、駅近くの銀行へ行ったので、最近仕入れた情報ではその近くで、超美味しいケーキ屋さんがあるらしいので、汗をかきかき探したのに見つからない。それであきらめて帰る途中で、和菓子屋さんの前に「麩まんじゅう」と書いてあるのを発見。(和菓子はあまり好きでないんだけど、麩饅頭と水饅頭は例外)二つづつ買って帰りました。

そしておやつにその二つと、おせんべいをぼりぼり。あ~あ、食べすぎ!

夜はメインのとんかつは止めて、豆腐とおひたしで済ませたのだけど、まだ空腹感が止まらない。チョコつまんだり、奥の手の春雨ヌードル食べたり。

さっき体重量ったら、朝より1.2キロ増。本当は0.8キロ以内に納めるのがダイエットの基本なのに。明日はこの食欲が去ってくれると良いんだけど。どうかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌を読みたい

この頃、あまり雑誌を読まなくなった。元々定期的に読んでいる雑誌はなかったけれど。強いて言えば、中学生の頃刊行された、アンアンをよく読んでいたくらい。あの頃は、「女学生の友」とかしかなかったから、何ておしゃれ!と思ったものでした。

本屋さんに行くと、それこそ雑誌の多さにめまいがしそうなのに、私の年代に合っていて、適度におしゃれで、少し実用性もある、と言う雑誌がないんです。美容院や歯科医院などで、置いてある雑誌を拾い読みしたりするけれど、どれもぴったり来ないので、買わない。

料理記事にひかれて、レタスクラブやオレンジページなんか、時々買っていたけど、ざっと読んで捨てるだけだし、ダイエット記事を目当てに健康雑誌を買っても、切抜きが増えるだけ。奥様雑誌は生活が違いすぎ、場所とるし、重いし。男性向けの雑誌のほうがしゃれてたり、いい情報があったりするけど、やっぱりおしゃれな男情報読んでもなぁ。

結局、ぴんと来るのがない。出版したら、売れると思うけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

痩せたね、といわれます。

この頃、やたら言われます。今、最高時より-5キロ前後を行ったり来たりなのですが、この頃急に「痩せたね」と、頻繁に言われるようになりました。そういえば、体脂肪率が最高34%行っていたのが、28%前後になったので、少しは締まったのかな。黒のウェアをきている時は特に言われるから、錯覚かな。兎も角、素直に嬉しい。「う~ン、少しね。」とか言っているけど。

昨日は選挙でしたね。うちは家族そろって行きました。結果は予想以上の自民党の圧勝。もう、新聞やテレヴィで、コメントは出尽くしています。一言言わせて貰うなら、国民は行政改革始め、税金の無駄遣いを止めるための改革を切望していると言う事ではないでしょうか。本来はそこを言うべき野党がはっきりしないので、小泉総理の言い分にぐっと来てしまったのかも。でも、こんなに勝って、大丈夫なのでしょうか。憲法、外交、イラク、不安です。

選挙の後、1000円クーポンを持って駅近くの居酒屋へ。揚げ物を食べ過ぎたかも。それで、今日は頑張りました。スポーツクラブへ行って、卓球、お昼はダイエットクッキーで我慢。あと、プールとパワーヨガ。パワーヨガ、最初は苦痛だったけど、快感になってきました。体の奥のほうが鍛えられる気がする。お勧めです。夜は一回くらいちゃんと食事しなくてはと思い、ハンバーグと豆腐サラダ、ご飯はなしです。

明日はどうかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サウナとゲルマニウム温浴?

PICT0009_2 これはネットで買いました。お風呂の中に入れておくと、今話題のゲルマニウム温浴が出来るそうです。しかも半永久的に使えます。ちょっと?ですが確かにこれを入れると、入浴中に顔から汗が出てくる。そして出たあとも、何かぽかぽか。今の季節は又汗だくになってしまって困りますが。

最近、スポーツクラブでサウナにも入っています。最初はなかなか汗が出なかったのですが、汗腺が開いたのかこの頃すごく汗をかいて気持ちが良い。サウナで痩せるかと言えば、常連のお姉さまがたを見る限りなさそうですが、毒素は汗と一緒に出るかも。

それに、うちの体組成計で測ると、この頃少し代謝がアップしたようです。サウナとゲルマニウムのせいかなと、勝手に思っています。気が多くて色んな事を同時にやっているので、原因がいまいち分らないのですが。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

本を読んで考えた事

「歴史洗脳を解く」-栗原宏文著 この本を読みました。小説以外ほとんど読まない私にはめずらしい事です。きっかけは以前私が靖国参拝に少し触れたのに対して、ブログを読んでくださった大学生と思われる方が、授業のブログを紹介してくださり、「嫌な意見でも視野を広げるのにどうですか」とコメントしてくれたので、その中にあったこの本を、図書館で借りました。

はっきり言って、読むことに非常に抵抗を感じ、読み終えるのに苦労しました。

内容は大学教授である筆者が、現在主流を成す、日本の自虐史観の洗脳を解くべく、ネット授業を行った様子が書かれています。教科書問題にも重点がおかれ、いわゆる「作る会」の新しい歴史教科書の正当性が説かれています。

歴史観と言うのは本当に難しいです。全く不勉強な私ですが、基本的にそう思います。自虐史観と筆者は日本が戦争で大きな過ちを犯したという見方を呼び、そういう考えを持つに至ったのは、主に戦後教育と、メディアの報道に洗脳された結果だと断じています。そして、筆者の授業を通して、新しい情報を与えられた結果、考えを変えていく学生たちを洗脳が解けた結果であると言っています。

筆者の意見に100%賛同できない私は洗脳が解けていないと言うことになります。

歴史観の是非はおいておく事にして、私は何故そんなに深く洗脳されたのでしょうか。筆者が一番の影響を言う、歴史教育については、ほとんど歴史の授業は明治で終わってしまい、近代については幸か不幸か習った覚えがありません。私の年代はそういう人が結構多いと思います。恥ずかしながら、朝鮮問題もほとんど知りませんでした。

マスコミの情報はやはり大きいと言わざるを得ません。私は筆者の言う左の朝日新聞をずっとよんでいました。確かに筆者の側の情報に触れる機会は少なかったとはいえると思います。家庭環境については、父は戦争について体験を語る事がありましたが、それは日本の正当性を前提にした話でした。洗脳されていない両親に育てられたと言えると思います。

でも日本は正当な事だけやってきたとはとても思えない。間違った報道や、過大な報道もあるでしょうが、少しでも反省すべきところは反省し、謝罪するのは、愛国心に反するとは思えません。もっとも、愛国心と言うのは何なのだろうと思います。戦争につながるなら愛国心とはいえないと思う。伝統は大切だと思うけれど、戦争がなくなるなら、国なんていらない、世界国家が良いとまで思います。

筆者に共感する点もありました。勿論日本だけが悪いとも思わない。東京裁判も、戦勝国は裁かれないという点がおかしい。原爆を市民に落としたことは、どんな理由付けがなされても許されない事だと思います。それから、マスコミの情報をうのみにしないように意識する事も必要だと認識しました。

あまりにも知識が足りないので、明快な意見がいえないのがもどかしいです。何を言っているのか分らなかったかも。お気楽な生活に流されていく私ですが、これをきっかけに、もう少し努力してしっかりした意見を言えるように、頑張りたいと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

-1.2kキロ

先週の月曜日、まさかの一日1.8キロ増。そして今日はそれからの-1.2キロと言う事です。増えるのは簡単、減らすのは何日がかり?って感じです。

まあ、特に食べ過ぎず、例の3点セット(ヒンズースクッワト、ステッパー、リンパマッサージ)に励んだ10日間でした。でも、先週はスポーツクラブは一回しか行けなかったので、まあまあかな。アルコールも摂取していたし。

今日は母がデパートに行きたいと言うので、不穏な空模様の中、迎に行って車で連れて行きました。お昼はデパートのお蕎麦屋さんで、天ざるを食べたんだけど、母が「食べきれないからあんた食べて」と言うので1.5人前食べてしまった。お蕎麦好きだし。そして又送っていき、デパートで買ってきた、豆腐プリンをおやつに。母のところへ行くとたいてい太る。何を言っても沢山食べないと承知しないし、一緒におやつを食べるのを楽しみにしているので、断れない。甘いもの苦手なのに、無理して食べて、あとでがっくりするのです。

晩は幸いあまり空腹でなかったので、お豆腐と春雨サラダで済ませた。でもさっき体重を量ったら、何故かやばい数字。それにそろそろおなかが空いて来たような。ここで、我慢、我慢。明日の朝はどうかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雨の日は

雨が降っているし、今日は久しぶりに家にいて、片付けでもしようかと。でも何かやる気が出ない。パソコンをのぞいたり、掃除洗濯は何とかやったけれど、片付ける為にはあふれる物を捨てなければならないのだけど、その気力がない。

ソファに寝転んで、沢山の読みかけの本や、読もうと思って買ってある本の中から、角田光代さんの本を抜き出して読むことにした。

「幸福な遊戯」、なかなか面白かった。子供の頃、幸せな家庭が得られないと、大きくなっても無意識にそれを求め続けるのは、よく分るな。それが擬似的なものであっても、癒される気持ちも。

「無愁天使」、まだ途中だけれど、「自分で幸福の形を決める事が出来る」と言うフレーズが気にかかった。当たり前のようだけど、気の持ちようと言う事だけではなく、人間の数だけ幸福の形はあるのかもしれない。人はパズルを埋めるようにして、その幸福を作っていくだろう。一生かかっても完成しないパズルもあるし、完成したと思っても何か違っていたり。

私はどうだろう。そこそこ幸せだと思っているけれど、何か足りない気がするのは何だろう。このままパズルを埋めていっていいのかなぁ。そんな事を思ってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

娘の大掃除

ついにあのおぞましいゴミ部屋を、一日がかりで片付けました。捨てる洋服だけで、45Lのゴミ袋が三つ出ました。

文句を言わないと約束させられてから、あけて見ました。タグが付いたままの新品や、ほとんど着ていない物が結構ある。これは私でも着られるかも、と言うものを拾い上げて着てみた。いくつかはいけそう。今はぶかぶかで着られないというパンツはぴったりで、掘り出し物だった。

又、洋服が増えてしまった。ただでさえ、着ないものが沢山あって収納が限界なのに。母の事はいえない。高かったからと取ってあるものや太る前のサイズが小さいもの、いつか着るだろうと思って捨てられないものが占領している。

「お母さんも、捨てたほうが良いよ」と娘に諭された。うーん、衣替えの時に、思い切って捨てよう。シンプルライフを目指すぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

失敗談

ぼけてます。失敗談には事欠きません。

割と最近の事ですが、朝スポーツクラブに行こうとしたら、自転車がないのです。又盗まれた!仕方がないので歩いていって、「自転車盗られちゃったの。まだ勝手1ヶ月しかたってないのに!」と大騒ぎしました。

次の日、仕方ないので、自転車を買いに行きました。斜め向かいが自転車やさんで、また、「この間買ったばかりの自転車盗まれちゃったの。ひどいでしょう。」等といって新しい自転車を選び、名前を書いてもらう間にその隣のコンビニに行ったのです。

「えっ!」コンビニの前になくなったはずの自転車がおいてある。そうなんです。外出した帰りにコンビニによって、すっかりそれを忘れて、向かい側の自宅マンションに歩いて帰ったというわけです。

慌てて自転車やさんに戻り、「見つかりました。!」まだ名前は書いてなかったので、お金を返してくれました。平謝りしましたが、さすがに事情は言えませんでした。

かなり落ち込んで、かえって息子に話しました。息子曰く、「そんなの落ち込む事ないよ。僕なんか、コンビニに自転車置いてくるのしょっちゅうだよ。」親子だけあって、息子もぼけてるとは思っていましたが、大丈夫かなぁ。彼。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

娘とお出かけ

昨日は娘が有給を取ったので、二人で立川へショッピングに出かけました。立川は駅ビルが2つ、デパートも3つ、シネコンもあって賑わっている。JRの乗降者数が吉祥寺を越えたらしい。

まずルミネへ。なんと70%オフの店を見つけて、娘はコートを購入。その後も色々買って、もう一つの駅ビル、グランディオへ行ってカフェで一休み。二人ともお昼を抜いていたので、飲み物とケーキを半分こした。そして又ショッピング。娘は独身貴族なので値段に拘らないけれど、私は普段からバーゲン専門なので、安いものを見つけては娘に勧める。「なかなか、見つけるねぇ」とお誉めの言葉。二人でお揃いのTシャツを買って(サイズは違うけど)おしまい。二人でほくほくしました。

上の階に横浜から沢山の店が出店している中華街があってそこで夕食を食べました。迷った挙句、ヘルシーな海鮮粥セットをチョイス。「止めとけば」と言われながら私はビールも飲んでしまった。美味しかった。ここは何回も行っているけど、どこもなかなか美味しくて、お薦めです。

娘とは普段は忙しくてあまり話せないので、沢山おしゃべりもして、満足の一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

母の心

今日は母のご機嫌伺いに行く日でした。一緒に食事をしてから、涼しかったので近くに出来たちょっとしゃれたスーパーへ散歩を兼ねて行きました。

母は色々な人に、結構慕われていて、甥や姪、その子供たち、昔の知り合いなど訪問してくださる方が多くて幸せです。話し好きで、好奇心もいまだにおおせいなので人の話もよく聞くので、話を聞いてもらいに来る人もいるみたいです。「おば様みたいに歳をとりたい」なんて言われて、まんざらでもないようです。

でも時々、「えー?」と思うようなことを言ったりします。

「何だかすごくおばあさんだと思われているみたい」・・・・充分すごくおばあさんなのに。

「まともに話が出来る友達がもう少ししかいないの」・・・・その歳なら当然です。

しょうもないものを溜め込んでいるので、捨てたらと言うと「そんなこと言って、又戦争が起こって物がなくなったらどうするの?」・・・・そしたらもう私たち生きてないと思うけど。

私がプールの話をすると「男の人とは別々のプールなんでしょう?」

まだまだあったような。でも趣味の絵を描いたり、私が教えてあげた携帯メールもずいぶん上達して、メル友も沢山。私の知っている限りメールやってる最高齢です。まだまだ頑張ってくださいというところです。

PICT0018_0 実家の近くで見つけたつたの絡まる家。暗そう。でも夏は涼しいかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »