« -1.2kキロ | トップページ | サウナとゲルマニウム温浴? »

本を読んで考えた事

「歴史洗脳を解く」-栗原宏文著 この本を読みました。小説以外ほとんど読まない私にはめずらしい事です。きっかけは以前私が靖国参拝に少し触れたのに対して、ブログを読んでくださった大学生と思われる方が、授業のブログを紹介してくださり、「嫌な意見でも視野を広げるのにどうですか」とコメントしてくれたので、その中にあったこの本を、図書館で借りました。

はっきり言って、読むことに非常に抵抗を感じ、読み終えるのに苦労しました。

内容は大学教授である筆者が、現在主流を成す、日本の自虐史観の洗脳を解くべく、ネット授業を行った様子が書かれています。教科書問題にも重点がおかれ、いわゆる「作る会」の新しい歴史教科書の正当性が説かれています。

歴史観と言うのは本当に難しいです。全く不勉強な私ですが、基本的にそう思います。自虐史観と筆者は日本が戦争で大きな過ちを犯したという見方を呼び、そういう考えを持つに至ったのは、主に戦後教育と、メディアの報道に洗脳された結果だと断じています。そして、筆者の授業を通して、新しい情報を与えられた結果、考えを変えていく学生たちを洗脳が解けた結果であると言っています。

筆者の意見に100%賛同できない私は洗脳が解けていないと言うことになります。

歴史観の是非はおいておく事にして、私は何故そんなに深く洗脳されたのでしょうか。筆者が一番の影響を言う、歴史教育については、ほとんど歴史の授業は明治で終わってしまい、近代については幸か不幸か習った覚えがありません。私の年代はそういう人が結構多いと思います。恥ずかしながら、朝鮮問題もほとんど知りませんでした。

マスコミの情報はやはり大きいと言わざるを得ません。私は筆者の言う左の朝日新聞をずっとよんでいました。確かに筆者の側の情報に触れる機会は少なかったとはいえると思います。家庭環境については、父は戦争について体験を語る事がありましたが、それは日本の正当性を前提にした話でした。洗脳されていない両親に育てられたと言えると思います。

でも日本は正当な事だけやってきたとはとても思えない。間違った報道や、過大な報道もあるでしょうが、少しでも反省すべきところは反省し、謝罪するのは、愛国心に反するとは思えません。もっとも、愛国心と言うのは何なのだろうと思います。戦争につながるなら愛国心とはいえないと思う。伝統は大切だと思うけれど、戦争がなくなるなら、国なんていらない、世界国家が良いとまで思います。

筆者に共感する点もありました。勿論日本だけが悪いとも思わない。東京裁判も、戦勝国は裁かれないという点がおかしい。原爆を市民に落としたことは、どんな理由付けがなされても許されない事だと思います。それから、マスコミの情報をうのみにしないように意識する事も必要だと認識しました。

あまりにも知識が足りないので、明快な意見がいえないのがもどかしいです。何を言っているのか分らなかったかも。お気楽な生活に流されていく私ですが、これをきっかけに、もう少し努力してしっかりした意見を言えるように、頑張りたいと思いました。

|

« -1.2kキロ | トップページ | サウナとゲルマニウム温浴? »

「社会」カテゴリの記事

コメント

十分、ご自分の意見を述べられてたと思いますよ。
私もよくは分かってない世代ですが
戦前、日本がアジア諸国にしてきた事はもう援助やその他の事で許されない事とはいえ、償ってきていると。。。これからもし続けるでしょう。

それに比べ、アメリカは正義という大儀を名目に、自国に有利になる事しか行なってないような・・近年。
カトリーナの被害地域の州兵は大半、イラクに派兵させられて・・・。何かが狂ってきてます。

筋の外れたコメントでしたm(_ _*)m

投稿: りゅう | 2005年9月 9日 (金) 21時39分

弱点の多い私ですが、特に歴史・政治は大きな弱点。それに明治以降はあまりきっちり授業で教えてもらってないのも事実。そんな私には、語る資格なしですが。あえて言えば、国と国との争いも一対一の喧嘩も根底にあるものは同じかなってことです。自分のよいように解釈して持論を展開していけば、聞いてるほうはその人の肩を持つ。お互い自分の言い分ばかりで相手の意見を聞く耳もたない。大げさに言えば人間の業みたいなものを感じます。

ちょっと前、中国で反日デモがあったとき上海にいた人が言っていましたが、現地では一部の人だけの騒ぎで静かだったそです。ニュースでは過激に報道されてましたよね。そんなことっていっぱいなのかも。

いつも考えさせられるテーマを提供してくれてありがとう。普段友達とこんな話しないし、考えるきっかけになってます。だけど難しそうな本よく読んだね。すごいと思います。私だったら途中で寝ちゃいそうだわ・・・

投稿: ちまき | 2005年9月10日 (土) 09時34分

とうとう読破なさったのですね!!すごいです。私は聞いていてイライラしてしまいましたから。なぜ、自国の利益だけを追い求めるのか、地球という運命共存対に生きている同じ「人」ではないのか、そのような考えばかりになってしまいます。でも、歴史には色々な解釈や視点があるということを、氷山の一角だとしても、たくさんの人に知っていただきたいので、読んでくださったこと、とても嬉しいです。授業で討論したかいがありました。

投稿: ハル | 2005年9月10日 (土) 22時31分

りゅうさんへ

本当にアメリカについてはいらだちますね。もはや世界一の強国である事を嵩にきてやりたい放題と言う感じ。イラクはその極みだと思います。そしてアメリカの言うなりの日本政府。イライラがつのります。

ちまきさんへ

私たちは偏った報道に振り回されている事が多々あるのかもしれませんね。色々な政治問題も根っこにあるのは人間の感情かも。自分の意見を持つのも難しいですね。

ハルさんへ

自分と違う意見を読むのは、すごく抵抗感があって、なかなか大変でした。ハルさんは共鳴しているのかと思ったのですが...でも色々な意見を持つ人がいる事自体は肯定します。自由な意見を言える国である事が一番大事なことだと思っています。そして、おっしゃるように、自分と違う意見にも耳を傾ける事も必要ですね。

投稿: めろん | 2005年9月11日 (日) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/5860665

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読んで考えた事:

« -1.2kキロ | トップページ | サウナとゲルマニウム温浴? »