« 娘の大掃除 | トップページ | -1.2kキロ »

雨の日は

雨が降っているし、今日は久しぶりに家にいて、片付けでもしようかと。でも何かやる気が出ない。パソコンをのぞいたり、掃除洗濯は何とかやったけれど、片付ける為にはあふれる物を捨てなければならないのだけど、その気力がない。

ソファに寝転んで、沢山の読みかけの本や、読もうと思って買ってある本の中から、角田光代さんの本を抜き出して読むことにした。

「幸福な遊戯」、なかなか面白かった。子供の頃、幸せな家庭が得られないと、大きくなっても無意識にそれを求め続けるのは、よく分るな。それが擬似的なものであっても、癒される気持ちも。

「無愁天使」、まだ途中だけれど、「自分で幸福の形を決める事が出来る」と言うフレーズが気にかかった。当たり前のようだけど、気の持ちようと言う事だけではなく、人間の数だけ幸福の形はあるのかもしれない。人はパズルを埋めるようにして、その幸福を作っていくだろう。一生かかっても完成しないパズルもあるし、完成したと思っても何か違っていたり。

私はどうだろう。そこそこ幸せだと思っているけれど、何か足りない気がするのは何だろう。このままパズルを埋めていっていいのかなぁ。そんな事を思ってしまいました。

|

« 娘の大掃除 | トップページ | -1.2kキロ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

幸せって何か分からないまま、ダラダラと毎日が過ぎていってます。
姑に仕えてた時は自分がなかったし、
此処に家族で越して来てからは、夫の顔色で一喜一憂しているみたい。。。
結局、自分をしっかり持てないまま生きているのね~

こんな生活から抜け出したいって思う時があるの。
それがストレスって言うのかな~わがままなんだわ^^;

投稿: りゅう | 2005年9月 7日 (水) 09時54分

>めろんさんへ
幸せって何?難しいなあ。私が言えることは、私一人では幸せになれないということ。やっぱり、私の周りにいる人たちが幸せでないと私も幸せに思えない。独身の時には考えられない発想だわね。私のなかでも幸せの形は変化しつづけてるのかも。

りゅうさんの気持ちもよくわかるわ。私たち母親って家族の調整役みたいなものでしょ。一番骨の折れる仕事よね。家族の幸せばかり思いつつ年をとっていくのかも・・・・

だけど最後の幸福のパズルを埋めるのは自分の手でしたい。


投稿: ちまき | 2005年9月 7日 (水) 20時24分

>ちまきちゃん、分かってくれて有り難う!そうよね、家族の調整役。

投稿: りゅう | 2005年9月 7日 (水) 22時22分

りゅうさんへ

お気楽そうに振舞っている(失礼)りゅうさんがそんなに気を使っているのね。我がままなんかじゃないとおもう。家族あっての自分、でも自分あっての家族でもあるもの。一つ一つ、パズルのピースを探していきましょう。

ちまきさんへ

本当に家族って(家族の幸福って)基本ですね。夫や子供より主婦にとってそれは一番強いものかもね。責任感、そして自負もある。だけどそれだけでは満たされないものがあるのも事実です。だからブログもやってるのかな。一緒に探しましょうね。

投稿: めろん | 2005年9月 8日 (木) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/5822091

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日は:

« 娘の大掃除 | トップページ | -1.2kキロ »