« フィリップス・コレクション展 | トップページ | 娘とお出かけ »

母の心

今日は母のご機嫌伺いに行く日でした。一緒に食事をしてから、涼しかったので近くに出来たちょっとしゃれたスーパーへ散歩を兼ねて行きました。

母は色々な人に、結構慕われていて、甥や姪、その子供たち、昔の知り合いなど訪問してくださる方が多くて幸せです。話し好きで、好奇心もいまだにおおせいなので人の話もよく聞くので、話を聞いてもらいに来る人もいるみたいです。「おば様みたいに歳をとりたい」なんて言われて、まんざらでもないようです。

でも時々、「えー?」と思うようなことを言ったりします。

「何だかすごくおばあさんだと思われているみたい」・・・・充分すごくおばあさんなのに。

「まともに話が出来る友達がもう少ししかいないの」・・・・その歳なら当然です。

しょうもないものを溜め込んでいるので、捨てたらと言うと「そんなこと言って、又戦争が起こって物がなくなったらどうするの?」・・・・そしたらもう私たち生きてないと思うけど。

私がプールの話をすると「男の人とは別々のプールなんでしょう?」

まだまだあったような。でも趣味の絵を描いたり、私が教えてあげた携帯メールもずいぶん上達して、メル友も沢山。私の知っている限りメールやってる最高齢です。まだまだ頑張ってくださいというところです。

PICT0018_0 実家の近くで見つけたつたの絡まる家。暗そう。でも夏は涼しいかな。

|

« フィリップス・コレクション展 | トップページ | 娘とお出かけ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めろんさんのおかあさんは、気持ちが若い。その前向きさなら100歳の大台にのるぐらい長生きされるかも。めろんさんのほうが体力蓄えておかなきゃね。私も以前携帯もたせたんですが、いつも居間の電話機の横におきっぱなしで役立てないまま断念。でも友達のおかあさんで77,8歳で使いこなしてる人がいます。やっぱりアクティブで、一人で旅行に出かけたりする人です。あ~でなくちゃ。
でもコメントの名前書き忘れたり、ブログも使いこなせてない私。20年後には、すっかりおいてかれてるかも・・・・・

投稿: ちまき | 2005年9月 1日 (木) 08時53分

おはようございます
足跡だけ残していきますね。
慕われるおかあさん、きっとすばらしい心の持ち主ですね・・・
物をとって置くのは仕方ないですね、そのような環境と教育だったのでしょうから・・・
きっと戦争でなくても、地震だって可能性あるし、そのことに感謝ってこともありえますしね

またお邪魔いたします、

投稿: きょう(^^) | 2005年9月 1日 (木) 09時24分

何と素敵なお母様。
携帯メール、我々でも眼が疲れるのに、前向きなお方ですねw
我が母はこの20年、そうね~~・・・更年期あたりから
死んだように生きてます。
痛みを伴う さまざまな病に取り付かれてね・・・。
今月、71歳になります。
まだまだ、平均寿命までありますが、そこまで生きる事は天地がひっくり返ってもないでしょう。

妹に押し付けて、お気楽な姉ですわ。。。

投稿: りゅう | 2005年9月 1日 (木) 14時01分

ちまきさんへ

うちの母は、じゃーん、90歳です。年をとって来ると人間、やる気で差がつくと思います。勿論健康が前提ですけど。父もね、持病との闘いのなかで70歳で免許を取り、85歳でパソコン始めました。亡くなりましたが。(免許は困りましたが)弱気な事は言わないで、がんばりましょ。!

きょうさんへ

そとずらがいいので、皆ほめてくれるのですが、結構頑固だし無責任なところもあって、喧嘩する事も。でも元気でいてくれるので喧嘩なんか出来るんですね。

りゅうさんへ

お気の毒です。まだお若いのに。痛いのだけは気力でどうにもなりませんものね。でもりゅうさんの明るさが癒しになっているに違いないと思いますよ。

投稿: めろん | 2005年9月 2日 (金) 00時54分

わ~ すごい!90歳ですか。
私の母よりさらに世代が違うかも。だとしたらまさにスーパーおばあちゃんですね。おばあちゃんの前向きなところ学ばなくちゃあ。今でもつい「年だから・・・・」なんてすぐ弱音はいちゃうけれど、まだまだということですね。めろんさんはすてきなお手本があっていいですね。お母様を大切に。

投稿: ちまき | 2005年9月 2日 (金) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/5730271

この記事へのトラックバック一覧です: 母の心:

« フィリップス・コレクション展 | トップページ | 娘とお出かけ »