« プーシキン美術館展 | トップページ | 母の絵葉書 »

ブログって

先日の新聞にこんな相談が載っていました。

アルバイトで知り合った人がブログを始めて、読んで感想を書き込んでと、しつこく言ってくる。読んでみても、一日の出来事を書き連ねてあるだけで、何の感想もないし、読みたくも無いので、困っている。

ありそうな事ですね。この人も困るだろうなって思います。少し笑えるけれど、自分のことに照らしてみると、私も日々あった事と思ったことがほとんどです。まぁ、誰にも、読んでって強要はしていないけれど。何人かの友達に「ブログやっているんだ」と言ったことはありますが、「ブログって何?」とか「へぇ、今流行っているらしいね」と言う反応だったので、読んでね、とは言いませんでした。それに、恥ずかしいし。

どうしてやっているのかと考えてみると、やっぱり読んで欲しいんですね。そして、「そういう事あるよね。分るな。」とか「え、そういう事もあるんだ。」とか感じてもらいたいんですね。自己顕示欲なのかなぁ。

そういえば、母親を毒殺しようとした少女が、その経過をブログに書いていたと、報道されていますね。ちょっと、この事件自体理解しがたいですが、ブログに書くとは。やっぱり自己顕示欲なんでしょうね。今までにも、犯人が手紙などを送りつけたり、携帯の画像を見せびらかしたり、と言うことがありました。今度の事件ではそれがブログだったってことでしょうか。犯罪者が、捕まる危険を冒してまで、こういうことをするなんて、人間の自己顕示欲と言うのはすごいものがあります。それとも、異常性格者だからなのでしょうか。

話が飛躍しました。犯罪者は自分の行為を見せ付けたいだけだけれど、私を含めて一般のブロガーは読んだ人の反応を・・共感とか・・求めているんじゃないかと思います。

それはともかく、この頃少し迷っています。楽しくて毎日色々書いてきたけれど、これでいいのかなぁって。色々なブログを拝見すると、素晴らしいブログが沢山ありますね。よく勉強されていて、情報も沢山持っていて、それから特殊な体験をされている方とか。何かいじけてしまって。でも、自分は自分でしかないし、背伸びしてもしょうがないって言うか無理。見に来てくださる方もあることだし、あんまり躍起にならずに、もうちょっと続けてみようかな、などと考えています。

|

« プーシキン美術館展 | トップページ | 母の絵葉書 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログはいずれ本にすることができます。 私自身本にして定年したときに笑いながら読んでいることでしょう。。子供に見せたいものですね。。 また 書くことが苦手な現代人にはこの手の日記の方がやりやすい?!のでしょう。 

事件の少女のブログ発見しました。読みました。あの希薄さと絶望的な孤独感はいったい何なんでしょう。。
恐ろしすぎるといか 私には理解できなかったです。 「言いたいことが何でも言えるNETの世界には人の悪意が交差している」と新聞に載ってました。 しかし物事には表と裏があるものだし「すこし迷ってます・・」
など言わずにおもいっきりつっぱしってみては??
いいじゃないですか 新しい表現のしかたは時代 時代に変わってきていることだし。 手紙ー電信ー光ファイバーと一緒で書くー打ち込む に変わってきているし。

ネットをしない人には変に映りますが(涙)
知らない人は知らないんです。  ブログは私の宝っす。(照)   やばい会議はじまるっ!! また

投稿: Naktak | 2005年11月 7日 (月) 09時24分

私も自分のブログが面白くないかなあ~・・・と思うことあります。でも、今まで人に自慢できるようなことをしてきたこともないので仕方ありません。ほんとにたわいもない日記ですよね。
その代わり、私はブログを通していつもの友達とは違う話題を提供してもらって刺激を受けてます。めろんさんからは、本、映画、美術的なものなんか・・・・・
私もどこまで続くかわからないけれど、今現在は、とても楽しいので、このまま続けられたらいいなと思ってます。
正直、疲れていたりすると、パソコンに向かうのがしんどいときもあるけど、みんなからのコメントを読むのがうれしくて・・・・・・もし、コメントがなかったらつづいてなかったかもね。

投稿: ちまき | 2005年11月 7日 (月) 17時10分

私もめろんさんのブログを読んで、新しい話題や知識をいただいています。本を読む気になったのは、めろんさんの読書に掻きたてられたからですし^^
他愛のないことでも、同調・共感してくれる方がいらっしゃればいいと思います。私には、めろんさんのブログは、新しい世界の扉でもあります。

投稿: ハル | 2005年11月 7日 (月) 19時39分

☆Naktakさんへ

ありがとうございます。突っ走ってみようかな。(脱力しながら・・)それにしても、定年の事まで考えてるんですか?お子さんも(多分)まだいらっしゃらないようなのに。でも、そうなったらいいですね!私は現在進行形で見られていますが。
あのブログ、まだ公開されているのですか。想像するだけで、何か寒気がします。人間は理解できないものが一番怖いのかもしれない。
会議、間に合いましたか?忙しいのに、本当にありがとう!

☆ちまきさんへ

どうもありがとうございます。ちまきさんのブログ。楽しみにしています。何か、浅からぬ縁のような気さえして。お嬢さんのブログも時々拝見して、若さって良いなぁって思います。こうやって、色々な方に接する事が出来るのは(ネット上であっても)魅力ですね。それに、いつもコメント、本当にありがとう!

☆ハルさんへ

ありがとうございます。そんなに言っていただくと、恥ずかしくて穴を掘りたくなってしまいます。ハルさんて、素直な素敵な方ですね。年齢を超えて、共感できる部分があるなんて、嬉しい事です。ちょっと、うるうるてしまいます。ありがとう!

投稿: めろん | 2005年11月 8日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/6934880

この記事へのトラックバック一覧です: ブログって:

« プーシキン美術館展 | トップページ | 母の絵葉書 »