« 「漢方小説」 | トップページ | ブリジット・ジョーンズの日記 »

年賀状

一年経つのが本当に速いです。もうすぐ12月。そろそろ年賀状の準備をしなくては、と気になってきました。いつ頃からか、この時期になると、黒い縁取りのはがきが舞い込み、年末を意識するようになりました。親を初めとして、親しい親族を亡くす歳になったんですね。私も7年前に父を亡くし、喪中の葉書を出しました。当然、その年は年賀状が来なくて何だか淋しいお正月でした。そんな時、寒中見舞いの葉書をいただき、心遣いが嬉しかったので、私もそれから、なるべくお正月が明けてから、何気ない葉書を出すように心がけるようになりました。

今、年賀状を出す人が減っているようですね。家の子供達も(もう成人ですが)ほとんど出していないようです。来るのも少ないし。もうメールでって言うことらしいです。私も、面倒だなとは思うのですが、頂いたときの嬉しい気持ちを返り見て、毎年出しています。

夫は仕事関係があるので、結構多いのですが、私は、親族、友達、お世話になった方などですから、たいした数ではありません。それも最近では、減ることはあってもあまり増えませんね。何となくどちらからともなく書かなくなったり。出さないと頂いて、次の年は出すとこなかったり・・年賀状のやり取りだけで、何年もあっていない方も半数近くあるかも。それでも、ああ、お子さんも大きくなったんだな、とか、存在を身近に感じられるのは、年賀状のおかげですね。昔、PTAで一緒に役員をやった方とか、前に住んでいたマンションの方とか。

家族の写真を毎年送ってくださる方もありますね。あらあらと、興味しんしんで見ちゃいますね。綺麗な奥さんね、とか、この子はお母さんにそっくり、とか。でも、私はちょっと、出せませんね。恥ずかしいもの。頂くのは歓迎しますが。

一生懸命版画を彫っていた時期もありましたが、いまはパソコンにお任せです。宛名書きをしなくていいのは助かります。手書きが最高ですが、悪筆なので、気が楽です。でも、一言は書き添えるようにしています。印刷だけでは貰っても味気ないですから。図柄も、年賀状ソフトの中から適当に選んでいたのですが、去年は息子が凝った絵を作ってくれました。今年もやってくれそうなので、期待しています。出すのはきっとぎりぎりになると思いますが。

ブログに遊びに来てくださる方たちにも、本当は出せるといいのに!

|

« 「漢方小説」 | トップページ | ブリジット・ジョーンズの日記 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お恥ずかしいです。
この2~3年、全く出さないようになりました~
何か形式だけで、印刷ものが圧倒的に多くてさっと目を通すだけになって
もう、意味ないかなって勝手に思ってしまって^^;

私はすべて手書きでしたが友人までもが旦那さんの印刷ものの葉書に自分の名前を小さく書いてるって感じで
なんか寂しくなってね。
義理ならいいやって思う私って、どうなのか~

投稿: りゅう | 2005年11月25日 (金) 21時55分

おはようです^^
私もようやく年賀状買いましたよ
でも、引越しの挨拶と新年の挨拶が一緒になってしまいます(;⌒▽⌒A

毎年裏面はPCで印刷してますが、
表面はすべて手書きにしてます
別に意味はないのですが、少しだけでも
手書きが入る嬉しいかなって^^;;

投稿: pai | 2005年11月26日 (土) 11時29分

やっぱり年とともに気合がはいらなくなってますね。若いときは楽しみに書いていたのに。儀礼的になってますね,確かに。でも年賀状だけのお付き合いの方もいるので辞めちゃうのはちょっと・・・・・
また夫にパソコンで作ってもらって,一言添えるだけになりそう。

投稿: ちまき | 2005年11月26日 (土) 22時17分

☆りゅうさんへ

宣言してしまえば、楽でいいかもしれませんね。私は結局、淋しがり屋なので、自分が欲しいから書いているのかな。

☆paiさんへ

印刷だけは、いかにも義理って感じで、嬉しくないですね。十分意味ありますよ。でも、パソコンでも、近況とか思うこととか、色々書いてあるのは楽しいですね。

☆ちまきさんへ

だんな様が作ってくださるの?本当にまめな方で羨ましいわ。家は反対。私が作って、夫は一言書くだけです。年賀状を書くのも、私達の世代を境にだんだん減っていく運命かもしれませんね。りゅうさんは先端を言っているのかも。

投稿: めろん | 2005年11月27日 (日) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/7303666

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 「漢方小説」 | トップページ | ブリジット・ジョーンズの日記 »