« 卒寿のお祝い | トップページ | 「漢方小説」 »

先生の手紙

   「旧3年D組」の皆さんへ                   2005・8・14

同級会にお招きいただき有り難うございます。

小学校3・4年の時の「同級会」といっても、世間では、理解しがたい「変な同級会」ではないかと思いますが、そのメンバーに入れてもらえて光栄です。今、思い返せば私には、懐かしさの反面、若さ故の恥ずかしさをおぼえる2年間でした。

あれから45年の年月が流れました。今回参加されなかった方も含め41名の皆さん、それぞれお元気でお過ごしのことと 心より願っています。

お陰様で 私も健康に恵まれ、この秋 古希を迎えます。

9年前、○○中学校勤務を最後に定年退職いたしました。そのとき37年間の教員生活の思い出多い写真、文集、記録など多数残っておりましたが、退職を機にそのほとんどを整理処分してしまいました。でも 最後まで処分できなかったのが3年D組のアルバム等でした。私も70歳、すでにボケが始まっています。この際、皆さんの作文と写真を全部お返ししたいと思います。

作文は、昭和36年3月末、つまり4年生の学年末、大掃除の日、短い時間で慌しく書いた作文です。やや中途半端な気持ちを残しながら、赤ペンを入れることもなく茶封筒にいれたまま ほこりにまみれて45年間眠っていた作文です。

写真は、画用紙にのりづけしたアルバムから一枚一枚はがし取ったために、汚れたり傷ついたりしています。パソコンでスキャンしたものもあります。押入れの暗室で素人現像したものが多く、写りがあまりよくありません。かえって失礼な写真もあるかもしれません。

あの時代と比べ、○○も少子高齢化、過疎化がすすみ、現○○小学校の全校生徒数190名に その現実を知る事ができます。あの頃は1050名でした。

学校だけでなく 世の中すっかり様変わりし、「団塊の世代」といわれる皆さんは、いま熟年55歳、家庭でも地域、仕事、職場においても難しい課題と大きな責任をかかえていることと思います。過ぎ去った子供のころを懐かしがってばかりいるわけには行きません。

どうか、ご家族と健康を何よりも大切にしながら、これからの不透明な時代を前向きに向かえ、実のある人生をお過ごしください。ご多幸を祈ります!

                                                   署名

以前にも書いたのですが、私は小学校4年の時、父の郷里の小さな漁師町で、3ヶ月を過ごしました。半年はいたように思っていたのですが、返してもらった作文を読むとたった3ヶ月でした。最近そのときの友達から連絡を貰い、同級会をやっていて、あなたの事を皆懐かしがっているよ、といってくれました。3日ほど前、彼女から、地元で取れた干物と一緒に、先生から預かったという、この手紙と、作文、写真がとどきました。

scan これはその写真です。真ん中に立っているのが私のようです。教室の窓から取ったのでしょうか、皆見上げていて、影が長くて面白いな、と思いました。今になってこんな写真を見られるとは思いませんでした。よく取っておいて下さったものだと感謝です。あの頃の、不安やわくわくがよみがえります。

それにしても、先生の仰る通り、4年生の同級会と言うのはめずらしいですね。当時もうっすらは感じていましたが、とても人気のある先生でした。一度友達に連れられて、先生のお宅に行ったことがありますが、小さなお店の奥に先生がいらっしゃたのを覚えています。多分、そこがご実家だったのでしょうか。それに、先生は計算してみると、当時25歳!何て若い先生だったのでしょう。先生は都会から来た転校生の私を特別扱いすることなく、普通に接してくださいました。転校生って人気者になりますから、それで私は天狗にならずに済んだような気がします。

今頃になって、先生のお手紙に接し、短い間ではありましたが、良い先生にめぐり合ったのだな、と気がついたりしています。誠実な人柄がにじみ出ていると感じます。勝手にブログにしてしまいましたが、お詫びも兼ねて、是非お手紙を出そうと思っています。

次の同級会は5年後だそうです。すごく遠いけれど、いけるといいな。友達も一度会いたいねって言ってくれましたから。きっと、誰も分らないと思うけれど。

|

« 卒寿のお祝い | トップページ | 「漢方小説」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵な先生ですね~
人気があったのが文章で伝わりました。
5年後の同窓会楽しみですね
それまで先生も元気でいらっしゃってほしいですね♪
私も久々に小学生の頃の友達に会いたくなりました
同窓会してほしいな~(;⌒▽⌒A

投稿: pai | 2005年11月17日 (木) 07時42分

信じられないような温かい出来事です。
是非5年後は参加なさってね~
先生にもお元気なうちに会える事、祈ってます。

投稿: りゅう | 2005年11月17日 (木) 14時31分

たった三ヶ月だけれどすごくいい思い出ですね。なかなかいい先生にめぐり合うなんてないことですよね。
先回のお母様のお祝いも、今回の先生のお手紙もどちらもとても心に残る出来事ですね。
年を重ねて、知る喜びですよね。

投稿: ちまき | 2005年11月17日 (木) 17時43分

☆paiさんへ

短い間だったし、当時はあまり感じていなかったのですが、良い先生だったんだな、と。だからこそ同級会も続いているんでしょうね。paiさんは出身はどこ?近くに同級生がいたら、会ってみるのも、面白いかも。

☆りゅうさんへ

遠いのでね、いけるといいけど。そしたら、又ブログに書こうかな。え!5年続いていたらすごいよね、ブログ。そのときの歳は考えたくないけど。

☆ちまきさんへ

そうそう、若い頃は中年の叔母さんなんて、何が楽しいんだろう、何て思っていましたが、私、今が一番楽しいかも。いい思いでも、いっぱいあるし、結構自由にできるしね。

投稿: めろn | 2005年11月18日 (金) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/7153536

この記事へのトラックバック一覧です: 先生の手紙:

« 卒寿のお祝い | トップページ | 「漢方小説」 »