« ブログって | トップページ | 東京奇譚集と冒険の国 »

母の絵葉書

今日は体調が悪く、本当は休んでいたかったのですが、母の所へ行って来ました。いつも心待ちにしているし、頼まれた買い物もしたので、渡さなければならなかったので。今度の日曜日、母の卒寿のお祝いがあるのですが、その時にスーツの下に着るブラウスと、プロポリスの錠剤です。

いつもは何か持って行って、簡単なお昼を作るのですが、具合が悪かったので、おそばを取ってもらいました。少しいて帰ろうと思っていたのですが、用事が出来てしまいました。母は絵を描くのが趣味なのですが、お祝いの時の記念品として、書き溜めた絵の中から、10枚ほどを絵葉書にして配る事にしました。15年ほど前にも、絵をまとめて本にした事があるのですが、その時印刷や製本をやってくれた方が、出来た絵葉書を持って最後の打ち合わせに来るというので、待っていたのです。

その方は、当時母が自分で色々調べて見つけたのですが、パソコンでホームページやパンフレットをを作るのが主な仕事だったようですが、絵も好きで、こういう小さな仕事も親切にやってくれたのです。久しぶりに連絡すると、電話がなかなか通じなかったらしいのですが、どうも会社をたたんで、今は一人でやっているようでした。少し体が不自由なようなので、「よくがんばっているわねぇ」と、母は感心していたのですが、不景気でうまく行かなかったのでしょうか。自分で小さな仕事で生きていくのは大変な事です。

3時ごろに彼がやっと来てくれて、絵葉書やそれを入れる封筒のサンプルなどを見て打ち合わせをしました。彼が、絵の脇に簡単な言葉を入れたらいい、と以前アドバイスしてくれたので、母がそれぞれの絵にあった俳句(正式なものではなく)を作って入れてあり、画面が締まって、なかなか良い感じに出来ていました。

彼が帰ってから、以前の画集も改めて見てみたのですが、そこに入っている文章を見ると、普段私が持っているイメージとは少し違う母がいます。家の子供たちも私のブログを見て、「お母さんが書いたと思えない。変な感じ。」などといっていましたが、子供にとっての母親は、一人の人間である以前に、あくまでも母親、なんでしょうね。だから、母親としてでない面を見ると、不思議な感じを持つんだと思います。

日曜日は多分、母の最後の晴れ舞台だと思います。お天気になるといいんですけど。

|

« ブログって | トップページ | 東京奇譚集と冒険の国 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
体調が悪くてもお母様のところへいかれてよかったですね。私も車で40分ほどの距離にすんでいる80過ぎの母のことが、行っても行かなくても気になってつい行ってしまいます。後悔したくないからと・・・
ブログを始めてまだ1ヶ月たったところですが、ちょっと楽しくなったところです。また訪問させてください chiyomi

投稿: chiyomi | 2005年11月10日 (木) 00時04分

こんにちは。
お母様の卒寿、おめでとうございます。人間として、生きた証しみたいな足跡を沢山の人に残すことができることは、幸せなことだと思います。
もちろん、その中で一番は、めろんさんやめろんさんのDNAだったり、ですよね。
日曜日、晴れますよ、きっと。お祈りしています。

投稿: まきち | 2005年11月10日 (木) 11時28分

こんにちわ~
体調如何でしょうか?

お母様のこれが最後の晴れ舞台・・・寂しいお言葉ですよ。
いつかやってくる最後のセレモニーが最後の晴れ舞台になるよう
それまでは、まだまだ素晴らしい事があると信じます。

めろんちゃんのブログ、めろんちゃんのカラーが出ていて いいじゃないですかw
人は人。。
私は、記事の裏のコメントでのコミュニケーションが好きで続けているんです。
めろんちゃんはいかが?

投稿: りゅう | 2005年11月10日 (木) 14時03分

お母様、絵を描くのがお好きなんですね。きっとめろんさんもおじょうずなんでしょう。DNAをひきついで。なんかとても上品で、物静かで、にこにこしてるおばあちゃんを想像するのですが・・・・・違いますか?
ところでめろんさんの体調は回復されましたか。日曜のお祝いには、元気で出席できますように。

投稿: ちまき | 2005年11月10日 (木) 17時09分

☆cyiyomiさんへ

はじめまして。よろしくお願いしますね。
後悔したくないって気持ち、痛いほど分ります。親子の間には色々な葛藤があります。でも、親が高齢になってしまうと、できることはやってあげようと言う思いが先にたちますね。あとでブログにもお邪魔しますね。

☆まきちさんへ

ありがとうございます。そうですね。人間って所詮一人ですが、何か人の心に残す事が出来たら、いいですね。子供が出来た時、嬉しさとともにホッとしたのは、自分の存在を受け継いでくれる存在が出来たという安心感だったのかな、と思います。

☆りゅうさんへ

お帰りなさい!早速来てくださってありがとう。
りゅうさんのブログは楽しいコミュニケーションの場になっていますものね。りゅうさんがお題を出して、皆が突っ込む。これもりゅうさんのお人柄ですね。これからお邪魔しま~す。

☆ちまきさんへ

おかげさまで、今日一日休んだので、復活しました。
母は、若い頃は怒ったのを見たことがない人でしたが、この頃は結構頑固だなぁと、呆れる事も・・
私も絵は大好きですが、今はもっぱら見るほうですが、息子がよく描いています。

投稿: めろん | 2005年11月10日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/7002748

この記事へのトラックバック一覧です: 母の絵葉書:

« ブログって | トップページ | 東京奇譚集と冒険の国 »