« ささやかな忘年会 | トップページ | ALWAYS3丁目の夕日 »

博士の愛した数式

小川洋子著 「博士の愛した数式」を読みました。

素晴らしく美しい小説でした。記憶が80分しか続かない数学の博士と、彼の面倒を見る若い家政婦とその息子の、静かな愛の物語です。3人がそれぞれ魅力的で、親愛の気持ちを感じました。特に、博士は何て素晴らしいのでしょう。彼は記憶の障害もあって、数学の世界にだけ生きているように見えるのですが、彼のルート(家政婦の息子)をはじめとする子供に対する清らかで熱い愛情には、感動しました。たまたま、病院の待合室で読んでいたのですが、博士が始めてルートにあう場面では涙が出て困りました。

小川洋子の小説は以前にも読んだ事がありますが、あまり合わないかな、と言う印象だったのと、「数式」と言う言葉で、数学の苦手な私は敬遠していました。でも、読んでみると、こんな私でも数学の魅力がおぼろげながら分ったような気がします。アインシュタインの有名な公式もそうですが、すごく簡単な公式が、宇宙的な世界を表すことは、驚きであり美しいと言えますね。新しい世界を垣間見せてくれました。紹介してくれた、ちまきさん有り難う!

|

« ささやかな忘年会 | トップページ | ALWAYS3丁目の夕日 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

読んでくださったのね。感激家のめろんさん泣いちゃったの。なんかめろんさんらしいなあ。私のイメージのめろんさんと同じだわ。
とにかく美しい物語よね。でも博士は、美しい心ゆえに悲しさや、いとおしさや、気遣いは、人一倍だものね。それを受け入れていく家政婦とルート君も美しい。
ところで病院の待合室って、風邪でもひかれたの?それともお母様の付き添いでしょうか?

投稿: ちまき | 2005年12月22日 (木) 13時04分

☆ちまきさんへ

とてもよかったわ。ちまきさんに紹介されなければ読まなかったと思います。友達にも薦めよう。ほんとに泣き虫で恥ずかしいです。悲しい物語だけでなく、こういうのに弱いのよね。病院は癌検診の結果を聞きに行ったの。1分結果を聞くだけでも、1時間以上待たされるものね。大丈夫でした。どうも有り難う。気にかけてくださって。

投稿: めろん | 2005年12月23日 (金) 15時16分

メリークリスマス~めろんちゃん。
仲良し一家でディナー行ってるのかな・・・

投稿: りゅう | 2005年12月24日 (土) 21時19分

☆りゅうさんへ

あら、イヴ過ぎちゃったわ。でもメリークリスマス!りゅうさん!お察しの通り、家族で過ごしましたよ。家で、手作りディナーでしたが。ケーキもしっかり食べて、あぁ、ダイエットが・・・

投稿: めろん | 2005年12月25日 (日) 00時41分

はじめまして。
この本を読んで私もアインシュタインの公式を思い出しました。
そして博士の清らかで美しい心に感動しました。TBさせていただきます。

投稿: Italy-dance | 2006年1月10日 (火) 18時54分

☆italy-danceさんへ

私も数学は苦手です.この本を読むと少し数学の魅力が分るような気がしますね。博士はすごく素敵でした。
イタリアがお好きなんですね。私も大好き。無理して3回行きました。全部好きだけど、ヴェネティア、シエナは特に好きです。又行きたいですね。

投稿: めろん | 2006年1月11日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/7768528

この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

» 数式は美しい。心は・・ [ペペロンチーノBARで思うこと]
はっきし言って数学が苦手です!(いばって言うことではありませんが) そんな私も『博士の愛した数式』(小川洋子著)を読んで 少しだけ数学が好きになりました。 思い出したのは世界一美しいと言われた数式のこと。  E=mc2 アインシュタインが発表した相対性理論の公式です。※2は二乗 これによって宇宙の謎がたくさん解けたようです(ブラックホールのこととか)。 でも、この理論によって原爆が造られた事もまた事実です。... [続きを読む]

受信: 2006年1月10日 (火) 18時50分

« ささやかな忘年会 | トップページ | ALWAYS3丁目の夕日 »