« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

大江健三郎家

先日、「たけしの誰でもピカソ」をビデオに撮っておいたのを見ました。大江健三郎と夫人、息子の光さんが出演したものです。私は学生時代から大江文学のファンで、大江さん自身をとても尊敬しています。

大江さんの息子の光さんは、障害を持って生まれてきました。生後すぐの大手術を乗り越えたけれども障害が残り、なかなか話す事ができませんでした。エッセイにも書いてありましたが、この番組でも大江さん自身の口から、光さんが初めて言葉を発した事が語られました。光さんは音にとても敏感に反応を示したので、音楽を聞かせたり、鳥の声を鳴き声を集めたレコードを聞かせていたそうです。ある日、軽井沢の林の中を幼児だった光さんを連れて散歩していると、鳥の鳴き声が聞こえてきました。そのとき、光さんがはっきりと、「くいなです」と、レコードそっくりに言ったのです。大江さんの驚きと感動がこちらの胸にも響いてくるエピソードです。

その後も深い家族の愛情に守られて、光さんは成長しました。彼の音楽の才能を音楽の先生は見つけて育ててくれました。そして、彼は幾つもの美しい曲を作曲するようになったのです。番組の中でもいくつかの曲が演奏されました。光さんは喜びにあふれた、そして少し照れくさいような表情で聞き入っていました。そして、大江さんと夫人の限りない慈しみに満ちたまなざしが彼を包んでいました。美しい光景でした。

大江さんは光さんの障害を知った時、穴ぼこに落ち込んだようだったといっておられました。そのときのことは小説にも書かれていますが、そのショックを乗り越え、この子を中心に生きようと決め、その後の作家としての道も決まったとおっしゃっていました。

私が大江さんを尊敬するのは、彼がいつも弱いものに暖かい視線を注ぎ、それだけではなく、社会を見つめて、常に発言していらっしゃるからです。文学者の中でもまれな存在といえると思います。

光さんについては、辛い傷害はあるものの、このような素晴らしい家族に恵まれて、とても幸せな方だと思いました。障害があるなしにかかわらず、人間は生まれる環境は決して平等ではありません。充分な愛情と、子供の能力を伸ばしたいという気持ちを持った親を持った子供は本当に幸せだと思うし、皆そうあってほしいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

飛騨高山、白川郷のライトアップ

この前の土日に、高山に行ってきました。出発した土曜日はなんと東京も初の本格的な雪でした。やばいかなぁと思いながら、ツァーバスの出る最寄り駅に向かいました。バスで、友達と合流、皆で4人です。遠足気分でバスの中で、おしゃべりしたりお菓子を食べたりお弁当を食べたりして、5時ごろ白川郷に到着。今年7回あるライトアップの初日でした。白川郷は3回目なんですが、雪景色しかも夜は初めてでした。情緒ありましたねぇ。雪って冷たいのに、何故か暖かい感じがするのは何故でしょう。手袋を借りにこぎつねが出てきそうな感じでした。でも、駐車場のバスの数で予想はしたけれど、人が多かった。誰もいなければ最高だけど、それは無理ですね。

高山のホテルに着いたのは9時半頃でした。露天風呂に入って、ビールを飲んで、おしゃべりをしました。可笑しかったのは、「今夜は寝かせないわよ」と言っていた友達が、真っ先に寝てしまって、それでも時々目を覚ましては見当はずれのことを言ってはまた寝ていたこと。酔い止めを飲んでいたので、異常に眠かったらしいです。

翌日は早起きして、高山の朝市を見に行きました。川沿いに屋台のようなお店が並び、素朴な感じの地元の方たちが漬物とか、工芸品などを売っていて、これもいい雰囲気でした。お土産も色々買い込みました。どこへ行っても買い物って楽しい。でも寒さは厳しくて、地元の方も今日は寒いね、と言うくらいで、完全装備していたのに、手先と足がしびれました。

ホテルに戻って、又バスに乗って、飛騨古川へ。懐かしさを感じる街でした。昼食をはさんで、今度は郡上八幡へ。ここも人も少なく、ひなびた感じで情緒ありました。街の中を流れる川に掛かる橋から、子供たちが度胸試しに飛び込むのは有名ですね。テレビで時々やっています。行ってみたら、かなり高くて、これは怖いだろうなと思いました。でも最近は女の子も飛び込むそうですよ。私は高いところ苦手なので、尊敬しちゃいます。

ちょうど帰る頃、雪が降り始めました。着いてから帰るまではお天気だったので、運が良かったです。前は雨女だったのに、この頃は汚名返上できそう。うちの近くの駅に帰り着いたのが9時半頃でした。道には昨日の名残の雪が積もっていました。

心残りだったのは写真がうまく撮れなかったこと、白川郷なんてまるで駄目でした。デジカメ、古いので買い換えようかな。そんな訳で、本当は写真をアップしたかったんだけれど・・それから、又太りました!2キロも!出たものはすべて完食しましたから。旅行や食事に行ったときは気にしないで食べることにしてます。それにしてもショックです。今、パイン豆乳断食で、頑張って減量中です。まあ、しょうがないかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新ダイエット・ホリエモンショック

この頃、ランチに誘われる事が多くて、又体重が増えてしまいました。せっかくお正月ぶとりから立ち直りそうだったのに、逆戻りです。ところが、昨日もお友達4人でランチしたのですが、その中の1人が、3~4ヶ月で、6キロも痩せたんですって。しかも体脂肪は25から21になったとか。これは聞くしかありません。

彼女は食事制限は全くなし、3食食べているそうです。前から暇を見てウォーキングはしていたけれど、あまり痩せなかった。血圧が高いので、医者に行ったところ、ただ歩くのではなく、食後2~30分後に30分ほど歩きなさいといわれたんですって。そして実行したところ、見事痩せて、血圧も下がったそうです。これは大ニュース。うちで喜んで娘に話したところ、「ふ~ん、お母さんにはそんな根性ないじゃない。」と、冷たく言われてしまいました。確かに、食後30分でウォーキングと言うのはむづかしいだろうな。皆ばらばらに帰ってくるから、食事の支度もあるから、出られないし。でも、有酸素運動なら良いそうなので、片隅に置き忘れたエアロバイクで試してみたい。強くそう思ったわけです。と、言いながら、昨日は忘れ、明日から一泊で高山に行く予定なので、(お母さん遊びすぎ、といわれた。)月曜から頑張ろう。

さて、気の重い出来事。ライブドア事件です。前に書いたように株を持っていたので、かなりやばい状態です。強制捜査以来、連日のストップ安で、今日は売りが買いの1100倍。売ることもできません。調子にのらない様にと思っていたのに、思いもよらない出来事で頭がいたい。

でも、これは株とは関係なく思うのですが、ちょっと納得がいきません。確かに法すれすれか、抵触もしているんでしょう。だけど、ここまでこぞって叩かれるほど悪いとは思えないのです。株式分割はライブドアだけではないし、粉飾決算だって、子会社の利益を付け替えたらしいけど、連結では変わらないのだから、そこまでの事ではないような気がする。西部鉄道やカネボウなんか、とんでもないことをしていたのに、同じように言われている。虚業といわれているけれど、ポータルサイトやブログを使っている人も多いし、無線LANも便利になると期待してました。それに較べればサラ金会社なんて、社会悪なのに何も言われず、堂々とCMやってる。私はどんなに儲かってもサラ金の株なんかは買おうとは思いません。

欧米でもこのニュースは大きく取り上げられているそうですが、伝統的な既存の権力にはむかったために、つぶされようとしているというニュアンスが多いと読みました。確かに、お金で買えないものは無いと言ってみたり、服装もラフだし、なんと言ってもあのフジテレビをのっとろうとしたんだから、憎まれているでしょうね。反面、若者たちに夢を与える存在でもあったと思います。出る杭は打たれる・・そんな気がしてなりません。やったと思われることと、この騒がれ方とのギャップを感じてしまうのです。もっと悪いことをしている人達が要るんじゃないかと思うのですが。見せしめと言う言葉が頭に浮かびます。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

買い物は楽しい

今日は暖かかったですね。お出かけ日和。と言うわけで、またまた娘とお買い物に行ってしまいました。もう、今シーズンはお仕舞いと決めていたのに、ついつい誘われるままに・・

今日はバーゲン最終日、池袋は賑わっていました。でも私たちが行った、メトロポリタンプラザは西武デパートなんかに較べるとそこまで込んでいない。娘によると穴場なんですって。なんと、50%引きが沢山並んでいて、定価って何なんだろうって感じでした。ここまで安いと購入意欲がもりもりと湧いてきてしまう。アクセサリーやカットソーなど買って、それで2万円弱でした。娘とだと、参考になる意見も聞けるし、遠慮もないのでいいですね。彼女の影響で、この頃シンプルなものを選ぶようになったみたいです。

カフェで、チーズケーキとシフォンケーキをとって半分ずつにして、お茶して一休み。CDショップでもバーゲンをしていたので、夫が聞きたがっていたような気がして、マドンナの最新CDをお土産に買い、本当は食べて帰りたかったけれど、夫が「おいしい鮨でも買ってきてくれよ」と言っていたので、てきとうに買って家に帰りました。

出かける前に、夫が何か怒鳴っていると思ったら、私が本等を積み上げていたのに触って落としたらしく、怒っていたんです。私は片づけが駄目で、物を積み上げる、とよく怒られます。持ち物も夫の10倍はあるし、色んな物を取ってあるからすぐ散らかってしまう。でも、私にも言い分はあるんですが・・そのせいか、娘が、「よくお父さんと結婚したね。あんなに切れる人だと分らなかったの?」なんて聞いてきました。結婚前は全然怒りませんでしたね。すごく情緒が安定した人だと思ってました。実家の父がいつも怒っている人で、家族はぴりぴりしてましたから、怒りっぽい人は嫌だと思っていました。まぁ、今も、特に怒る方だとは思っていないのですが、娘はすごく嫌なんですね。子供から見たらやっぱり嫌なのは分ります。気をつけなくてはね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

琴欧州 「袋小路の男」

変なタイトルですみません。この二つは関係ありません。昨日の夜、新大関・琴欧州のドキュメントを見ました。

彼はブルガリア出身で、子供の頃からレスリングをやっていたのですが、彼の属する階級が(体重の)オリンピックから外されてしまい、夢破れました。そして、大学では相撲もあったので、そちらをやることにしたのだそうです。そうこうするうちに、父親が事故にあい、豊かとはいえない彼の家庭は困ることに。そこで、彼は自分で、家族のために日本に渡り大相撲入りすることを決意しました。言葉も分らず、厳しい世界でどんなにか苦労したと思いますが、努力の結果、史上最速で大関に昇進したのです。

見た感じ、とても優しそうですが、本当に優しい性格らしい。師匠も、(琴桜でした)沢山の弟子の中でも、一番性格が良いと言っていました。でも優しさが勝負には災いすることもあり、稽古のシーンでは、親方が盛んに「遠慮するな!」と言う場面もありました。先場所の13日目、奇しくも親方の引退の日は大関昇進が掛かった一番でした。相手は朝青龍、気の強さがもろに出た横綱です。(あのきかんきも、私は好きですが)対照的なこの一番で、琴欧州は見事な勝ちを納めたのです。

今場所、早くも2敗してしまいましたね。これを見て、すっかりファンになってしまったので、何とか頑張って欲しいです。そして、相撲界一優しい横綱になってもらいたいな。

それからついでと言うわけじゃないんですが、「袋小路の男」を読みました。著者は、絲山秋子、先日読んだ「イッツ・オンリー・トーク」の作者です。

日向子は高校の時恋をするのですが、その後12年にわたる、彼との付き合っているともいえない微妙な関係が、淡々と独り言のように書かれています。いつもいつも、彼が大好きなのに、いつもはぐらかされる。時には逃げるように違う男と付き合ってみたりもする。彼は、いい加減だったり、優しかったり。保護者の様でもあり、甘えているようでもある。あやふやで、頼りない恋です。結局彼は、頼んでも手も触れてくれない。それなのに、彼が入院すると、通いつめて世話をする。「私がいて、うっとうしかったら、買い物にでも行きます。」なんていったりすると、彼は「足りないものは何もない」とだけ答える。

読んでいて、ちょっといらいらするようにも感じるけれど、読み終わって、これは純愛の物語なんだと、納得しました。こういう男性もなかなかいないでしょうね。ひかれる気持ちは分る。成就しないからこそ、この恋からは逃れられないんだと思います。

作者は今年も何度目かの芥川賞候補になっているらしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

死ぬまでにしたい10のこと

昨日見られなかったので、今見終わったところです。原題は「My life without me」

軽い気持ちで借りたのに、こんなに悲しくて美しい映画だったなんて。泣き虫の私はきつかったです。

23歳のアンは二人の娘と職を探している優しい夫がいる。そんなアンに余命2ヶ月の宣告が。彼女は死ぬまでにしたいことをメモに書き綴って精一杯生きようとします。毎日娘たちに「愛してる」と言うとか、刑務所に入っている父に会うとか、夫以外の男性と付き合うとか。(何故、と思う向きもあるでしょうが、彼女は17歳で始めての男性と結婚したのです。分るような気がする。)

ヒロインの演技はあくまで抑えた感じで好感が持てる。私ならこんな風にはできないけれど。でも、だからこそ、自分が死んだあとの、残された娘たちや夫、母などに対してテープにメッセージを残すシーンでは泣いてしまった。女性なら感情移入すると思う。私はこんなに冷静にできないと思うけれど、彼女の思いは胸に迫ってきました。

母である女性には見てもらいたい映画だと思います。なんでもないような今の幸せを再確認するかも。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

フォーガットン・吉祥寺で焼き鳥

3連休ですね。我が家でも、私以外はお休み。(主婦はいつもお休みなんて言わないで下さいね。)それで、昨日はスポーツクラブの帰り、初めてゲオに寄ってみました。いつもの小さなビデオやさんと違って、広い。だけど、一階はCDで、二階のビデオコーナーに上がると、すごい量のビデオが、大雑把な、(ドラマとか、SFとか)分類で並んでいて、1時間もうろついて疲れてしまいました。アルフィーが見たかったのにどうしても見つからないし、二階に店員はいないし。いつものところは、監督別とか主演別とかになっていて本数も少ないので探しやすいのに。でも値段は安いけれど。

昨日の夜、借りてきた「フォーゴットン」を見ました。予告編、テレビでやっていたあれです。主演はジュリアン・ムーア、めぐり合う時間達に出ていましたね。なかなか魅力的です。中盤までは、はらはらする展開で期待が膨らんだのですが・・・あのラストはないでしょう!って感じ。何なんでしょう。ちょっとあっけに取られてしまいましたね。ちなみに、夫と娘と3人で見ていたのですが、夫が、勝手な解説をしたり、ちゃちゃを入れたりするので、娘が「もう2度とお父さんとは見ない!」といってましたが、ラストについては3人とも同じ意見でした。

今日は、夕方から今度は息子と3人で吉祥寺に行きました。息子の就活用のスーツを買おうと思ったのですが、結局買わず、夫の靴を買ってから、備長八と言う焼き鳥屋さんへ。東急の裏の方の狭い道にあって、娘が見つけてきてから夫のお気に入りです。焼き鳥が210円からと、少し高いと思いますが、おいしいです。私は焼き鳥はあまり好きではないのですが。あと、もつ鍋が柔らかくて、臭みもなくておいしい。もちろん、ビールと熱燗を飲んで、又食べすぎです。息子がめずらしくビール飲みたいといったのに,もう私たち飲んでいたので我慢してもらって、息子の運転で帰ってきました。

明日はもう1本借りてきた映画を見るつもり。面白いといいんだけど。やっぱり、評判だけでは分らない。見てみないと。好みもすごくあるし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

豊かな国の「難民」支援

昨日の朝日新聞夕刊のタイトルです。良い話だったので、皆さんに言いたくて。

ボランティアの津田さんと言う方は、6年前から新宿中央公園で、ホームレスの人達とゴミの掃除をしているそうです。

98年まで、津田さんはルワンダの難民キャンプで平和再建に取り組んでいたそうです。復興の兆しが見えてきたある日、ある集会で自作の日本紹介ビデオを上映した。その中に一瞬映ったホームレスの姿に、金持ちの日本人がこんなところで寝ているのか、と騒然となったそうです。彼が説明をすると、ある長老が、「もうルワンダに来なくて良い。この人達を助けろ」と諭しました。彼は翌日日本に帰り、中央公園に直行し、いままで彼らを無視していた自分を恥じました。

それから、炊き出しなどの支援活動を始めたのですが、近隣からの「ホームレスを甘やかすから街が汚れる」との不満が耳に入ってゴミゼロ運動を始めたのです。

今、津田さんは農村の人手不足を知り、彼らホームレスが農業復興の救世主になれるのではと、富士山麓などで農地を借り、自立支援策を練っているとの事でした。

こんな方がいるなんて、日本も捨てたものじゃないですね。上からの目線でなく、本当に何をしたら良いかを考えて、実践されています。ただの援助ではホームレスの人達を救うのは難しいけれど、自立を助けることができれば、根本的な解決に繋がると思えます。この記事を読んで、ちょっと心があったかくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラディカルに「平和」を問う

私にしては、ちょっと堅めの本を読みました。息子が今時にはめずらしく、平和問題に関心があって、よく話すのですが、知識のなさを痛感していたのです。それで、たまたま図書館に行った時、この本を見かけてタイトルにひかれて借りてみました。

ラディカルに平和を問う・・著者は小田実、加藤周一、ダグラス・スミス、土井たか子、木戸衛一、の方々です。こういう本を読みなれない私でも、とても分りやすく、今までぼんやりと感覚的にしかいえなかったことの、根拠を与えてくれた感じがしました。

少しだけ、内容をご紹介したいと思います。

小田実(私は子供のころ、家にあった「何でも見てやろう」を読んだ記憶があります。あと、ベ平連で有名でしたよね)は、まず10年前に体験した阪神淡路大震災の実態を、描いています。まず、政府の無策ぶり・・ゆたかな印象の西宮市ですら、災害対策費は年間予算1525億円のうち、たったの4500万円だったそうです。西ベルリンでは、非常用備蓄が常時3ヶ月分あったのに引き換え、西宮、芦屋、神戸では、ほとんど0!そして、震災の翌日、まだ火災の続く中、都市計画局の職員200人は救出のためでなく、都市計画資料の調査の為に、被災地に向かったのです。震災を(なかなか進まない)都市計画実行の好機と言い放った幹部さえいたとか。そして、2月にはもう計画が出来上がった。被災者はローンの解消もなく、貯金は使い果たし、再開発されたビルには入れないまま、関連死が続出したのです。実に、孤独死(餓死を含む)は250人に達しました。それに対し、当時の社会党の村山首相でさえ、資本主義に公的援助はなじまないと、放置したのです。アメリカはもちろん資本主義ですが、ロサンゼルス地震では、1週間で被災者に最高400万の公的援助がありました。

こんな事、知りませんでした。怒りがこみ上げてきますよね。著者は立ち上がり、緊急要求声明を出しますが、全く政府は動かず相変わらず自助努力を唱え、ますます状況は悪化する中、市民が作った法案を基に市民議員立法を練ってやっとのことで法制化に持ち込んだのです。

又、この時のマスメディアの冷淡さにも触れています。バブルに便乗して儲けを図ったあげく危機に陥った銀行などには、公的援助で救えと大合唱したのに、です。そして、60兆が注ぎ込まれました。震災の救済は500億で済んだのに、何も言わなかったのです。

又、日本国憲法についても書かれています。日本国憲法はアメリカに押し付けられたという言い方がされる事があります。けれど、アメリカも関与したけれども、日本人の戦争はしたくないという気持ちがあってできたのです。日本人は民主主義と平和主義が独自の民主主義を作り出したことに誇りを持っていいのです。アメリカとの関係も、軍事条約である安保ではなく、平和友好条約であるべきなのです。力ずくで解決しようとしない非暴力、平和主義と民主主義、平和主義の両輪でやっていくのだと、結ばれていました。

加藤周一氏は基本的な、平和などの概念について分りやすく述べています。

「平和」とは、戦争のない状態です。戦争とは武器を使った国家間の紛争です。(ブッシュは「テロリズムとの戦争」といいましたが、アルカイダは国家ではありません。)戦争とは殺人です。能率的に殺人する武器を開発した頂点が核兵器です。そしてこの原子爆弾の特徴は無差別に殺戮する点です。昔の戦争は軍人同士のものでしたが、第一次大戦を分岐点に軍民の死傷者の比率は逆転し,むしろ市民が標的になってきました。それが、広島です。ドレスデンでも、ここには軍隊はいなかったにもかかわらず、米英の爆撃機は町を焼き尽くしたそうです。そして、イラクです。米・イラク合同調査団の発表によると、イラクの支社は10万人、アメリカは2005年4月で、1567人です。イラクのアルカイダとの関係も分らず、大量破壊兵器も発見されていません。

20世紀の戦争の特徴づけているのは国家対国家ではなく、国対ゲリラ、テロリスト、レジスタンスなどの戦いです。そして、これらの人は一般市民と見分けがつかないのです。こういう戦争・・ベトナムでもアルジェリアでも目的は達成されず、軍隊が帰る事でしか解決はありませんでした。

武器では国家は安全にならない。武器を持てば、軍備競争が起こり、国家間の緊張が高まり、戦争の勃発の確立が上がります。軍隊を持っていないほうが安全なのです。

平和を望む人は多いのに、実現されない。平和の実現のためには、人々の連帯が必要であるし、一人一人が批判力を養う必要があるし、知ろうとする意志を持つことが大事なのです。

以上、ほんの一部ですが、特に印象に残った事を紹介させていただきました。うまく書けなくてもどかしいのですが。私は平凡な主婦なので、あまり勇気もありません。ただ、平和は何より大事だと思っています。だから、自分にできることがあれば、ほんの少しでしょうがやりたい。そのために、まず、何をするべきなのかを、少しずつ考えて行こうと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東山温泉でお正月

皆さん明けましておめでとうございます。福島の東山温泉でお正月を過ごして、昨日かえって来ました。昨日早速更新と思っていたのに、夫と喧嘩・・と言うか、彼が勝手に切れたのですが、気分が悪くてパソコンの前に座る気にもなれず、今日になってしまいました。コメントくださった方、遅くなってごめんなさい。

PICT0017 31日、家族4人と母を連れて、福島へ。東山温泉のホテルで、兄の一家、その長男である甥の一家、義姉のお母さま、総勢11人で、夕食を取り、そのあとカラオケ。甥の郷ひろみがあんまりうまくて、大笑いしました。息子はブラックアイドピーズと尾崎豊を熱唱したので、いつも穏やかなのに変身振りに、おばあちゃんがびっくりしてました。明けて、元日は朝からまず、円蔵寺と言うお寺に初詣に行きました。このように雪が積もっていましたが、なかなか情緒がありました。30分ぐらい並んでおまいりし、おみくじを引きました。夫は大吉で大喜びしてました。私は末吉、まあだんだんよくなるということで、いいんじゃないでしょうか。

PICT0030 そのあと、斉藤清美術館へ。知らない画家でしたが会津の、主に雪景色の版画を中心に沢山の作品が展示されてありました。雪景色の柔らかな美しさと厳しさが伝わる絵でした。結構気に入りましたね。それから地ビール館に行って昼食。

PICT0021 PICT0022_0 左は車から見た会津磐梯山、右は白鳥と鴨が沢山いる猪苗代湖です。会津ではめずらしいぐらいの快晴だったので、とても綺麗でした。夜は温泉に入ってゆっくりできました。雪景色を見ながらの温泉はなかなか乙なものですね。

昨日はUターンで混まないうちにと、早めに帰ってきました。お正月を旅先で迎えたのは結婚以来初めてでしたが、とっても楽で楽しかったです。独身の時はよくスキー場のお正月でしたが、結婚してからはひたすら忙しかったので、こういうの、夢だったんですよね。ただ問題は、食べすぎ!まる二日、限界まで食べてしまって、昨日の夜は何も入らなかったほど。体重ももちろん2キロ増。ダイエット順調と書いたばっかりなのに、ショックです。でも今日は何故か1キロ戻っていたので、又明日から頑張ります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »