« パソコンが壊れた! | トップページ | パリを愛した画家たち »

「東京タワー  オカンとポクと、時々、オトン」

9月に予約していたのがやっと順番が回ってきました。ずいぶん人気ですよね。リリー・フランキーは時々テレビなんかで見て、息子の先輩でもあるので、どんな人かなぁ、と思っていました。「東京タワー」の前に、「美女と野球」と言うのも借りたんですけど、結構過激な?エッセイで、趣味でないので、半分ぐらいしか読みませんでした。でも、お母さんや親戚とでハワイにいった話もあったので、何か仲のよい楽しそうな親子だな、とは思ったのですが。

感想は、すばらしい母親!に尽きます。リリーさんは、3歳の時に両親が別居して、ずっと母親に育ててもらったんです。お母さんは息子を深くいつくしみ、できるだけのことをしながらも、けして口を出さず、見守りつづけました。息子にもその愛情は伝わっていたのですが、そして母親を大事に思っていたのですが、青春時代には自分の道がなかなか見つけられないこともあって、自堕落な生活に落ちていってしまいます。でも、母は一言も文句も言わす、見守り続けます。難しいことですよね。私なんか、ちょっとしたことでも、口やかましく言ってしまうのに。こんなにも我が子を信頼する事、なかなかできないと思います。

やっとリリーさんが生活を立て直した頃、働き続け、住むところも失った母を東京に呼び、二人の生活が戻ってきました。母は生き生きと得意の料理に腕を揮い、息子の友人たちとも仲良くなり、慕われます。一人であちこち出かけるようにもなり、地域の活動にも参加したり、「こんな面もあったんだ」と思わせます。(後で聞くのですが、母は息子の重荷にならないようにと考えていたのです。)けれども、2度の癌手術を乗り越えた母が、また新たな癌を発病してしまい・・・この辺からは涙なくしては読めません。この親子の深い愛情、互いへの思いやりには感動しました。

リリーさんが、最低の生活を送ったものの、立ち直ったのも、どこかに母の存在があってこそだったんだと思います。風船の様に飛んでいきそうな息子の糸を、しっかり握っていた母。この世の中にたった一人でも、自分を愛し、信頼していることを疑えない人がいるって、なんてすばらしいことでしょう。そして、最期は悲しかったけれど、こんなに素直な母親賛歌の物語を書いてもらって、お母さんも本望だったのではないでしょうか。

母はほとんどの人生を息子のために生きたように思えます。息子も、母の人生を思いやって、「母の人生は小さく見える。僕のためにその多くを切り取ってくれたからだ。」と、つづっています。思い出すのは、ユトリロの母、ヴァラドン。彼女は徹底的に自分のために生き、母を求める息子の思いに沿うことはありませんでした。(それでもユトリロは母を愛していたのですが)それは極端ですが、現代の女性の多くは私も含めて、自己実現も追及すると思います。もちろん、子供はすごく大切で、可愛いのだけれど、自分自身の人生もまた、あると。また、子供にすべてをかけることで、負担をかけたくないという気持ちもあります。まあ、そんなことをいえるのも、生活に余裕が多少ともあるからかも知れませんが。

この本のように、息子の立場で、母を、優しく、またありのままに綴ったものはあまりないような気がします。お奨めします。それから、ついでですが、料理って大切だなぁ、と思いました。この中にも、どんなに母が心を込めてご飯を作ってくれたかということが繰り返し出てきます。下手な言葉より、3度の食事が心を伝えることもあるんですね。いろいろ見習うべきところがたくさんありましたが、これもその1つです。だんだん手抜きが多くなっていますが、下手でも心のこもったご飯作りをしなくては、と思いました。

|

« パソコンが壊れた! | トップページ | パリを愛した画家たち »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

めろんさんのブログを読むたびに、私も読書をしよう!と思う今日この頃ですが^^。
そんなに息子に想ってもらえる母は幸せだね、母ひとり子ひとりだからよけい母子の結びつきが強いんだろうけど。実際うちの息子たちも母のことをどう思っているやら・・・、傍にいたらなかなかわかりませんよね、親のありがたみなんて・・・きっとうるさく想ってるだけだろな。
わが子を信頼し、美味しい料理を作ることが秘訣かも・・・ですね。本っていろいろ学ぶことありますね。

投稿: フラワー | 2006年3月 1日 (水) 13時04分

☆フラワーさんへ

知らない世界を垣間見たり、こんな人も、こんな考え方もあるんだと思ったり、本で知ることってたくさんありますね。まぁ、ただ好きなだけなんだけれど。
いろいろな親子がいて、その数だけの親子関係があるし、でも見方によってはどの親子もすごく似ていますね。一般的にいうと、親って、特に母親って、うるさいけれど、何かあったときには頼れる存在かな。リリーさんのお母さんの様にはなれないけれど、自分なりに一生懸命やれば、子供も分かってくれるのでは、と思うのです。

投稿: めろん | 2006年3月 1日 (水) 20時32分

口出しするより黙っていることのほうが難しいですよね。私も、ついつい口出しして後で後悔ということ多いです、・・・・反省!
料理は大切、と思いながら面倒がってい加減なときもある・・・・反省!
どちらも、自分でだめママと思ってることです。
口出しせずに、暖かく見守ってやる・・・・そんな母になりたいです。自分が良い母親という自信ないですね。だめママだわ、私って。

投稿: ちまき | 2006年3月 1日 (水) 21時32分

☆ちまきさんへ

本当に同感です。黙っていようと思っているんだけど、言いたい事がたまってきて、つい言い出すと止まらなくなって、言い過ぎる・・というパターンができてしまって。いい親じゃないと思うと、反面教師もありかな、とか思ってまぁいいや、とかね。でも、ちまきさんの母親らしい思いやり、ブログでも伝わってきますよ、大丈夫!

投稿: めろん | 2006年3月 3日 (金) 01時07分

めろんちゃん、パソコンはまだ入院中ですか^^;

投稿: りゅう | 2006年3月10日 (金) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/8884393

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京タワー  オカンとポクと、時々、オトン」:

« パソコンが壊れた! | トップページ | パリを愛した画家たち »