« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

ホテル・ルワンダ

今日は「ホテル・ルワンダ」を見てきました。評判通りのかなりの衝撃作でした。ルワンダで、内戦があり、虐殺があったことはなんとなく知っていましたが・・

ルワンダでは、支配されていたベルギーによって、ツチ族が支配階級を与えられ、多数民族のフツ族には憎しみがたまっていて、内戦状態にありました。ルワンダきっての高級ホテルの支配人になったポールは、不安を持っていました。日々、フツ族はラジヲでツチ族への憎しみをあおっていました。彼自身はフツ族なのですが、彼の妻はツチ族なのです。それでも、フツ族の大統領が、ツチ族の反乱軍との和平案を調印しようとしていたので、その日を待っていました。

ところが調印後、大統領は何者かに暗殺され、それによってフツ族による大虐殺が始まります。彼は家族と、自宅に彼を頼ってきた近隣の人々とをつれて、命からがらホテルに戻ります。その後も、ホテルに逃げ込む人たちを抱えて、幾多の困難や危機があるのですが、ポールはあらゆる機転をきかせて、彼らを守ろうと努めます。

しかし望みの綱の国連軍も撤退することになってしまいます。あるカメラマンが危険を冒して、虐殺の現場を撮影し、その映像が欧米諸国で放映されたので、助けがあると信じていたのに。カメラマンに感謝の意を伝えると、彼は言います。みんなはテレヴィを見て「かわいそうね」といって又ディナーを続けるだろうと。

窮余の策として、ポールはホテルにいる人々にあらゆるつてを使って海外に状況を伝え、助けを求めるように指示します。そして、最終的にそれが功を奏し、ホテルに避難していた人々は海外に逃れることができました。それも、沢山の危機を奇跡的に乗り越えてなのですが。その数、実に1200人に上ったのです。

ポールは初めは家族を何とか救おうとしていたのですが、多くの人に頼られて彼らを見捨てることはできなくなってしまったのです。彼の勇気と、機転には尊敬の念を抱くところです。しかし、この100日あまりのうちに、なんと100万人の人々が虐殺されたのです。

簡単にストーリーを書きましたが、家族に対する愛とともに、民族間の対立の恐ろしさが胸に迫りました。しかもこれは、わずか10年ほど前のことなのです。人間の恐ろしさを感じずにはいられませんでした。民族が違うということで、昨日までの隣人も抹殺する怖さ、そして、自分の利害に関係しなければ手も差し伸べようとしない大国の冷たさ、恐ろしいことです。

この映画は見たいな、と思っていたのですが、正直に言うと映画が始まると、少し後悔しました。こんなに悲惨なものは見たくなかったという気持ちがありました。でも、平和な(いろいろ問題はありますが)日本にいて、目をふさいでいてはいけないと思いました。とりあえずは何もできないけれど、こういう現実を知らなければならないと思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

息子のメキシコ

金曜日に息子が2週間のメキシコ旅行から帰ってきました。すっかりメキシコ好きになって。金曜は仕事だったので、電話を待っていたのですが、夜になってもかかってこなくて心配してたら、携帯の電池切れで、うちに戻ったら鍵を忘れていたとか。相変わらずのボケ君です。

帰ってから、早速デジカメの写真を解説つきで見せてもらいました。行ったのはメキシコシティとグァナファトと言う町だけで、じっくり見ることができたようです。メキシコの人はすっごくフレンドリーで、たくさん話しかけられて友達もできたようです。そして、皆音楽と踊りが大好きで、いたるところで演奏したり、踊ったりしているんですって。息子も、そういうの大好きなので、あちこちで一緒に踊って(相手はおばさんが多かったらしい)すごく楽しんだらしい。だから、写真は街や建物より、人々の様子が多かった。歴史や風俗、人間そのものに興味があるんです。文化人類学もやりたかったくらいで。本当に人々は満面の笑顔で楽しそうでした。

行く前は、治安が悪いとか、水が悪いので生野菜も食べてはいけないとか、心配な情報が多かったのですが、そんなことはちっとも感じなかったようです。野菜も食べたけれど、おなかの弱い息子でも、大丈夫だったし、安くておいしかったそうです。何しろ物価の安さは驚くくらいで、ホテルは(もちろん安宿ですが)1000円だったり、電車はどこへ行っても20円くらいですって。有名なタコスは軽食で、立派なレストランには置いてないけれど、カフェのようなところで食べまくったらしい。いろいろな具やソースがあって、辛いのだけれど、おいしくて飽きなかったといっていました。

日本人の旅行者はほかの国に比べるととても少なかったので、たまに会うといろいろ話したり、情報をもらったりしたようです。それでも、アジア人の中では日本人の旅行者がほとんどで、たまに日本語の表示があったり、話しかけられるときも、ハポネ?(日本人)と言ってきたそうです。ほかではチャイニーズ?と言われたりしますよね。

何しろ、とてもメキシコが気に入ったようで、住みたいな、と言うくらい。日本に帰ったら、皆無表情で、街も無味乾燥な気がして、がっかりしたなんて。写真で見ると、確かに街も色にあふれていて、レトロで、暖かい感じがします。

家族でツァーでは何回か海外に行ったことはあったのですが、今回は自分で計画して、自分の責任で行動したので、自信がついたようです。いい経験になったかな。母親としては、無事に帰ってきたのが何より嬉しかったというのが、本心ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「風味絶佳」

山田詠美著、「風味絶佳」を読みました。6篇からなる、短編集です。それぞれが、肉体労働というか、職人というか、特別な技のようなものを持った人が主役です。

鳶、清掃車の作業員、ガソリンスタンドのアルバイト、引越し業者、排水層の清掃員、火葬場の職員といった人たちです。そして、それぞれの少し風変わりな愛があります。その愛は、その職業を行う肉体と、切り離せないものです。そして、そこにはその仕事と、それを生業とする人への尊敬が感じられます。そこにあるのは私には想像できなかった独特の世界です。

いわゆる、技を極めた職人と呼ばれる人には、当然尊敬が集まります。でも、そこまで行かなくても、こういう職を持つ人には、一人一人、独自の業があるし、段取りがあるのでしょう。私も、そういう方って、素敵だと思います。サラリーマンというか、組織の一部となって働くのとは、違う喜びがあることが想像できます。今の世の中では日陰になってしまうことが多い、こういう人々はもっと、尊敬を受けてしかるべきだと思います。

作者が描こうとしたこととはずれているかも知れませんが、そんなことを思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

絵本作家?

このごろ、更新さぼりぎみです。でも、先週は出ずっぱりで忙しかったんです。久しぶりの友達6人が集まったり、母をお墓参りに連れて行ったり、娘と買い物に行ったり、合間にはスポーツクラブへ。まぁ、遊んでるんで、フルタイムでお仕事している方には笑われてしまうようなものですが。

金曜日、久しぶりに青山に行きました。出版社に行ったんです。去年の秋が締め切りの絵本コンクールに応募したんですが、1月に発表があって、落選でした。これは息子が課題で絵本を作ったんですが、なかなか良かったので、応募してみたら?と勧めたのですが、ついでに自分も書いてみたんです。文章だけなのですが。ところが、息子はまだ完成度が足りないといって応募しなかったのですが、私は一応書いてみたので応募したのです。

受賞作を見たら、皆素敵で、これじゃあ無理だわ、と思いました。そうしたら、先日手紙が来て、「入選にはいたりませんでしたが、良い作品なので、費用を負担して出版してみませんか?」と言うようなことが書いてありました。「とりあえず、相談したいので来社ください」とのことでした。すぐ、商売なんだな、とは思ったのですが、ちょっと魅力も感じてしまいました。もし、挿絵を息子に描いてもらったら、それが本になったらうれしいな、と思ったりして。でも、そんなにお金も出せないし、息子に「どう思う?」と聞いたら、「それはお母さんの作品に対する思い入れによるんじゃない?」と言われ、そうだよな、2,3日で、思いつくまま書いたものだし・・

迷ったのですが、社会見学もかねて、行ってみることにしたんです。出版社のビルの下には直属の本屋さんがあって、そこでお話を聞きました。簡単な企画書を2通りくれて、出版の流れや、費用が書いてありました。う~ん、高い、200万、または150万もかかるんです。私のは絵本というより、児童書として挿絵も入れるということだったので、絵は息子のものでも可能ですか?と聞いたら、可能です、とのことで、また少し気持ちが動き、断るのが苦手ということもあって、「考えて見ます。」といってしまいました。

せっかく青山まで行ったので、帰りに表参道ヒルズに行ってみました。安藤忠雄氏の設計で、見てみたいと思っていたので。同潤会アパートの跡にたてられて、雰囲気を残すために低層に設計されていて、いいという話を聞いていましたが、いまいちだったかな。外観がちょっと安っぽく感じられたし、中の大きな吹き抜けの空間もあまり新しさがない感じ。おまけに、平日だというのに、ものすごく混んでいて早々に出てしまいました。ここから、原宿の駅まで、ぶらぶら帰ったのですが、何しろ人の多さに驚きました。昔はもっとしっとりとした感じで、ちょっとシャンゼリゼみたいでした。それが、まるで新宿や渋谷みたいになっていてがっかりしました。お昼を食べていなかったので、途中でイタリアンレストランに入ったんですが、高くてまずかった。それもがっかり。

その晩、お酒を飲んで帰ってきた夫に、「本を作るから150万くれる?」と言ってみてら、酔った勢いで、「いいよぉ。」なんていってましたが。でも、やっぱりお金がかかりすぎます。実質、自費出版ですよね。ネットで調べてみたら、こういう事、多いらしい。もしかしたら、応募した人皆に声をかけているのかな、なんて思っちゃいました。まぁ、自分で書いたものなので、「結構いいんじゃない?」なんて気持ちもありますが、なんといっても、ちょこちょこっと書いたんですから、努力も思いいれも足りないのが、本当のところです。やめておいたほうがいいという結論に達しました。

子供のころから、本を読んだり、文章を書くのは好きなんです。うまくはないけれど。また、機会があったら、今度はじっくり何か書いてみようかな、と思ったりします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Birthday

_013 今日は私の誕生日だったんです。年をとるのはうれしくないけど、やっぱり何か特別の日ですね。お昼ごろ、電話がかかってきました。非通知だったし、ほとんど聞き取れなくて、いたずらかなと思って、「聞こえないんですけど」って、叫んでいたら、旅行中の息子からでした。「元気だよ。おめでとう。」と、やっと聞こえました。あまり電話が遠いので、それしか話せなかったのですが、元気な声を聞けて、お祝いの言葉ももらって、うれしかったです。そういえば、今日はホワイトデイなんです。昔はそんなのなかったけれど、今は大変ですね。息子も、プレゼントを買いに行ってくれると、ホワイトデイのお返しだと思われるらしくて、きまりが悪いらしい。おかげで、何も言わなくても、すごく気を入れて包んでくれますが。

_014 夜は、娘が大きな包みを抱えて帰ってきました。花束とケーキ(年の数のろうそくも)それから左はプレゼントの、素敵なお皿と、オーブンミトン、マドラーです。彼女は普段は結構しまりやなのですが、いつも今日の日は奮発してくれます。ちょうど(手ぶらで)帰ってきた夫と、ハッピーバースデイを歌ってくれました。ケーキを買うのも、ホワイトデイですごく混んでいて大変だったらしいです。感謝!です。

そんなわけで、いい一日になりました。今日は寒かったけど、もう春もすぐそこだし、がんばらなくちゃ。ごめんなさい。今日はつい、「聞いて、聞いて」ってことになってしまいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

パリを愛した画家たち

_001  こんなタイトルの展覧会に行ってきました。水曜日に、息子と。20世紀初頭にパリに集った、エコール・ド・パリと呼ばれる画家たちの絵画展です。シャガール、ユトリロ、ルオー、ローランサン、荻須高徳、などの画家たちの作品がありました。

でも、はっきり言って期待はずれでした。会場がデパートということもあって、作品が少ないし、好きなのはこのポスターに使われている、シャガールの「母と子」あとは、ルオーぐらいでした。前に、この大丸ミュージアムで見た、キリコ展はよかったんですが。こういう小さな会場は、一人の画家の作品だけの方が、いい作品がそろう確立が高いのかも知れません。

絵を見たあと、八重洲ブックセンターに行きました。何十年ぶり、という感じ。前に行ったときはまだできて間もなくて、すごいなぁと思ったのですが、今行ってみると、建物も古びていて、ごちゃごちゃした感じでした。この日は娘の誕生日だったので、息子はここで、プレゼントに絵本を買いました。さすがに絵本もたくさんあって、見ているとあきません。「これ、いいよね」と、息子が言う本を見て、私もすっかり気に入ってしまって、一冊買いました。

_010 「悲しい本」と言う絵本です。作と絵はイギリスの方で、谷川俊太郎の訳です。マスコミでも取り上げられていたらしいです。知らなかったけど。ひたすら「悲しみ」を見つめた本。悲しみを経験したことがない人はいないでしょうね。だから、これを見ると胸が締め付けられます。でも逃げないで、悲しみに立ち向かうことが、必要なのかも知れません。大人が見るための絵本ですね。あと、「病気にならない生き方」と言う本がたくさん積み上げられていて、ちょっと立ち読みしてみました。牛乳は飲んではいけないとか、いろいろ、え?っと思うようなことが書いてあったみたい。偉いお医者様が書かれたらしいけど、読むといろいろなものが食べられなくなりそうで、買いませんでした。高かったし。でも、図書館に予約しようかな。

息子は金曜日に、メキシコに行ってしまいました。2週間ですけど、なんだかさびしいです。22歳なんだから、もう、一人暮らししている人は沢山いるのに、こんなことではいけないですね。子離れの練習だと、思おうとしています。

それから、パソコンが修理できました。23000円程で、データもなくならなかったので、まぁ、ほっとしました。早速、バックアップ用のハードディスクも買いましたが、やり方をこれから研究しなくては。心配してくださった皆さん、ありがとうございました。最近はパソコンから離れてしまって、ブログも久しぶりです。また、これからもよろしくお願いしますね。           

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »