« 「東京タワー  オカンとポクと、時々、オトン」 | トップページ | Birthday »

パリを愛した画家たち

_001  こんなタイトルの展覧会に行ってきました。水曜日に、息子と。20世紀初頭にパリに集った、エコール・ド・パリと呼ばれる画家たちの絵画展です。シャガール、ユトリロ、ルオー、ローランサン、荻須高徳、などの画家たちの作品がありました。

でも、はっきり言って期待はずれでした。会場がデパートということもあって、作品が少ないし、好きなのはこのポスターに使われている、シャガールの「母と子」あとは、ルオーぐらいでした。前に、この大丸ミュージアムで見た、キリコ展はよかったんですが。こういう小さな会場は、一人の画家の作品だけの方が、いい作品がそろう確立が高いのかも知れません。

絵を見たあと、八重洲ブックセンターに行きました。何十年ぶり、という感じ。前に行ったときはまだできて間もなくて、すごいなぁと思ったのですが、今行ってみると、建物も古びていて、ごちゃごちゃした感じでした。この日は娘の誕生日だったので、息子はここで、プレゼントに絵本を買いました。さすがに絵本もたくさんあって、見ているとあきません。「これ、いいよね」と、息子が言う本を見て、私もすっかり気に入ってしまって、一冊買いました。

_010 「悲しい本」と言う絵本です。作と絵はイギリスの方で、谷川俊太郎の訳です。マスコミでも取り上げられていたらしいです。知らなかったけど。ひたすら「悲しみ」を見つめた本。悲しみを経験したことがない人はいないでしょうね。だから、これを見ると胸が締め付けられます。でも逃げないで、悲しみに立ち向かうことが、必要なのかも知れません。大人が見るための絵本ですね。あと、「病気にならない生き方」と言う本がたくさん積み上げられていて、ちょっと立ち読みしてみました。牛乳は飲んではいけないとか、いろいろ、え?っと思うようなことが書いてあったみたい。偉いお医者様が書かれたらしいけど、読むといろいろなものが食べられなくなりそうで、買いませんでした。高かったし。でも、図書館に予約しようかな。

息子は金曜日に、メキシコに行ってしまいました。2週間ですけど、なんだかさびしいです。22歳なんだから、もう、一人暮らししている人は沢山いるのに、こんなことではいけないですね。子離れの練習だと、思おうとしています。

それから、パソコンが修理できました。23000円程で、データもなくならなかったので、まぁ、ほっとしました。早速、バックアップ用のハードディスクも買いましたが、やり方をこれから研究しなくては。心配してくださった皆さん、ありがとうございました。最近はパソコンから離れてしまって、ブログも久しぶりです。また、これからもよろしくお願いしますね。           

|

« 「東京タワー  オカンとポクと、時々、オトン」 | トップページ | Birthday »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

わ~おひさしぶりです。よかった、またおしゃべりできて。
荻須高徳はたしか愛知県の稲沢の出身です。夫の兄が稲沢に住んでいるので高徳の美術館に行ったことがあります。パリの街角をかいた絵が多かったような記憶が・・・・
息子さん、メキシコにいかれたのですか。若いのだからいろいろ経験してくることは良いことだけれど心配も・・・・・
めろんさんもそろそろ子離れの準備しなくちゃね。私もそうなんですけど。

投稿: ちまき | 2006年3月12日 (日) 19時37分

復帰一作目は、めろんちゃんらしい
お得意の美術のお話~w

やぁ~~長かったね、でも毎日覗きに来てました~
長男君が海外~~長いね2週間。。

投稿: りゅう | 2006年3月12日 (日) 21時53分

私も毎日覗いてましたよ、久々にブログ復活、良かったね。絵画展と本のお話とはめろんさんらいしい^^。「悲しい本」とは 今の私にはちょっとつらいな・・・いずれブログに書きますが、今かなり落ち込んでます。まあ人生いろいろありますからね。
息子さん二週間いないんだ、寂しいね~、でも一週間たったら・・・すぐだよ。

投稿: フラワー | 2006年3月12日 (日) 22時07分

こんにちは、そして、復活おめでとうございます。
息子さんと一緒に、娘さんの誕生プレゼントを選びに本屋さんに入られたのですね。やっぱり、素敵な親子関係が思い浮かびます。
いいな~ 私はまだ、目の前の問題ばかりやっつけ精一杯ですが、少しは気持ちだけでも余裕を持ちたいです。
「病気にならない生き方」、義母がおくってきたので、ざっくり読みましたけど・・・みのさん式のコレがいいから取り入れよう、でなくコレはだめ、アレもだめ、という感じでう~ん、となってしまいました。
信じるものは救われるなのかな。
私は救われないなー。

投稿: まきち | 2006年3月13日 (月) 13時33分

皆さん、どうもありがとうございます。忘れないでくれて、感激です!

☆ちまきさんへ

荻須さんの絵、パリの街角が印象的ですよね。ちょっと、ユトリロ風かな。あまり沢山は見ていないのですが。
ちまきさんのお嬢さんの時は、若いんだから・・って言ってたのに、やっぱり心配。逆になってしまいました。いつも、夫に子離れしろよ、って言われてる私。だめねぇ。

☆りゅうさんへ

ありがとうね。忙しいのに。
怠け癖がついちゃって、でも少し心を入れ替えて、前向きにならなくちゃね。
2週間、こんなに長かったなんて。何してるかな、なんてつい思ってしまいます。

☆フラワーさんへ

ほんとにありがとう。
それにしてもどうしたの?いつも明るいフラワーさんなのに。いろいろあるけど、やまない雨はないんだからって思うと、少し気が楽になるかも・・

☆まきちさんへ

まきちさんも、大変なのかな?大変な事って、続くものですよね。いろいろな大変さがあるけど、私は子供たちが元気ならいいんだ、と思うようにしてます。
あの本、読まれたのね。いけないことが多そうで、ちょっと読むのがためらわれたけど・・この手の本を読むとすぐその気になるんだけど、少したつと、すっかり忘れるお調子者の私なんです。

投稿: めろん | 2006年3月14日 (火) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/9055410

この記事へのトラックバック一覧です: パリを愛した画家たち:

« 「東京タワー  オカンとポクと、時々、オトン」 | トップページ | Birthday »