« 「大丈夫」 | トップページ | 「孤宿の人」 »

格差社会へ

いろいろな親子がいて当たり前だけれど、最近はその幅と言うか、差が広がっているような気がします。昔は、手を掛け過ぎる親も少なかったし、虐待するような親も少なかったと思う。でも、最近は・・・

東北旅行に一緒に行った友達が、手首を骨折したと聞いたので、電話してみました。幸い、ずいぶん良くなったらしいのですが、保育園のアルバイトは無理なので休んでいるとの事。暇なので、ちょうど同僚の保母さんに頼まれて、小学生の子供の勉強を見ているらしい。ところが、話を聞いて、考えたというか、暗い気持ちになってしまいました。

その子は小学3年なのに、1桁の足し算もできなくて、一生懸命教えても次の日には又わからなくなっているという。「じゃあ、九九なんかもちろんできないの?」と聞くと、暗記はしているけれど、その意味は全くわからないらしい。ちょっと、それはあんまりなので、「何か障害があるのかもしれないんじゃない?」と言うと、彼女は発達心理学の本も読んでみたらしいんですが、まれに算数だけが理解できないと言う障害(学習障害)があるのを見つけたといいます。「それかも知れないわね。ともかく、その子の親に、伝えなければね。言い方は難しいけれど。それにしても、そんなことに親が気づかないのもおかしいね。それに、小学生ぐらいなら、なぜ自分で教えようとしないのかしら?」と、疑問が募ります。

彼女の話によると、保母である母親は仕事は忙しいけれど、7時ごろまでには帰宅し、食事のしたくは夫がしてくれているらしい。それなら、少しくらい時間が取れそうなものだけれど、夫婦そろってのんべぇで、食事のときから飲み始めてそのまま寝てしまうらしい。子供が小さいときは、夜遅くまで子連れで飲み歩くこともあったらしい。

「なんて事なの。子供が心配じゃないのかしら?」と言うと、彼女によると、その人だけでなく、とんでもなく非常識な親が多くて、子供たちも不安定で胸が痛む毎日だそうです。ところが、機会があって、ある幼稚園にいくと、そこの親は至極まともで、やや過保護なくらいだけれど、子供たちも落ち着いて話も良く聞ける状態だそうです。

ここまで話したところで、「最近格差社会化が問題になっているけれど、もうこんなところに、その芽があるのかもしれない。子供のころから、環境がこんなに違っては・・・」と、暗い気持ちになってしまいました。昔は地域や、祖父母などのサポートもあったけれど、今はそれもなくなりつつあって、どんな親の元に生まれるかで、将来がある程度決まってしまうのかなぁ、と。

|

« 「大丈夫」 | トップページ | 「孤宿の人」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも思ってます。
すべて家庭の環境で人間形成が出来るって。。
その、いい加減?な親御さんも、ご両親が問題のある人だったと思います。

投稿: りゅう | 2006年4月20日 (木) 21時08分

私も、そう思います。
子供が、親のすべての時間を奪うわけではないのに、まるで足かせを負ったかのように親としての自覚も責任もない人たちがいますね。子は親を選べないから、育てる力のない人は、産んではいけないと思います。愛されることをしらない不幸な子を増やすだけ。
さらに、自分の子育てを放棄している人が、保母をしているのは、理解できないです。

投稿: まきち | 2006年4月21日 (金) 01時27分

育った環境って、その子の将来にかなり影響あるのは現実ですよね。子は親を選べない・・そうですよね。子を持ったからには、ちゃんと育てなきゃ!と私たちの年代なら普通は思うけど、最近の若い世代は 子供の虐待とか・・・信じられないことがよく報道されてますね。
子は親を見て育つっていうし、いろいろ考えさせられる問題ですね。

投稿: フラワー | 2006年4月21日 (金) 10時00分

ほんとに最近親の資格がない人が親になってますよね。子供のことより自分のことのほうが優先してる親が増えてるような・・・・・
親を選べない子供はかわいそう。
動物でも子供にたいして愛情持ってるのに動物以下の人間がいると言うことでしょうか。

投稿: ちまき | 2006年4月22日 (土) 20時03分

☆りゅうさんへ

暴力を受けて育った人は、自分の子供にも暴力を振るうことが多いと聞いたことがあります。やりきれないですね。家庭は密室になっているし、他人のことには口を出せない。無力感を感じます。

☆まきちさんへ

子供や子供の成長に関心があるのではなく、ただの職業としてやっているのでしょうか。先生にも非常識な人が目立ちます。そんな時、子供をガードするのは親しかないのですが。かわいそうなのは子供たちですね。

☆フラワーさんへ

私も、子供が好きではなかったし、結婚願望もあまりなかったけれど、子供が生まれてすごく変わりました。それは当たり前の事と思っていましたが、どうしてこのような親が多くなってしまったのでしょうか?りゅうさんのおっしゃるように、親自身の育ち方にも問題があるのかも知れませんが。

☆ちまきさんへ

このような子供たちの未来が心配になります。動物でも、本能的な愛情がある、人間はそれに親としての責任を自覚するからこそだと思うのですが。どうして良いかわからないことが多すぎて、考えると暗くなります。

投稿: めろん | 2006年4月23日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/9680423

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会へ:

« 「大丈夫」 | トップページ | 「孤宿の人」 »