« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

韓国通り

韓国通りP252is0000917743_1 Burogu

昨日は、事務所の所員が、1人やめて、代わりに1人入ったので、新宿のハローワークに(職安)失業保険の手続きに行きました。ハローワークは、別名韓国通りにあります。それで、帰りにちょっとお買い物をしました。

左の2枚は、韓国食材がずらっと並んだスーパーです。冷麺セット、カクテキのもと、チャンジャー、海苔の韓国風佃煮、オイソバキ、そして全形の韓国海苔を買いました。(りゅうさん風海苔巻きが作りたくて)本当はもっと買いたかったけれど、いつも買いすぎてだめにしちゃったりするので、我慢。

このスーパーの並びには、右の写真の韓流スターのグッズが並んだお店ができていて、女性が何人か物色中でした。まだまだ人気のようですね。

韓国料理の店もたくさんあるようで、次回は美味しい焼肉とか食べてみたいな。

デジカメを忘れたので、携帯で写真を撮ったのはいいのですが、モブログで送ったけれど、難しい。それで、こんなレイアウトになってしまいました。皆さん、上手に写真を取り込んできれいにレイアウトしていらっしゃいますよね。ちょっと、勉強しなくては。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

国立でライブ

Burogu_006 この写真、見にくいですね。真ん中に写っているのが、夫の友人の友人。音響メーカーにお勤めで、これは彼の会社のバンドが集まったライブです。土曜日に、国立のライブハウスであったのを、みんなで見に行きました。

彼のバンドはソウル系で、でも編成がすごくて、ヴォーカル、コーラス、ギター、ベース、キーボード、アルトサックス、テナーサックス、ドラムの、総勢10人です。ヴォーカルでバンマスの彼は、夫と同じ歳ですから、かなりのおじさんです。それが、若い人たちを引き連れて、ソウルを歌うんですから、すごい。でも、上手だし、迫力あるし、それにとってもかっこよかったです!他のバンドも少し見ましたが、ダントツにかっこよかった。

このあと、国分寺のビストロに皆で移動しました。皆というのは、夫の友人夫妻が2組、いまだに独身の友人が1人、そして、家の家族4人です。(いつものことですが、よく子供が付いてくるね、と感心?されました。)このお店は娘が大学時代、バイトをやっていたところで、美味しくて安い。しかも、行く度にワインをサービスしてくれるんです。

まずはビールで乾杯。あとはオーダーは娘に任せて、ワインと料理を頂きながら、話に花が咲きました。みんな学生時代に音楽好きで、バンドをやっていたりしたので、その話や、近況など。男性たちは、6~7人で年に1度、泊まりで忘年会をやっていますが、今度は奥さんたちも参加したら、なんて声も出ました。でも、その忘年会のDVDをみたことあるんですが、ひたすら飲みながら、カラオケの熱唱です。演歌じゃありませんよ。ビートルズとか、あの頃のロックです。団塊の世代ですから。ちょっと、遠慮したいような気がします。

結局、気持ちよく飲んで、7人でワインを5本もあけてしまいました。娘たちはカクテルを飲んでいましたから。楽しいひと時でした。帰って、バタン・キューでしたけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

脂肪燃焼スープダイエット

久々のダイエット記事です。もう半年も、52キロ前後を行ったり来たり、どうしても51キロが切れないんです。あと、4キロ痩せたい!せめて、50キロは切りたいんですが。

ブログには書いてないんですが、いつも何らかのダイエットに挑戦しているのに・・

最近やったのは、脂肪燃焼スープダイエット。時々広告が入っているので、少し興味はもっていました。だって、何か、体によさそうじゃないですか。痩せても、不健康になったら困るしね。でも、値段も安くはないし、味が問題です。そうしたら、メールで来た広告に、そのスープの作り方が載っていたのです。むらむらとやる気がおきました。

材料は、キャベツ、トマト、セロリ、人参、ピーマン、玉ねぎ、これらをさっと煮て、味をつけるだけ。このスープで、脂肪がめらめら燃えるぐらい、代謝がアップするらしい。私は、味付けは、味噌と、豆板醤入れてみました。味は味噌汁と言うより、トマトが入っているせいか、ミネストローネに近かった。まぁ、すごく美味しいとはいえないけれど・・・

このスープを、3回作りました。我が家の一番大きいなべで作って、一回で約一週間持ちます。これを、食事の前に食べたり、食事代わりにしたり。

3週間、がんばりましたが、あまり効果なし。もう、飽きたし、邪魔だし、挫折しました・・・しかも、最近、体重は同じでも、ウェスト周りがやばいような気がします。悲しい・・・

お願いします。効果的なダイエット法があったら教えてくださいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「イン・ハー・シューズ」

前から見たかった「イン・ハー・シューズ」のヴィデオを見ました。

対照的な姉妹の物語です。姉のローズは、弁護士として自立して、仕事に没頭する日々をすごしていますが、容姿に自信がなく、ストレスは、履きもしない、そして似合いもしない靴を買い集めることで晴らしています。

そんなローズの靴を勝手に履いていってしまう、妹のマギーは、職を転々として、キャリアもないけれど、めちゃめちゃ可愛いい。おばかで奔放な彼女は、義母に実家を追い出されて、姉のところに転がり込みます。

姉は何とか妹を職に付かせたい、そしてマギーも彼女なりに努力はするのですが、うまくいかず、はずみでローズの上司で大切な彼と寝てしまい、そこへローズが帰ってきて修羅場になります。又追い出されたマギーは、実家で、死んだ母親の両親が生きていて、孫にいつもカードを送ってきていたのを知ります。そして、彼女は祖母の元へ向かいます。

そして祖母の配慮の下で徐々に、落ち着き、困難を克服して行きます。一方、ローズも、仕事をやめて、自分を見つめ直そうとします。今までは不安な気持ちを振り払うために、仕事にしがみ付いていたのではないかと思ったのです。そしてそんな彼女を暖かく見つめる男性も出現します。

結局は、姉妹はそれぞれの足にあった靴(生き方)を、見つけて行き、お互いの間にあった気持ちの行き違いを乗り越えられるのです。

私には姉妹がいないので、ちょっと、細かい感情がいまいち分からなかったと言うか、そんなかんじなのかなぁ、と思いつつみました。このブログを書く前に、ちょっと、他の方のブログを読んでみたのですが、結構、感激して泣いてしまったとか書いてあって、びっくりしました。頭のいい姉と、美人で馬鹿な妹と言うプロットもありがちだし、物語の進行にも意外性がなくって、私としては入り込めなかった。だから、泣き虫の私も、全然泣かなかったんですが・・好みの問題でしょうね。姉か妹がいたら、又違うかも知れないし。ちなみに、一緒にみていた、夫と息子は、退屈していたようでした。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ジャズ・コンサート

今日は「前田憲男とウィンドブレーカーズ」のコンサートに行ってきました。友達が、チケットが当たったからと、誘ってくれました。彼女は調布に住んでいるのですが、たまたま会場は家の窓から見える位すぐ近く。スポーツクラブへ行って、夕食にカレーとサラダを作って、自転車で出かけました。窓から見えるのに、この辺は道がぐちゃぐちゃで、すぐ行き止まりになっていて、迷ってしまいましたが、それでも5分の遅刻で済みました。

ライブは何回か行きましたが、ジャズのコンサートなんて、学生時代以来かな。前田憲男さんって、名前や顔は知っていましたが、聞くのはもちろん初めてです。会場に着いて、見回すと、ほとんどが私よりも上の年代の方々で、若者は見当たらない。最近はジャズは流行らない感じはしていましたが。演奏する面々も、かなりの年配、前田さんが半数は世間では定年の年齢ですと言っていました。でも、この歳でなければ出ない音もあるんです、とも言っていたのはあながち、冗談ではないんでしょうね。

私も詳しくはないんですが、超有名な曲ばかりだったようで、聞き覚えのある、懐かしい感じの曲も多かったです。聴衆は、聞きなれた人が多いらしく、曲の間で拍手が起こったり、結構乗っている感じでいい雰囲気でした。休憩を挟んで、金子晴美さんと言う方がゲストヴォーカルで登場しました。私はテナーサックスがすごく好きなんですが、テナーをフューチャーした曲もあって、堪能できたし、ヴォーカルも素敵でした。やっぱり、生の音っていいですね。CDをきくのとは、気持ちも違うし、演奏者と聴衆のつながりが表れるような気がしました。あっと言う間の2時間、楽しかったです。

帰りは、暗い中で迷うのも嫌だったので、幹線道路を回り道して帰っていたら、ちょうど降り出した雨にぬれてしまいました。自転車でなければ、息子に迎えに来てもらえたのに。

先週の金曜に、入院していた義母が退院して、ほっとしたのもつかの間、異常な言動があったりして、色々振り回されました。高齢で入院すると、一時的にこういうことはありがちらしいのですが、心配なので診察を勧めてはいるのですが、本人がその気にならないと難しいです。電話が鳴ると、今度は何かと、はらはらしてしまいました。この2,3日は落ち着いているようなので、このまま治まることを祈る気持ちです。暗い気持ちが続いたので、今日は、気晴らしになりました。でも、色々なことがあるものですね。そういう歳だと言うことでしょうが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

料理本、買いすぎ?

Burogu_003 料理は、割と好きかな。食べるのも好きだし、美味しいものを食べると、作ってみたくなります。一応主婦なので、毎日のこととなると、いやなときもあるし、自分が食欲がないときなどは、献立が思い浮かばないこともありますが。でも、ブログにアップするほどではないので、推して知るべしですね。

子供の頃は母の手伝いをしたり、友達とお菓子やチャーハンを作ったりしていました。高校時代は寮生活だったので、お弁当を含めて3食、自分たちで作りました。サポートしてくれる大人の方は一人いましたが、献立も自分たちで決めていたんですよ。今では、全部作ってもらうようになったらしいですけど、よくできたな、と思います。

大学時代から、5年間、友達と2人でアパート暮らしだったので、初めて料理の本を買いました。主婦の友社の、材料別に料理が出ている本で、随分愛用しました。今でも持っていて、たまにみますが、表紙も取れてしまって、もうぼろぼろです。

主婦になってからは、会社員時代にとっていた、千趣会のシリーズを愛用していましたが、時々料理の本を買い足して、今では何十冊もあります。本屋で、めくっていて、美味しそうなのが載っていると、つい衝動買い。でも、結局、全然使わない本もあるし、一冊の中で、レパートリーに入るのは多くて3~4種類かも。お気に入りは栗原はるみさんのレシピ。やっぱり、嗜好は色々だから、自分にあった味があるんですよね。栗原さんのは合うみたいで。最近、外国の権威のある賞をとられましたが、日本の家庭料理が認められたと、何か嬉しかったです。

あまり手が込んだのは1度作っても、普段はなかなか作る気になれませんね。やっぱり簡単で美味しいのがベストです。最近は、ブログ読者のりゅうさんのレシピも、参考にさせてもらってます。あと、友達に教えてもらうこともありますね。

それにしても、料理本が多すぎる!実は、これはすべてに言えていて、だから片付かないんですが。そうそう、雑誌や、新聞、生協のパンフの切り抜きも、ごっそりあるんです。よく作る料理だけコピーしてまとめようとしたこともあるんですが、面倒になって挫折しました。まだ作ってないけど、いつか作りたい・・なんていうのも多くて。

色々書いちゃったけど、結局、普段は頭に入っている簡単な料理になることが多いです。ちなみに、今日は、肉じゃが、ギンダラの煮付け、白和え、すごーく、普通です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ガーダ パレスチナの詩」

昨日、息子と「ガーダ パレスチナの詩」を見てきました。監督、撮影は、古居みづえさんです。彼女は、37歳のとき、突然リュウマチに罹り、奇跡的に回復したのですが、広河隆一氏の、パレスチナの子供の写真を見たのをきっかけに、人生に真剣に向き合おうと、ジャーナリストとしてパレスチナに向かいまた。

パレスチナの悲劇はある程度世界に知られていると思いますが、彼女は、表面に出にくい女性や子供たちの生活にひきつけられました。そして、ガーダと言う、当時23歳のパレスチナの女性と出会い、彼女を中心にパレスチナの人々の生活をとり続けたのです。

パレスチナは、女性にとっては不自由な規律に満ちているのですが、彼女はそれに反発し、独自の行き方を模索しています。幸い、理解ある夫を得て、彼女はパレスチナ独自の伝統を残したいと考えるようになり、身近な老人たちに、イスラエルに侵攻される前のパレスチナ、そして、侵攻後の抵抗運動などを取材するようになりました。彼女も、古居さんに多大な影響を受けたと語っています。

戦争の表舞台と言うか、戦闘のシーンなどはテレビでも見るのですが、その裏には、食べたり、子供を育てたりと言う生活があるはずで、それはどうなのかと、思っていました。先日、テレビの番組の中で、古居さんとこの映画が取り上げられていて、ぜひみたいと思っていたのですが、ネットで調べると、渋谷で上映していたので、出かけたわけなんです。

映画自身は、やはり、戦闘のシーンも多く、生活の様子がもっと見たかったかなと。ガーダの結婚の様子や、戦闘の陰で、パンを焼く女たちのたくましさなどは印象的でした。「平和が欲しい?」と言う問いに対して、「平和よりコショウが欲しいわ」と、答えるシーンは心に残りました。女性は子供を育て、生活を支えると言うことで、達成感を得、たくましく成れるのかもしれないと思いました。

映画を見たあと、夫がまだ事務所にいたので、待ち合わせて、3人で居酒屋に・・・この頃、外食が多くて、体重が増えてきてしまいました。来週は、気合を入れなくては。ダイエット、ダイエット!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

パキラが!そして交通違反

Pakira_002 2年ほど前に買った、15cmくらいだったパキラ。一度、葉がどんどん枯れて落ち、でもそのときは復活して、順調に成長し、今では180cmにまでなり、下葉はないものの、上のほうで割りとこんもりしていたんです。

それなのに、2週間くらい前から、又枯れだして、このような無残な姿になってしまいました。水遣りはもちろん、植え替えたり、たまには液体肥料をやったり、私なりに可愛がってきたのに・・・

思い当たるのは、このパキラ、急に伸びたせいか、自立できないので添え木をしているのですが、なんだかだんだん傾いてきたので、夫に、直してと頼んだところ、力ずくでぎしぎしやったんです。そのときに根が傷んだんでしょうか。悲しい・・

植物の先端を切ると、横のほうから葉が出てくることありますよね。だから、思い切って、切ってみようかなとも思うのですが、先端では小さな可愛い葉っぱが出ようとしているので、切るに忍びないんです。植物を育てるのって難しいです。植物も口がきけたらいいのに。でも、上手に育てる人は、植物がどうして欲しいのか分かっちゃたりするんでしょうね。

話は変わって、今日義母のお見舞いに行ったら、義姉と義母のお友達が来ていました。お友達はペースメーカーを入れているし、普段は酸素が手放せないらしいんです。おまけに川崎から一人でやってきてくれたので、義母もびっくりするやら嬉しいやら、話も弾んでいました。5時ごろになったので、帰ろうかなと思いつつ、何か帰りづらく結局6時までいたのですが、帰りは車で行っていた私が荻窪駅まで送ることになりました。

荻窪駅はロータリーがバスで一杯なので、いやな予感はしたのですが、バスに続いて入っていくと、なにやら言われたような。そして、お友達の方を下ろしていると、警官に窓をたたかれました。バス以外進入禁止だったんです。普通車が入るには、駅を通り越して、引き返すような形で入らなければいけなかったそうです。標識はあったんですが、かなり上のほうだったし、おしゃべりしていたので気が付かなかったんです。

初めての交通違反です。罰金7000円、2点の減点。おまけにゴールド免許じゃなくなってしまうんですよね。ついてないです。よく知らないところに行くには調べなくてはだめですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »