« ジャズ・コンサート | トップページ | 脂肪燃焼スープダイエット »

「イン・ハー・シューズ」

前から見たかった「イン・ハー・シューズ」のヴィデオを見ました。

対照的な姉妹の物語です。姉のローズは、弁護士として自立して、仕事に没頭する日々をすごしていますが、容姿に自信がなく、ストレスは、履きもしない、そして似合いもしない靴を買い集めることで晴らしています。

そんなローズの靴を勝手に履いていってしまう、妹のマギーは、職を転々として、キャリアもないけれど、めちゃめちゃ可愛いい。おばかで奔放な彼女は、義母に実家を追い出されて、姉のところに転がり込みます。

姉は何とか妹を職に付かせたい、そしてマギーも彼女なりに努力はするのですが、うまくいかず、はずみでローズの上司で大切な彼と寝てしまい、そこへローズが帰ってきて修羅場になります。又追い出されたマギーは、実家で、死んだ母親の両親が生きていて、孫にいつもカードを送ってきていたのを知ります。そして、彼女は祖母の元へ向かいます。

そして祖母の配慮の下で徐々に、落ち着き、困難を克服して行きます。一方、ローズも、仕事をやめて、自分を見つめ直そうとします。今までは不安な気持ちを振り払うために、仕事にしがみ付いていたのではないかと思ったのです。そしてそんな彼女を暖かく見つめる男性も出現します。

結局は、姉妹はそれぞれの足にあった靴(生き方)を、見つけて行き、お互いの間にあった気持ちの行き違いを乗り越えられるのです。

私には姉妹がいないので、ちょっと、細かい感情がいまいち分からなかったと言うか、そんなかんじなのかなぁ、と思いつつみました。このブログを書く前に、ちょっと、他の方のブログを読んでみたのですが、結構、感激して泣いてしまったとか書いてあって、びっくりしました。頭のいい姉と、美人で馬鹿な妹と言うプロットもありがちだし、物語の進行にも意外性がなくって、私としては入り込めなかった。だから、泣き虫の私も、全然泣かなかったんですが・・好みの問題でしょうね。姉か妹がいたら、又違うかも知れないし。ちなみに、一緒にみていた、夫と息子は、退屈していたようでした。

|

« ジャズ・コンサート | トップページ | 脂肪燃焼スープダイエット »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ご家族みな退屈されるなら、そうなんでしょう^^;

姉妹って仲が良いか、悪いか両極端ですよ、結構。。

我が娘達は後者のほう。

私自信、妹とある程度の年齢になるまで、性格が違うから距離があったわ。
でも歳とるとかけがえの無い存在になりますね。
姉妹はそれぞれ一人前に成長してから最高のパートナーになれるようです。
老後は近所で住みたいって思うもの。

投稿: りゅう | 2006年6月22日 (木) 13時08分

めろんさんの解説はいつもわかりやすく 私も映画を観に行った気分になります^^。
妹のいる私には 結構わかりますよ。年齢がかなり離れてたら別ですが、年齢が近いと(うちは2歳)、姉妹って 親友でもあり、ライバルでもあるんです。
まあ、二人の関係は年齢とともに 変化するのですが(うちの場合)、学生時代、結婚して子供が出来てから、親の問題がいろいろ出てから~~などで、ね。
まあ 今はうちは意外といい関係ですね、お互いがいろいろ協力して 親のことも考えてます。まあまたいつどう変わるかはわかりませんが^^。
でもたま~~に会っても 心は通じるな、と思うのも事実ですね、同じ環境で育った、というのは強いかもね。

めろんさんは一人っ子?兄弟がいらっしゃるのかな?

投稿: フラワー | 2006年6月22日 (木) 16時02分

☆りゅうさんへ

お宅のお嬢さんたち、今は自分の事で精一杯なんじゃないかしら。りゅうさんみたいに、もう少し大人になったら、違ってくるのでは?でも、うらやましいわ。私も姉妹が欲しかった。同じ環境で育ったと言うことは、すごいよね。親友でもかなわないところ、あるんでしょうね。

☆フラワーさんへ

そうね、ライバルでもあるんだ。でも、今はお互いに頼れる存在であるんですね。いいなぁ。私は、歳の離れた兄が2人。異性だし、歳も違うので、一緒に遊んだと言うより、どこかへ連れて行ってもらったりはしましたが。親も、歳をとると、細かい世話はやっぱり娘がする羽目になります。姉妹がいれば、相談したり、肩の荷も少し減るんじゃないかしら。でも、これからは娘に頼る時代じゃないですよね。だから、娘がいなくても同じよ。

投稿: めろん | 2006年6月23日 (金) 23時35分

我が家は三人姉妹だからこの映画興味あるわ。
私も姉妹がいなかったので三人の姉妹を育てるのにわからないこともあったし,気づかないで失敗したこともあったと思うの。
フラワーさんのおっしゃるようにライバルでもある三人をうまく舵を取っていくのが母親の役目だったかもしれないわ。
今は,次女と三女が仲良しよ。
でも年をとれば三人で協力しなくちゃならないこともできてくるから,そうしたら上手くやっていってくれるんじゃないかな。なんて楽観的におもってますが。

投稿: ちまき | 2006年6月24日 (土) 00時29分

☆ちまきさんへ

3人姉妹はもっと複雑でしょうね。姉妹でなくても、3人だと2人がくっついてしまうことが多いですよね。私も、上の兄と仲良しです。でも、そこは女同士、もしも結婚してこどもができて・・となったらお互いに頼りになるんじゃないかしら。そして、もっと歳をとったら、一緒に旅行したりできるしね。私もやっぱり姉妹が欲しかったわ。

投稿: めろん | 2006年6月26日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/10623345

この記事へのトラックバック一覧です: 「イン・ハー・シューズ」:

» イン・ハー・シューズ/キャメロン・ディアス [文学な?ブログ]
簡単に失われるような人間関係なら、最初からなかったと諦めた方がいい。人と人の本当の信頼は、一つや二つの事件では揺るがない。そのことを強く感じた映画でした。 女性弁護士ローズ(トニ・コレット)には、対照的な性格の妹マギー(キャメンロン・ディアス)がいます。マギーは定職にもつかずに男を漁りながらぶらぶらとして、突然ローズの家に転がり込んできます。困った妹ですが、二人の絆は子どもの頃から強く、何でも話せる親友のような存在でした。 ある日、マギーはローズの彼を誘惑してしまいます。その現場を目撃し... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 11時10分

« ジャズ・コンサート | トップページ | 脂肪燃焼スープダイエット »