« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

中欧旅行 3

153 154 168 5日目はプラハ観光。これはプラハ城、ステンドグラスが素敵でした。

179 185 186 プラハの旧市街を歩いて、カレル橋へ。途中、黄金の小道と言う、可愛らしいお店が並んだ道に、カフカの住まいがありました。小さな、青くぬられた家でしたが、あそこで、「城」や「変身」を、書いていたのでしょうか。真ん中は、カレル橋から見た景色、右は橋の上に並んだ出店です。

午後は、スロバキアの首都、ブラチスラバへ、6時間ほど、ひたすら走りました。ホテルの夕食は、この辺りの名物料理、パプリカの粉で味付けした、グラーシュスープなど。美味しかったです。写真が無くて残念です。夕食後、ロビーで、男性がピアノ演奏をしていました。なかなかいい演奏なのに、誰も聞いていなくて、私たち家族がソファに陣取って盛大に拍手をしていると、ニコニコして一曲終わるたびに私たちに会釈を・・贅沢なひと時でした。

198 209 翌日はブラチスラバ城や、旧市街を観光。静かで、景色も抜群の素敵な街でした。あまりなじみのない街でしたが、本当に良いところでした。

213 見てください。広場で鳩を追いかけていた、可愛い子供。天使のようでした。どこでも、子供は可愛いけれど、この子は別格に可愛かった。娘も息子も子供好きなので、3人で暫くみとれてしまいました。

215 これは、マンホールから兵士が覗いているといった、街角のユーモア?反対側には、カメラを担いだカメラマンが看板代わりの、「パパラッチ」と言うレストランもありました。ここの人、結構冗談好きなのかも。

観光後、ハンガリーの首都、ブダペストに向かいました。

223 224

夕食はまたまたグヤーシュスープに、牛肉の赤ワイン煮込み(左)、デザートはチェリーパイ。このチェリーの重量感!ちょっと食べ切れませんでした。

そして、楽しみにしていた、ドナウ川クルーズ。シャンパンを飲みながら、美しい夜景を楽しみました。

226 227 229

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中欧旅行 2

3日目はザルツブルグを発ち、国境を越え、美しい世界遺産の街、チェコのチェスキークロムロフへ。

079 082

101 ブルダワ川(モルダウ川)に囲まれた旧市外は、お伽噺話の中に入ったような気がしました。モルダウといえば、スメタナの「我が祖国」の中の曲を思い浮かべる方も多いでしょうね。音楽は詳しくありませんが、子供達の合唱コンクールの定番曲で、よく耳にしたのを思い出します。まさか、そのモルダウを本当に見られるとは思いませんでした。又、ここは画家のエゴン・シーレの母の故郷で、彼が愛した街だそうです。シーレ美術館があると言うので、早速行ってみたのですが、休館で、とても残念でした。この日はプラハに泊まりました。

4日目、3月14日は、又国境を越え、ドレスデンに向かいました。(日帰りです。)ドレスデンは、旧東ドイツですが、戦火に焼き尽くされ、今は復興されていますが、あちこちに生々しい戦争の傷跡が残っています。

118 136 右側のツヴィンガー宮殿は美術館になっていて、思いがけずいい絵を沢山見ることができました。あの、憧れのフェルメールもあって、感激でした。

「エミールと探偵たち」や、「飛ぶ教室」を書いた、ケストナーが育ったのもこの街です。私は、子供の頃、彼のお話が大好きでした。「私が子供だった頃」と言う、自伝があるのですが、この街の当時の様子が生き生きと書かれています。彼の母がよく(思いつめた様子で)橋の上から河を見つめている様子が出てくるのですが、私も、そこと思われる橋の上に立ち、思いをはせました。今にも、子供の頃のケストナーが走ってくるような気がしました。

この日は事故渋滞があり、プラハに戻ってきたのが8時ごろになってしまったのですが、そのおかげで、レストランのいい席に入ることができてラッキーでした。

生ピアノもあり、音楽を聴きながらワインを飲み、食事を終えてデザートの時、「ハッピーバースディ」の、曲が流れたので、あれ?と思っていると、なんと、デザートのケーキにローソクを立てて、ラッピングされたチョコレートと一緒に運ばれてきました。そうなんです、私のお誕生日だったんです。添乗員さんの粋なはからいに、とっても嬉しかったです。そして、ホテルに戻ると、今度は子供達が、スーツケースに忍ばせてきたプレゼントをくれました。娘は、素敵なアクセサリーボックス、息子はお香などの癒しグッズでした。感激。忘れられない誕生日になりました。ついでに言うと、夫は好きなものを買えば?と、お金をくれたけど、ちょっとねぇ。ささやかでも、何か選んで欲しいのにね・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

中欧旅行 1

帰ってきました。と言っても、もう1週間たってしまいましたが。時差ぼけやら、後片付け、待ちわびていた母への訪問、いつもの仕事、写真やビデオの整理・・・なかなか落ち着かなくって。

それはともかく、楽しかった!いつもなら、まだ寒い時期なのに、暖冬のせいか暖かくて、コートがいらない日もあったくらいで、お天気続き。あちらに行く前の日まで寒くて、帰る日にお天気が崩れてきたと言う、超ラッキーな旅でした。(いない間、東京は寒かったらしい)ただ、予想はしていたけれど、2キロ!もの贅肉がついてしまったんです。3食ばっちり、それに昼夜は、ビールやワインも。当然ですよね。今、やっと1キロ戻りました。がんばらなくっちゃ。

008 013 1日目は成田を11時40分に発ち、11時間ほどでウィーンに。あちらはまだ夕方、それでホテルの近くを散策しました。左は、近くの公園、池には木々が映って、まるで鏡のようでした。広い公園のあちこちには、ゆったりと高齢のカップルが散歩したり、いい感じでした。そして、ガイドさんに教えてもらった、ウィーンで評判のケーキのお店でお茶しました。ケーキも、カプチーノも美味しかった!

021 047 2日目は、美しいヴァッハウ渓谷をドライブして、(左の写真)モーツァルトの誕生の地、ザルツブルグへ。もっとも、モーツァルトは若くしてウィーンに出てしまい、故郷に対してあまり思い入れは無かったようです。生家も行きましたが、粗末な家で、展示もしょぼかった。ちょっと残念。

ここは、あの有名な「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルになった地でもあります。右はミラベル庭園の階段で、マリアが子供達と、ドレミの歌を歌うところですって。帰ってきてから、早速『サウンド~」を、見直しました。「あ、ここも見たかも。」とか言いながら。

070 レストランで夕食後、(すごく何もかもがしょっぱくて、さすがの私もあまり食べられませんでした。この食事が最悪でした。)町をぶらぶらしたんですが、お店は閉まっていても、きれいにディスプレイしたウィンドウが並んでいて、素敵でした。(左の写真)石造りの建物を抜ける細い道が沢山あって、ちょっと探検気分で歩きながらホテルに帰りました。

なんだか、だらだら書いてしまって・・・全部書けるかしら。続きは又、書きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ミーナの行進」

Burogu_3 小川洋子著、『ミーナの行進』を読みました。「博士の愛した公式」を、読んで、とてもよかったので。一冊気に入ると、その作家の本を続けて読むことが多いですね。

これも、とても美しい物語でした。12歳の朋子という少女が、事情があって、伯母の所に1年程預けられます。とても豊かな家庭で、広い敷地や素敵な洋館に驚き、一家の人々にも惹かれます。ドイツ人のローザおばあさん、その息子のハンサムな伯父さん、優しい叔母さん、スイスに留学中のこれまたハンサムないとこの龍一さんにはときめきます。それから、家事を取り仕切る米田さん、誰よりも、病弱ながら芯が強く、とても可愛い一つ年下のいとこのミーナとは、姉妹のように親しくなります。そうそう、この豪邸には昔、動物園まであったのですが、その生き残りの小人カバのポチ子と、ポチこの世話係の小林さんも家族のような存在です。体が弱く、乗り物酔いをするミーナは、なんと、小林さんに曳かれたこのポチ子に乗って通学しています。この素敵な家族に囲まれた朋子は、色々なわくわくしたり、びっくりするような体験を重ねていきます。

この本には悪い人は一人も出てきません。それぞれが弱いところも持ちながら、お互いに優しく支えあって生きています。ちょっと、お伽噺のような趣だと思いました。そして、心が洗われるような気がしました。

本のあちこちに、この表紙のような1ページ分のカットが入っていて、それもとても可愛くて、絵本の様でもありました。

本を読む楽しみは、二つあると思います。登場人物が、魅力的で好ましいこと、それから、共感できること。共感と言っても、表面的なことより、自分の心の奥底にあるものが現れてきて、共感できるのは自分を知ることにもなります。自分には無い世界を見られるのも魅力ですから、三つかな。だから、やめられないんですね。

関係ないんですが、今度の日曜から、家族で中欧に行ってきます。だから暫く更新はできないかな。(まぁ、最近さぼり気味なので言うのもなんですが)家族で行けるのも最後かも知れないので、思い切って行ってきます。写真を沢山撮るつもりなので、見てくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梅を見に・・

日曜日に、いつもの小金井公園に、夫と息子と3人で小金井公園に行きました。

Burogu_004 まず、裏の入り口から入って、ドッグランを見学。色々な種類の犬が、大きいのも小さいのも、走り回って仲良く遊んでいて、面白い。犬って可愛くて、飼ってみたいけど、マンションだし、旅行もしたいし、無理みたい。散歩するときだけ貸してくれるところがあるといいのにな。

Burogu_008_6 それから、売店でくし団子を買って、梅園へ。8分咲きというところでした。でも、梅のいい香りがして、結構きれいでした。実は先週の日曜も、母を連れて青梅の梅卿にいったんですが、あちらはまだ、ちらほらと言ったところでした。家の近くはもう散り始めているのに、随分違うものです。

梅園で、最近少しやり始めたスケッチをしました。う~ん、うまくかけない。ゴッホのアーモンドの花をイメージしたんですが、難しいです。2時間ほどがんばったんですが、時間切れです。梅を甘く見ていました。でも、お天気はいいし、ぽかぽか陽気で、お団子も食べたし、いい気持ちでした。コートを着ている人もほとんどいないくらいの、暖かさでしたから。

寒くなってきたので、近くのイタリアンに。そのお店は47インチくらいのテレビで、世界の映像を流していて、それを見るのも楽しいんです。家のテレビも、壊れかけているらしく、音が割れてひどいので、買い換えようと思っているんですが、何インチぐらいがいいのかな?値段もどんどん安くなっているから、今考え中です。

Burogu_010_1 全然関係ないんですが、今、我が家でそば茶がはやっています。最初、友達に、伊藤園のをもらって、すごく気に入ったんですが、なかなか売っていなくて、生協で、この韃靼そば茶を見つけました。香ばしくて美味しいですよ。子供たちも好きです。私は、焼酎を割るのも、好きです。

寝る前に飲む→食べる、だからやせないんですよね。分かってはいるんですが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »