« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

「温室デイズ」

Pict0033 瀬尾まいこ著「温室デイズ」を読みました。前に「優しい音楽」を読んだのですが、同じように癒し系のあたたかい物語かと思ったら、「いじめ」がテーマの、切ない小説でした。すごくリアルな感じがしたのですが、なんと、著者は現役の中学教師なんですって。それを知ると、ますます、今の子供達の置かれた状況が映されているようで、苦しい気持ちになります。私の子供時代には、こんなに陰湿ないじめは、覚えがないのですが、学歴社会、格差社会、管理主義の教育といった、社会のせいのような気がします。

みちると優子は中学3年生、クラスは荒れていて、段々手がつけられない状態にむかっている。優子は可愛く、豊かな家庭に育ってまっすぐな気性なのだが、それゆえに小学校でいじめを受け、転校した過去がある。そのとき、同級生だったみちるは積極的ではないにせよ、いじめに加担してしまったことを心苦しく思っていた。中学で再会した二人は今では親友となっているけれど、受験を前にして、息苦しい日々を送っている。

何とかしなければ、何とかなるかも、という思いがあふれ出し、ある日みちるはクラスで皆に呼びかける発言をし、それをきっかけに壮絶ないじめを受け始めてしまう。それをどうもできない優子も、登校ができなくなり、保健室に登校したり、学校外のフリースクールに行くようになる。そして、母親の勧めでカウンセリングにも行くけれど、何も解決はしない。

みちるに対するいじめはますますエスカレートし、ひどい暴力を受けた日、それまでいじめを隠していた父に事実を知られてしまう。父子家庭で、理解のない頑固者だと思っていた父の涙と、「学校なんか行くな」という、思いがけない言葉を聞き、みちるは改めて、耐え続け、学校に行き通し、精一杯の受験勉強をすることを決意する。

みちるの幼馴染の瞬は、やくざの父、兄弟を連れて出て行ってしまった母、と言う酷い家庭で育ち、今では札付きの不良になっている。あるとき、その瞬が優子に告白するのだけれど、優子は戸惑ってしまう。けれど、彼の家庭のことを知った優子は一策を講じる。

色々な事があり、彼らは卒業に向かっていく。それぞれが、必死に生きながら。ほんの少しの希望を頼りに。

みちると優子の強さに心を打たれました。又、それぞれの家庭のあり方に、考えさせられました。優子の家庭は、一見申し分ないようだけれど、親は彼女の心を理解していない、と言うより、本当には理解しようとはしていない。みちるの、理解しようとするよりも、子供を守ろうとする愛を持った父。悲惨なのは瞬の、母親に捨てられた孤独と、コントロールできない自分を父親に重ねてみる、やりきれなさ。

いじめに対する解決策はあるのでしょうか。子供達に話すと、口をそろえて「いじめは絶対無くならない」と言います。いじめによる自殺もあとを絶ちません。そのたびに、胸を締め付けられる思いがします。命を自ら絶った子供、そして残された親の悔しさや、自分を責める気持ちを考えるとたまりません。

中学生の方、この本を読んで欲しいですね。そして、自分の気持ちを重ねてみて欲しいです。いじめを受けている人には、みちるの選択が全てでは無いといいたい。学校は命を賭けてまで行かなくてはならないところではないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレビがやってきた

Pict0034 ついにテレビを買いました!大画面、と言っても37インチですが。でも、今までが25インチだったので、結構感動です。

買ったのは、パナソニックのビエラ、プラズマです。店頭で見ると、液晶もプラズマも、そんなに差は感じませんでした。40インチを勧められたのですが、置き場の関係で、この大きさが限度でした。あまり広い部屋でもないので、これで満足かな。決め手は値段。近くのラオックスで、展示品ですが6万以上の専用台がついて、198000円でした。古い台は私がホームセンターで買ってきて、組み立てた安物で、ぐらついていたし、やっぱり専用台だときれいに収まって、移動もスムーズです。それに、組み立てや配線も無料でやってくれましたし。あれ、結構面倒ですから。(こういうこと、夫はやってくれない。私がやらなくちゃならないから。)

早速、オンデマンドテレビで、見たかった「ダ・ヴィンチ・コード」を見ました。本を読んだので、映像はどうかなと思っていたんです。最初のルーブルのシーンとか、パリの街とか、面白かったです。物語は、時間の制限がありますから、かいつまんでと言う感じで、映画だけでは少し無理があるのは否めませんでしたが。それに、キリスト教の話なので、素養のない私には少し難しいですね。でも、電気まで消して、映画館気分で楽しみました。この後、夫と娘は、「皇帝ペンギン」も見ていました。

次の日(昨日)は、オンデマンドで、音楽ジャンルの、ライブの映像を見たり、世界見聞録という番組で、この前行ったチェコやウィーンの街を見ました。やっぱり、画面が大きいと、迫力があります。それに、前のテレビは壊れかけていて、音がひどかったんですが、いい音になったのも大きいですね。まだ、見たい映画もあるので、これから楽しみです。あまり見ないので、解約しようかと思っていたオンデマンドがこれから活躍しそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

中欧旅行 4

233 252 264

7日目、午前中はブダペスト観光。左は漁夫の砦にある、マーチュ-シャ教会。丸い屋根がきれいなタイル張りで、可愛らしい教会でした。中は、中央市場。広々とした市場に、食材やおみやげ物が沢山並んでいました。私は、お土産に例の、パプリカの粉を買いました。昼食をとって、今度は又ウィーンへ戻りました。そして、ここで、長い間一緒だったドライバーのジョージさんとお別れ。彼はチェコの方で、「ドブリーデン」(こんにちわ)と挨拶すると、ニコニコしてくれました。

さて、いよいよ観光の最終日、一日ウィーンを見て回りました。ハプスブルグ帝国の宮殿、シェーンブルン宮殿はとても豪華。マリア・テレジアや、エリザベート(愛称シシィで今も慕われ、あちこちでお人形などを売っています)が、髣髴とされました。私は、世界史が苦手で、ハプスグルグ帝国がそんなに強大だったって事も知らなかったんですが、旅行前に、息子が借りてきた、「我が青春のハプスブルグ」と言う本を読んでいったので、少し予備知識があって、面白かったです。ヨーロッパに行くなら、もっと世界史を勉強しなくてはだめですね。同じものを見ても、印象が違うから。

270 305 314 315

左がシェーンブルン宮殿、トラム(トロリーバス)に乗車して市内を見てから、昼食はウィンナーシュニッツル(子牛のカツ)とヨーグルトケーキ。これが好き嫌いの多い夫にも好評でした。

319 322 午後は美術史美術館へ。ここもとても充実していて、又ガイドさんが絵画に造詣が深くて熱心に説明してくれて、面白かったです。ブリューゲルの大作が何点も、そしてここにもフェルメールがありました。絵画を模写しているのもめずらしかったです。ただ勉強でやっているのかと思ったら、オリジナルが、傷んだときの保険の意味もあるんだそうです。

美術館で解散して、自由時間だったのですが、随分歩いたので、お茶を飲んで休んでから、夫が見たいと言う建築を探してうろうろ。「アメリカンバー」と言う店と「中央郵便局」・・やっと探したのですが、日曜だったので、両方入れず、外観を見ただけで残念でした。少し買い物もしたかったのですが、行く予定だった免税店も休みで、何も買えず、くたびれてしまいました。オペラ座の前で集合して、レストランで最後の夕飯をとった後、又シェーンブルン宮殿に戻って、宮殿内でのコンサートを鑑賞しました。なかなか素敵だったのですが、疲れて寝不足だったので、うとうとしてしまって、最初のモーツァルトの「アイネ・クライム・ナハトムジーク」と、最後のシュトラウスの、「美しき青きドナウ」以外は、夢うつつ・・・ちょっともったいなかったかも。

長いと思った旅も過ぎてみるとあっと言う目ですね。次の日のお昼前の飛行機で日本に帰ってきました。ずっといいお天気だったのですが、帰る日に雨が降り出し、これから寒くなるとか、運が良かったですね。

ツァーのメンバーも私たちより年配のご夫婦が多かったのですが、色々なお話も聞けて、面白かった。旅好きのベテランが多くて、中には月1回のペースで海外旅行をしている方や、やはりしょっちゅう旅をしていて、何でもよく知っていて教えてくれる方など、お話できて楽しかったです。とっても良い旅だったと、懐かしく振り返るこの頃です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »