« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

「病気にならない生き方」

新谷弘美著「病気にならない生き方」を読みました。一年ほど前のベストセラーですよね。本屋さんで、平積みになっているのを、ちょっと立ち読みして、高いので買わなかったんです。こういう本、胡散臭いのもあるし。でもちょっと気になったので、図書館に予約、忘れていたら数ヶ月もたってメールがあり、借りに行きました。

著者は45年もの経験のある、米国ナンバー1の、胃腸内視鏡外科医で、著名人の患者も多い方です。35年前、大腸内視鏡によるポリープ切除に初めて成功したと言う実績をお持ちでもあります。

内容を簡単に説明すると、著者は長年の医療生活の経験から、健康人の胃腸が美しく、病人は美しくないことに気づいたそうです。そして、それを決定するのが、それまでの職歴と生活習慣であることを確信しました。

健康を維持するためには5千種以上のエンザイム(酵素)が不可欠ナのですが、この原型となる、ミラクル・エンザイム(著者の仮説)を、体内で作り出し、消耗させないことこそが、病気にならない、健康で長生きをする方法なのです。

そのための生活の仕方なのですが、ちょっと驚くようなことも書かれていました。食に関しては、肉食や乳製品の摂取は胃腸を荒らすし害となる、と言うのがびっくり、そしてがっくり、でした。肉は脂肪分が多いのであまり食べないようにしていましたが、カスピ海ヨーグルトは欠かさず食べているし、チーズも大好きなので。夫なんか、胃腸が弱いのですが、牛乳を飲むと良い気がするといって、あまり好きでもないのに、一生懸命飲んでますから。子供達は(もう大人ですけど)やっぱり肉が好きですから、魚と一日おきでメインのおかずにしていましたし。どうしましょう。

これ以外は

○薬は毒であると考えて、緊急のとき以外は服用しない、特に胃酸を抑える胃腸薬は害がある。

○暴飲暴食、タバコ、アルコール、コーヒーを飲まない。

○正しい食事・・・酸化していない新鮮な食物をとる。穀物なども、白米でなく玄米、全粒粉でできたパンやパスタなどを取る。植物食と動物食の比率は85対15が理想的。

○食事は良くかんで、腹八分目にする。

○胃を空っぽにして眠るために、食後4~5時間は何も飲食しない。

○化学物質に汚染されない、還元力の高い水を一日に1.5~2ℓ飲む。(食事の前が良い)

○規則正しい生活をし、こまめに仮眠をとる。

○運動は適度に、やりすぎはだめ。

○幸せを感じる生活をする。モチベーションを持つ。

すごく大まかに言うと、こんなことが書かれていました。昔から言われていたことや、納得できることも多いですね。これらのことの、説明が本には詳しく書かれていて、なんとなく、が納得できるに変わります。興味のある方は読んでみてくださいね。

でも、言うは安し、ですね。お酒やコーヒーも大好きだし。つい、夜更かしする毎日。家族がいるので、玄米食も、肉断ちも難しいです。だけど、これからは、少しでも、この生活に近づけるように、意識して行こうかな、と思ったのですが。そうそう、この食事法を実行すると、太っている人はやせ、やせている人は太るので、ダイエッットとか、必要ないそうですよ。                                   

| | コメント (5) | トラックバック (1)

新緑の北海道へ

先週の月曜から二泊三日で北海道へ行っていました。仕事をやめている娘と、今のうちに、と言うことで1ヶ月ほど前にツァーに申し込んであったので、母のことも気になったのですが、思い切って行ってきました。

200753_011 200753_012

まず、函館について、トラピスチヌ修道院へ。この美しい修道院で、修道女たちが、祈りと労働奉仕の厳しい生活を送っておられるそうです。ほとんど一生涯外に出ることも無く、冬でも寝室には暖房も無いそうです。どのような思いで生活していられるのか、私などには想像もつきません。そんな世界もあるのですね。ここの隣の売店のソフトクリームはとっても美味しかったです。旅行中、あちこちでソフトクリームを売っていて随分食べましたが、ここのが一番でした。やっぱり、凡人はまず食いけですね。

200753_017 200753_034

函館の町から海を臨んだところと、夕食後函館山に登って撮った、夜景です。夜景は感動的に素敵でした。

夕食はうに鍋と言うことで、期待していたのですが、うにはほんの少し。これじゃ、イカご膳じゃないの!と、娘は文句を言っていました。安いツァーですから、想定内ですけどね。

200753_037 200753_041

二日目は、大沼公園(左の写真)、洞爺湖、小樽など。洞爺湖のミニガイドをしてくれた、御土産物屋の御主人の話が面白かったです。今度、サミットが開かれるんですが、とても信じられなかったけれど、本当に決まったんですと、満面の笑みで嬉しそう!それと、有珠山が30年に一度噴火し、そうすると最低3ヶ月は避難生活をしなければならないし、戻ってからの灰の片付けの大変なこととか。(お山が悪いんじゃないんです。こんなところに住み着いた私たちが悪いんです。と、本当に悪そうに言っていました。)なんか、好感をもって、沢山お土産を買い込んでしまいました。割引もしてくれたので、皆随分買っていました。結構、商売上手かも。

右は、二日目のキロロリゾート・ピアノホテルでの夕食。オプションで、かに、いくらの食べ放題バイキング!当然、限界まで食べてしまった・・・

200753_058 200753_064 200753_078

三日目は、このツァーの目玉である、旭山動物園へ。二時間半、たっぷり見られました。動きのある展示で人気ですよね。噂にたがわず、動物たち、色んなことをしていて面白かったです。この、キリン、見にくいけれど、棒の先に着いた針金の輪で、耳の中をかいでいるんです。幸せそうに。あまり大きくは無かったけれど、工夫されていて、いい感じでした。元々、動物園、好きだし。

このあと、美瑛や富良野の景色を見た、というか、実は爆睡してしまってあまり見なかったんです。娘にあきれられました。睡眠不足が続いていたもので・・

200753_095 帰りの飛行機に乗る前に、新千歳空港で、食べた北海丼。娘は、うにが食べたい、と、こだわっていたので、やっと食べられて満足したみたいです。結局、よく食べて、御想像の通り、太って帰ってきました。帰ってからも、送った毛がにを食べました。なかなか美味しかったです。あと、娘が大量に買い込んだ、お菓子類が山のように・・白い恋人、六花亭のイチゴチョコ、とうきびチョコ、じゃがチョコ、(チョコばっかりですね)、当分おやつには困らないですね。そんな、お気楽な旅でした。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »