« 「病気にならない生き方」 | トップページ | 京都旅行 »

さぼってしまって・・・

随分久しぶりです。1ヵ月半もさぼってしまって・・・体調も悪く、何しろだるくて、でも検査したら大丈夫でした。少し鬱気味だったのかも。心配してくださった方、ごめんなさい。時々、書こうかなと思うと、誰かがパソを使っていたりすると、もういいやって感じで、そのうち億劫になってしまいました。それから、以前の記事に、しつこくいやらしいトラックバックが来て、嫌気もさしてしまって。今、やっとその記事にトラックバックを受け付けない設定をしました。早くすればよかった。

調子が悪いと言いながらも、好きな展覧会に行ったり、読書はしていました。ちょっと御紹介しますね。

Burogu_012_3 友達と、六本木の国立新美術館で、モネ展を見ました。出来立てのミッドタウンで簡単なランチを食べてから、美術館へ。随分沢山の作品があって、モネの印象派のイメージとは違う作品もありました。ただ、すごく込んでいて、ゆっくり観られなかったのが残念。日本人の好きな画家の一人なんだなぁと思いました。

Burogu_013_1 Burogu_014_1 Burogu_011 同じ六本木の森美術館で「コルビジェ展」をやっていたので、それも観ました。こちらは適度にすいていてゆっくり見れました。コルビジェは近代建築の巨匠ですが、同時に画家でもありました。私も、絵を描いていたのは知っていましたが、こんなに沢山の作品があるのは知らなくて。彼は午前中は絵を描いて、午後は建築の仕事をしていたそうです。でも、画家としては評価がイマイチなのを嘆いていたとか。左のは、代表作の一つ、サヴォワ邸です。私も大好きで、若い頃に実際に見たんです。真ん中は、画家としての作品。右は、六本木ヒルズの展望台から見た、国立新美術館です。今、何かと話題を提供している、黒川紀章氏のデザインですが、私はとても気に入りました。外側のうねる壁も美しいし、中のダイナミックな空間もいいと思いました。好き好きがあると思いますが。

Burogu_015_2 家族でユトリロ展も見ました。三鷹の小さな市営ギャラリーでやっていたせいか、信じられないくらいすいていて、良かったです。ユトリロも、いつも込みますから。このポスターの絵は、彼が繰り返し描いた、ラパン・アジルという、酒場です。いつも、思うのは彼の絵は風景がほとんどで、人間も点景程度にしか描かれていないのに、孤独感や寂寥感が胸に迫ってくるのはなぜなんでしょう。彼の人生そのものが表れているんでしょうね。

本も色々読みましたが、浅田次郎の「壬生義士伝」が、印象的。映画化もされましたから、皆さんごらんになったかも知れませんね。南部藩から生活に窮して、新撰組に入隊した、吉村貫一朗と言う侍の、ある意味奇矯な生き様がかかれています。浅田氏はストリーテラーと言われるだけあって一気に読ませます。そして、泣かせられます。泣きたい方にはお勧めします。息子に勧めて、「どうだった?ないたでしょ?」と言うと、「なんか、無理やり泣かせられた感じだよ」なんていってました。

何とか元気も出てきましたので、又、時々は書きたいと思っています。相変わらずの内容ですが、お付き合いくださいね。

|

« 「病気にならない生き方」 | トップページ | 京都旅行 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鬱々されてたの?
ありますよね、そんな時期。
私も最近疲れやすいし、かといって昼寝したらだるくて動けません。
娘の大仕事終わったら寝込むかもね^^;

そうよ、行きたい所、観たいものだけ観て、好きに行きましょうね~
お休みしてても忘れたりしませんから。
気になさらず、わがままで行きましょう~(^-^)V

投稿: りゅう | 2007年7月17日 (火) 21時52分

ほんとにお久しぶりです。
私もブログをすごく書きたいときとそうでないときとむらがあります。
書きたいときにぼちぼち書くのが一番いいですよね。楽しみでやってることが負担になったらいやですもの。
モネ展、名古屋でもやるのかしら?まだそんな情報ないので、ひょっとしたらまた名古屋は素通りかもしれません。
国立新美術館、次女が春にいって建物がすごくよかったといってました。うねっているのが特徴かしら?黒川さん、政治なんかに首をつっこまないで建築のお仕事で活躍してほしいわね。
浅田次郎さんの本は泣けるの?最近ちょっと泣いてみたい気分だから読んでみようかな。ときどき泣きたくなるのよね~

投稿: ちまき | 2007年7月19日 (木) 16時37分

☆りゅうさんへ

気にかけていただいて、ありがとうね!気が弱っているときは、優しい言葉が胸にしみます。
りゅうさんも、本当にお忙しそうですね。でも、お祝い事だから、楽しい事もあるでしょう?お嬢さんの晴れ姿が楽しみです。こんなに、何もかも、愛情をかけられているお嬢さんはとっても幸せですね。りゅうさんも、がんばり過ぎないように、倒れたりしないでね。

☆ちまきさんへ

同じような記事ばっかり書いて、まんねりだなぁ、っていうのもありますね。でも、しょうがないって開き直って続けていこうかな、なんて。
泣きたいの?私なんて、テレビ見てもすぐ泣いちゃって笑われています。でも、あの本はなかなかいいですよ。夫も読んで、ひそかに泣いたみたい。

投稿: めろん | 2007年7月19日 (木) 22時20分

ずっと更新がなかったので どうされてるのかな~と気になってました。

鬱っぽくなるとき・・・ありますよ、とくに梅雨時はね~。
でも検査して何もないと 安心しますね。

私もぎっくり腰をやって まだ調子が悪く・・・外に出られないと それこそ鬱になりそうでした。
日にち薬とはわかっていても ままならない身体に苛立つ毎日です。

でも美術展に行かれたり 読書されたり・・・なさってたのね、
好きなことだけでもすると 気が紛れますよね。
お互い気をつけましょうね。

投稿: フラワー | 2007年7月27日 (金) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/15764687

この記事へのトラックバック一覧です: さぼってしまって・・・:

« 「病気にならない生き方」 | トップページ | 京都旅行 »