« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

「名もなき毒」

宮部みゆき著「名もなき毒」を読みました。図書館に予約して、半年近くかかったかな。すごく好きな作家の本は買うんですが、それ以外はなるべく図書館で借りることにしました。本が増えてしまって困るから。2度読む本ってめったに無いですし。宮部さんの本も、前は買っていたんですが、超能力ものや時代物はあまり好まないし、少し飽きてきたっていうのもあるし。と言いながら、ほとんど欠かさず読んでいるんですし、読み始めるとやめられないから、やっぱりすきなのかな。これも、途中まで読んだらやめられなくて、朝の4時までかかって読んでしまい、次の日はふらふらでした。う~ん、やっぱり上手いですね。

「誰か」の続編と言うか、これも杉村氏が事件に巻き込まれ、解決します。杉村氏と言うのは、某巨大企業の会長の愛人の娘婿で、結婚後はその企業の社内報の編集室で仕事をしていると言う、微妙な立場・・・この設定も面白いですね。

彼は最近採用した女子社員の無能さとひどい態度に困惑し、その社員の前歴を調べているうちに、ある女子高生に出会います。その頃、飲料水に青酸カリが混入されて飲んだ人が死ぬと言う事件が続いており、彼女はその3人目の被害者の孫でした。

偶然彼女と関わった杉村氏は、彼女の母親や、飲料水を売ったコンビニの店員など、色々な人と出会います。

一方、彼の家庭では、引っ越すことになり、彼の妻はこの計画を進める中で、シックハウス症候群について調べています。そして、土地自身が有毒物質を持っている場合があるということが提示されます。これが一つの「毒」でもあります。

事件の方は被害者の意外な人間関係も現れて来て、読者は(私ですが)どんどん引き込まれていきます。そして、例の女子社員の不気味な行動が、いやな予感を・・

このくらいにしておかないと、結末が分かってしまいますね。宮部さん独特の人間描写、ちょっと極端ですがすごく分かりやすくて、目に浮かぶようです。最後の方は息もつかせず、と言う感じ。ただ、読後感は必ずしもいいとは言えない、と言うか少し憂鬱になります。

人間のどうしようもない弱さ、心底からの悪人、などが印象に残るからでしょうか。「模倣犯」や、他の作品でもどうしようも無い悪いやつって出てきます。しかも、世の中を見ていると、そんな人がいないとはいえないようですし。こういう人間の表現を読むと、私は「エデンの東」の母親を思い出します。なぜそんな人間ができてしまうのか、宮部さんは答えを書いてくれないし、私も考えても分からないです。人間て弱いものだとしか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

京都旅行

今年も、恒例の夏の家族旅行に行ってきました。どこに行こうか、色々迷ったのですが(私は韓国にしようと言ったんですが)結局又、京都、志摩、奈良井になりました。計画は夫、それを元に娘が『旅のしおり』を作ってくれて、笑えました。

2007_062 これがそうです。ホームページからとって来た写真や説明入りで、なんだかツァーみたいでしょう?いつも、家族揃ってはもう無理かな、と思うんですが、今回も、息子の休みに合わせることができて、皆で出かけられて嬉しかったです。いい歳をして、とあきれられるかも知れませんが。

2007_009 2007_018_2 京都で最初に泊まったのは、白河院と言う、公共の宿です。ここが、お庭がきれいで、食事も美味しく、そして安くて、気に入りました。お勧めです。左は、その宿から歩いてすぐのところにある、無鄰庵 2007_027と言う、山県有朋の別荘の庭園です。前から行ってみたかったのですが、駐車場が無いので、今回ちょうど良かったんです。小さいけれど、なかなか美しい庭園でした。中は、神護寺に行く階段。神護寺は久しぶりでした。暑い中ののぼりで、ぐったりでした。夏に行くところではないです。ここでは、かわらけと言って、小さな素焼きのお皿のようなものを、がけの上から投げて、厄をはらうのですが、なかなか上手く投げられません。フリスビーのように投げるといいんでしょうが。でも、一応、厄払いはしたつもり。右は、奈良にある、聖林寺です。国宝の十一面観音は、アジアのヴィーナスとも言われ、フェノロサや岡倉天心が絶賛したそうで、魅力的な観音様でした。写真はありませんが、これも久しぶりに、三十三間堂も行きました。やっぱり、迫力のある、不思議なところでしたね。そうそう、夜に、琵琶湖ナイトクルーズというのに行ったんですが、期待はずれでしたね。何を期待したのかという感じですが。

2007_028 2007_030 今年も又、志摩観光ホテルに一泊。部屋からの、英虞湾の景色です。そして、絶品のあわびのステーキ。本当に、ここのお料理は最高です。これが食べたくて、がんばっていってしまうんですよね。

2007_034 2007_040 志摩では安乗崎へ。灯台と、右は、その近くの横山展望台からの景色です。リアス式の海岸がきれいでした。灯台で、ちょっとした出会いがあったんです。おじいさんと孫が(そろって麦藁帽子をかぶって、虫網を手にしています。)昆虫採集をしていたんですが、とてもほほえましくて、眺めていたら、色々お話をしてくれたんですが、夏は毎日のように、二人で虫取りをしていて、孫の少年は学校では虫博士と言われているんですって。大人が話している間にも、少年は走り回って、二匹も蝉を取ってきました。息子が子供の頃、『ボクの夏休み』と言うゲームをやっていましたが、全くあの世界に紛れ込んだようでしたね。おじいさんは元タクシーの運転手さんで、展望台はこの方が教えてくれたんです。

2007_042 2007_052 志摩から、伊勢に立ち寄って、名物のてこね寿司や、伊勢うどんを食べ、奈良井宿で泊まりました。ここも、昔、少し立ち寄ったことがあって、もう一度ゆっくり行きたいと思っていたところです。着いたのが遅かったので、次の朝に見たのですが、まだ人が少なくて、ゆっくりできたのですが、前のときの夕暮れ時のほうが雰囲気はあったかも。右は、公開している庄屋の屋敷の中から見た紫陽花の花。薄暗い屋敷の中から見るとはっとするくらいきれいです。

2007_058 2007_060 最後は松本に立ち寄りました。左は松本城です。入場しましたが、お城の中って、階段が急だし、どうってことないですね。でも、外観はなかなかきれいでしょう。右は有名な開智学校です。明治の小学校ですが、可愛らしい建物でした。有名な棟梁が洋風建築を勉強して立てたものです。隣に現在の開智小学校がありました。松本って、若い頃スキーに行くときとか、よく通りましたが観光したのは初めてでした。ちょっと、おまけかな。本当は、奈良井から上高地に出ようと思って途中まで行ったんですが、マイカーではいけないことがわかってあきらめました。

こんな感じで、まあまあ、楽しいたびでした。免許とり立ての娘もがんばって運転したので、夫も少し楽になりました。息子も運転してくれるので、二人で、後部座席でビールを飲んじゃったりして。私は旅行では運転しません。昔は少しはしたんですが、子供達がやるようになったので、いいかな、なんて。そうそう、お察しの通り、又太って帰ってきました。ヴィデオをみて、がっくり。またしても、ダイエット中の私です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »