« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

「二人の桃源郷ー究極の夫婦愛」

昨日、このドキュメント番組を見ました。

ある夫婦の生活を20年近くにわたって追ってとられたものです。

夫が復員したものの、生活に困って、二人は山に住み、畑を作って生活する道を選びます。3人の娘に恵まれ、成長につれ、子供達のために大阪に出て、タクシーの運転手をして育て上げました。そして、娘達は無事にそれぞれ嫁ぎ、孫に囲まれた生活を送るようになったとき、夫は妻に、あの山に帰って又生活したいと言います。戸惑いはあったものの、妻は夫とともに山に戻っていきます。これ以上はないような、質素な生活の中で畑を耕す二人の生活は、笑顔が輝いています。妻の手料理に喜ぶ夫、1日の労働を終えて粗末なお風呂に入る夫の極楽のような様子、そして夫に頼り、支える妻の姿があります。

けれども、夫婦はだんだんに老いて行き、子供達は心配して両親を引き取ろうとします。でも、家族がそろったとき、夫は、山で最期を全うする決意を述べます。

体が思うように動かなくなったとき、夫婦は子供達に面倒をかけまいと、ふもとの老人ホームに入ります。そして、夫は癌に侵され、入院。でも、大きな病院での治療を断り、ホームに戻ってきます。そして、子供達は、両親のために何をしてあげられるのかを考え抜き、三女は麓の町に引越しまでして、ホームから毎日山に両親を連れて行ってあげる生活が始まります。

すっかり弱った二人は、山に行くと体を動かし、表情が輝きます。あるときは、父の好物の松茸を皆で探し当て、焼いて食べたり、本当の団欒がそこにはありました。

93歳で、夫はついに帰らぬ人となりました。家族は山で弔いをします。でも、痴呆が出てきた妻は、夫の死を理解していません。「おじいさん、姿が見えんねぇ。どこへ行ったんじゃろうか?」と、問う母に、娘は「呼んでごらん」と、答えます。「おじいさ~ん、おじいさ~ん」と呼ぶ、妻の澄み切った声が山に響きます。

本当に感動しました。こんなあらすじのようなものでは、ちっとも伝わらないのがもどかしいです。いつも、いつもお互いをいつくしみ、支えあって生きてきた夫婦の素晴らしさは言葉では表せません。足るを知る、と言うのでしょうか。私なんか、もっともっとと、物や豊かさをほしがってしまうのに、この方達は、少しもそんなところが感じられません。愚痴も、文句も言わないのです。その、微笑ましい仲のよさには胸が熱くなりました。子供達も素晴らしいのですが、この親にして、でしょうか。「両親を誇りに思います」と言う言葉も深くうなずけます。

夫と、息子と、3人で偶然見たのですが、3人とも画面に釘付けになってしまいました。妻が夫を呼ぶラストシーンでは、涙がこらえられませんでした。仲良きことは美しき、と言う言葉通り、本当に美しいものを見せてもらいました。

深夜だったので、見た人が少なかったのではと、残念でたまりません。ぜひ、多くの人に見てもらいたいです。再放送があると良いのですが。日本テレビさんに、お願いしたいものです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

紅葉の蓼科

今月の初めの週末に家族で蓼科に行ってきました。あいにくの雨空でしたので、ゆっくり出かけて、途中で絵本村と言うところによって見ました。

004 001 Photo

こんなところです。可愛らしい2棟の建物の中は絵本と楽しい家具などがぎっしり。

右の絵本は、やしまたろうさんの、「からす太郎」と言う本です。息子が見つけて、私も読んでみたら、素晴らしい絵とお話で、感動しました。息子は自分で絵本を作ったりしているので、興味が深いんです。

次の日曜も雨。仕方なく、ドライブすることにしました。でも、紅葉のちょうど盛りで、とてもきれいでした。高原の紅葉は京都とも又違った美しさですね。

005 009 012

写真があまり上手く撮れなくて残念なのですが、真ん中はちょうど雨がやみかけたときに見えた大きな虹です。右は松原湖。水面に移った紅葉が見事でした。どうもデジカメの設定がおかしくなっていたらしくて、露出オーバーで白っぽくなってしまって。

Photo_2 Photo_3

あと、小海町高原美術館にも寄りました。今をときめく安藤忠雄さんの設計です。ブルーノ・ムナリ展という企画展をやっていました。この方は絵本、立体作品、子供の美術教育などで知られる方だそうです。私は知らなかったんですが、息子はよく知っていて、この人の「霧の中のサーカス」と言う絵本がお気に入りで、その本は私も以前見せてもらったことがありました。

併設のカフェで昼食を、と思っていたら、しまっていて残念。ハイシーズン以外はやっていないみたいでした。それで、途中で信州そばを食べて帰りました。

お天気は悪かったけれど、いつも最後かな、と思いながら、又家族で行けて楽しかったです。カラオケもやったし。(息子は渋っているのを、何とか付き合ってもらいました。)

 P.S. 今、写真をチェックしてみたら、やっぱりアップにできませんね。画素数を落としてみたんですが。古いデジカメでは上手くいったのに。どうしたらいいんでしょう。                 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画を観に

Leherosdelafamille Littlechildren

昨日は映画を見に行きました。この前の友達に誘われて、飯田橋のギンレイホールに。前回が初めての映画館だったんですが、なんか懐かしい感じの、ロードショーが終わったばかりの映画を2本立ててやっています。その映画が私好みのが多いし、これから時々行きそうです。友達は、息子さんに1年間のパスポートをプレゼントされて、見放題なんです。そして、一緒に行くと、1人は1000円になります。安いですよね。そうでなくても1500円です。

さて、映画のほうは、まず見たのが「リトル・チルドレン」ケイト・ウィンスレッド主演です。

幼い娘の母親、サラは公園にくる母親達をさめた目で見ています。彼女達の最近の関心は、公園に息子とやってくる若い父親です。サラは、彼が来たときに、からかい半分に話しかけるように言われ、いたずら心から、彼と軽いキスをします。驚いて、子供を引っ張って公園から去っていく母親達・・・そんな風にサラとブラッドは知り合いました。

サラは何不自由なく暮らしていますが、最近、夫がアダルトサイトに嵌っているのを見てしまい、幻滅しています。

一方、ブラッドの妻は美しく、仕事もこなす完璧な女性。ブラッドは主夫をしながら、司法試験の勉強をしているのですが、3回目なのに身が入りません。

又、最近町に、性犯罪を犯した男が出所して来ていて、皆不安を感じています。元警官のラリーは、チラシをまいたり、嫌がらせまでしています。

市民プールで再会したサラとブラッドの距離はだんだん狭まってき、ある日関係を持ってしまうのです。

サラ、ブラッド、ロニー、ラリー、それぞれが自分をもてあましている状況で、物語は展開していきます・・・

う~ん、よかったかな。切ない気持ちになりましたね。結局、皆、大人になりきれない、リトル・チルドレンと言うことでしょうか。

2本目は「輝ける女達」、友達は2度目だと言う位よかったらしいんですが、実は私、前日息子が終電で帰ってきたので、うつらうつらしてしまって、ストーリーが、ぼんやりとしかわかりませんでした。キャバレーの店主が死んで、集まってきたファミリーの人間模様と言う感じだったかな。でも、カトリーヌ・ドヌーブの、変わらぬ美しさにはびっくり!でした。一体幾つなんでしょう?

それにしても、2本立ては久しぶり。もう、ちょっときついかも。体調を整えていかないと。中学生の頃は、近くに庶民的な映画館が沢山あって、よく、3本立てなんか見に行きましたね。お昼前に入っても、終わって外に出ると、もう暗かったりしましたね。懐かしいなぁ。ちなみにあの頃のナンバーワンは、「ウェストサイド・ストーリー」かな。映画、特に洋画は夢の世界でしたね。今以上に、いえ、今の10倍くらい、西欧文化は遠くて、憧れでした。

映画が終わって、外に出るとき、私転んじゃったんです。暗かったし、ボーっとしていて、ひざをしたたかにうってしまって、恥ずかしいやら、痛いやら、散々でした。今もシップしてます。明日、ジムに行かれるかしら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »