« 「東電OL殺人事件」 | トップページ | 谷中で新年会 »

認知症の今

昨日、NHKで認知症の現状を放送していました。

義母が昨年の5月ごろ、大学病院の老人課で、アルツハイマーと診断されました。それまで、色々おかしい言動があったので、受診したのですが、やっぱりと言う感じでした。診断は、問診、CTやMRI,記憶力や判断力のテストによるものでした。そして、アリセプトという薬を処方されたのですが、まず、2週間の投薬で副作用などの様子を見て、それから本式に服用すると言う段取りだったのですが、頭痛などを訴えて続けて服用してくれませんでした。そして、2週間後に病院にいったとき、そのことを話すと、そんな副作用はないはずだけれど、この薬は飲んでも、病気の進行が3ヶ月遅らせるだけのものだから、仕方ないと言うような話。そして、結局それ以来飲んでいないのです。でも、今のところ、アルツハイマーの薬はこれしかないし、ある程度の効果はあるように書いてある本もあるんです。又、ほかで相談しても、そこまでして飲む薬でもないと言うような反応でした。私はあまり会う機会もないのですが、弟の奥さんがよく面倒を見てくれていて、彼女の話では、物忘れなどの症状も段々進んでいるようなのです。そんなわけで、頭を痛めていたので、この番組を見たのですが・・・

番組では認知症の患者さんやその伴侶、医師、枡添大臣なども出演していました。

何より驚いたのは、患者さんたちが、認知症と診断されるまでに、ひどい人は5~6年も時間がかかり、その間、見当はずれの治療を受けたり、まったくなすすべがなかったりした人が多かったことです。もう少し早く診断がつけば何とかなったのではないか、ここまで進まなかったのではないかという悲壮な訴えが相次ぎました。

又、予想外だったのは、認知症の方も、まったく正常に思われる感情や判断力を持っていらっしゃることでした。あるご夫婦は、認知症であるご主人が、インタビュウを受けて思いがあふれて言葉に詰まる妻を、「彼女は上がってしまっているんです。時間はあるから大丈夫だよ。」と励ましているのを見て、なぜか胸が詰まりました.私達は認知症の何がわかっているのかと、自問せざるを得ませんでした。

こんなに、誤診が多いというのも、認知症の専門医が圧倒的に不足していること、そしてかかりつけの医師と、専門医の連携が少しもできていないことによるのです。かかりつけ医と専門医をつなぐ、サポーター医という制度もあるらしいのですが、そのサポーター医という医師もわずか6時間の研修を受けるだけというお粗末さです。

何とかしてくださいという患者さんたちの訴えに対して、医師の方の答えは、いってしまえば、こういう手のかかって報酬の少ない、診療は難しいということです。確かに、専門外でも止むに止まれず、一生懸命勉強されて、対応しようとしている良心的な医師の方も出ておられましたが、それに期待するのは難しいと思います。やはり、行政と医師会などの連携によって、システムを作っていく必要が早急にあると思います。診療報酬などの問題も含めて、今すぐにやっていかなければならないことです。

私が今知りたかった、アルツハイマーの治療のあり方や、薬の効力についてはあまり触れていなくて、残念でした。ただただ、認知症医療のお粗末さだけがはっきり分かってしまったという感じです。今、産婦人科や小児科医の不足や、病人のたらいまわしが問題になっていますが、日本の医療はどうなっているんでしょうか。これはやっぱり、政治的に解決しなければならない問題が根っこにあると思います。認知症に自分がならないと言う保障はありません。この番組を見て暗澹たる気持ちになってしまいました。

|

« 「東電OL殺人事件」 | トップページ | 谷中で新年会 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今年初コメントです。
今年もどうぞ よろしくで~す♪

その番組は見そびれましたが・・・、
NHKでときどきやってるのは見たことがあります。
実は東京にいるうちの母も 二年ぐらい前から軽い認知症が出てて・・・、まだ最低限の家事はできるしなんとか老夫婦二人で暮らしていますが いつまで二人でできるか・・・。
アリセプト 飲んでますよ~でも効果はね~。

年2~3回ですが なるべく顔を出すようにしています、それがせめてもの親孝行かな、と。

子供の手が離れたら 今度は親の問題・・・順番だけど 切実よね。

それに明日はわが身・・・誰だってなるかもしれませんものね。

投稿: フラワー | 2008年1月22日 (火) 16時36分

おはようございます。
この番組は私も見ました。
あがってしまった奥さんが時折詰まりながらの意見はつらい内容でした。医師から発せられた患者側への病状の説明と、治療の方法。まったく一つまみの温かさも、これからの治療に向けた励ましも無かったとのこと。
誤診で時間もエネルギーも失うことの無いように賢い患者でいなければならないと思いました。

投稿: まきち | 2008年1月23日 (水) 09時59分

重い問題ですね。両親のことも心配だけど、自分や夫だっていつなるかもしれないですもの。

なかなか特効薬がないのが現実なんでしょうか。看病する人がやさしく接すると痴呆の進行が遅れると聞いたことがあるんですが本当でしょうか。

でも、親が痴呆になったときにやさしく接することができるか自分に自信がないわ。病気とわかっていても道理の通らないことをいわれたら笑顔でいられるか自信ないです。忍耐が必要なんでしょうね。

多くの方がそういう現実に直面してらっしゃるんでしょうね。しっかりしていた若いころを知っているとなおさら情けなくなるんでしょうね。

う~ん、ほんとに難しいテーマですね。

投稿: ちまき | 2008年1月24日 (木) 16時11分

見ました。
この手の番組はいつも関心深く見ています。
早期発見、診断がいかなる病気にも大事って事ですね。
日本の医療がこの先心配です。
脳神経外科に限らず、すべて不安だらけじゃないですか。

世間から「先生」って呼ばれる職業の方々は、心して職務を遂行しなければいけないのに
悔しい事にいい加減な方々がいかに多いか。

投稿: りゅう | 2008年1月25日 (金) 11時46分

☆フラワーさんへ

こんにちわ。お元気なんですね?良かったわ。
やっぱりアリセプトですか。どの程度の効き目があるんでしょうか。でも、家事をなさっているのなら、随分軽い段階でしょうね。お薬のおかげで、進行が食い止められているのならいいのですが。義母は家事はもう無理なようです。
子供としては心配ですよね。特にフラワーさんは、離れていらっしゃるし・・それに、自分の体も、段々にあちこち、ね。できることをやっていくしかないですね。

☆まきちさんへ

お久しぶりです。お元気ですか?
本当に、患者さんたちを見ていると、痛々しくて、胸が詰まりました。
日本の医療はお粗末ですね。おっしゃるように、情報を集めて、賢くなって自己防衛するしかないかも知れないです。明日はわが身ですし。

☆ちまきさんへ

本当に難しいですよね。夫も、分かっていても、あまりに理不尽なことを繰り返し言われると、声を荒げてしまって。本当の親だと、かえって難しいのかも。今までの色々あった気持ちの齟齬まで思い出してしまったり。
自分もそうならないとは言えないから怖いですね。

☆りゅうさんへ

医療不信になってしまいますよね。色々問題が多すぎて。これから、私達が老いていくと、もっと大変になるのに。
困るのは、どう対応したらいいか、分からないことです。認知症といっても、感情も尊厳もある人間には変わりないのですから。
私もこの頃、物忘れがひどくて、怖くなるわ。

投稿: めろん | 2008年2月 1日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/17780034

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症の今:

« 「東電OL殺人事件」 | トップページ | 谷中で新年会 »