« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

「少年A」この子を生んで  父と母悔恨の手記

予約していた本が来たので、図書館に行った時、この本を見かけて借りました。

最近、無差別殺人とか家族殺人とか、痛ましく且つ理解できない犯罪が多いと思いませんか。大体、殺人という行為が理解を超えています。理解できたら怖いけど。でも、もし子供に何かあったら、別ですが。

この本は、10年位前世間を騒がせた、あの神戸の酒鬼薔薇と名乗った少年による連続殺人犯の父母の手記です。あれも、不可解な事件でした。彼が何故、あんなことをしたのか、知りたいと思いました。野次馬的興味も否定できないかも知れないけれど、私は人間に興味があって、人間を知りたいのです。人間は、どのようにして犯罪を犯すのかも。

読後感は・・虚しく、悲しかった。マスコミは、少年の家庭環境を、良かったと報じる一方で、特に母親の厳しさや愛情不足も取り上げていました。でも、この本を読む限り、両親はどこにでもいそうな普通の人で、教育に関しても特に問題となりそうなことは読み取れないのです。

少年は、三兄弟の長男で、小さい頃弟をいじめるのでよく怒られて(お尻をぶたれたり)していたそうですが、ありがちなことですよね。長子がやきもちを妬くことは、そして弟や妹に当たることは。母親は、勿論、少年を気に掛け、中学校で卓球部に入ったのを喜んで、卓球台を買い込み、一緒に卓球をしたり、少年もそれを喜んでいたようです。成績が振るわない少年にも、無理強いはせず、いいところを伸ばしてあげようとしていたそうです。報道されたような教育ママではなかったようです。

事件に至る前に、床下で猫の死体があったり、(少年の仕業とは夢にも思わなかった)万引きや友達への暴力など、問題行動が続き、両親は胸を痛め、そのたびに謝って回ったり、少年を諌めたりという状況はあったようです。でも、それが殺人にまで飛躍するとは想像もできなかったのです。

切られた首を校門に置かれた子供は、少年の弟の友達だったそうです。顔見知りだったので、ついて行ってしまったと言う事で、「家の子の友達でさえなければ・・」と、悲痛な思いを書いておられます。そのこがいなくなったと聞いて、両親は一生懸命探し回っていたのですが、少年は聴取で、それがおかしくてたまらなかったといっています。

少年は、神経質だったので、大勢の前で話すことがあったとき、母親は「見ている人は皆野菜だと思いなさい」と、言ったそうです。そして、事件後の聴取で、少年は「人間は皆野菜だ」といったと聞き、母親はショックを受けています。まさか、それが母親の発言のせいだとは思えませんが。

両親が被害者にしばらく謝罪をしなかったと言う事で、非難されていましたが、彼らは少年が直にやったと聞くまでは信じられず、少年にあって真実を確かめたい、もっと言えば少年の「やっていない」と言う言葉を聞いて、少年の味方として罪を晴らしてやりたいとの思いがあったということです。(少年は両親と会うことを拒絶していてなかなか会えませんでした)親心として、心に重く落ちる心境ではないでしょうか。

この両親は、完璧とは言えないにしても(完璧な親なんでいるでしょうか?)出来るだけのことはやっていたように思えます。それなのに、何故、少年はこんなことをしてしまったのか?生まれつきの異常者なんでしょうか?  分かりません。

又、無力感だけが残ります。ひたすら自分を責める両親が可愛そうに思えました。そんな子供を生んでしまった両親が・・・

人間って何なのか、又分からなくなりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三浦半島・鎌倉へ

娘の幼稚園時代のママ友4人で、一泊旅行に行ってきました。

007 004

初日は、9時集合で友達の車で三浦へ。お昼は、本を調べて、魚介類を使った定食のお店で食べました。イカのコロッケや、さんが焼きがついて1000円。

芸能人の写真が沢山張ってあったけど、前総理の小泉氏の息子との会食の写真も。知らなかったけど、彼はここが地盤らしいです。よく来るのよ、ってお店の人が言ってました。美味しかったので、満足。

そして、河津桜を見に行きました。左は三浦海岸駅前の桜。右は遊歩道沿いの桜並木で、左側に出店が沢山出ていて、桜よりそちらに気をとられる私達はやっぱり主婦ですね。こちらは、まだ八分咲きぐらいでした。今年は寒かったからかな。

はるかという、柑橘類を売っていて、試食したらとても美味しいので、皆で1箱買い込んで分けました。皮は黄色くて、甘くてさっぱりしたお味ですが、初めて食べました。

ホテル(マホロバマインズ・三浦)に早めにチェックインして、温泉にゆっくり入って、夕食はバイキング。これが目玉なんですが、種類が多くてすごかった。お刺身やお寿司、蟹はもちろん、ローストビーフなどの洋食、中華までありました。

ここぞとばかり、ほとんどの種類を味見(?)、蟹などはお代わりして、2人分は食べてしまった・・・普段、控えているのに、旅行となると歯止めが利かない、というか意地汚いですね。

部屋に帰って、今度はおしゃべりを延々と。気がついたら2時でした。

2日目は、海産物の市場などに行って、お土産を買い込みました。三浦はマグロが有名で、どこへ行ってもマグロだらけでした。友達がクーラーボックスを持ってきてくれたので、助かりました。こういうとき、車だといいですよね。

三浦ってたいした観光スポットがないので、鎌倉に寄ろうということになりました。

009 大仏様。久しぶりでした。こういうところはパワースポットだから、行きたいという人がいて。彼女は、占いとか風水なんかも好きな人です。私は、あまり興味ないんですが、いいお顔だなぁと、思いました。遠足の小学生もいて、結構賑わってました。この頃、鎌倉によく行きますが、湘南ラインもできたせいか、ますます人が多くなった気がします。

後、やっぱり小町通でショッピング。シラス丼の昼食もいただきました。私の好きな、京都の漬物店、近為の支店で、お漬物を買って、たまたま見つけたケーキ屋さんのケーキがあまり美味しそうだったので、シブーストって言うケーキを買いました。すご~く美味しかったですよ。途中で、ミカドコーヒーでいっぷくしました。軽井沢のミカドの支店です。お店の中に入るとコーヒーが600円で、テラスだと300円。せこく、テラスで紙コップのコーヒーを飲んだのですが、これがすごく美味しかったです。注文してから、豆を炒って、点てるんですって。美味しいわけですね。

3時過ぎには、帰路につき、5時半には東京・高井戸インターに着きました。車を出してくれた友達がずっと運転してくれたのですが、上手なのに感心しました。でも、カーブの多い道で、やおら携帯で電話し始めたのには、皆でブーイング。怖かった・・

皆で、1万5千円ずつ、出し合って、そこからホテル代、高速代、ガソリン、お土産など買っても3000円くらい残ったんですよ。ホテルは、友達の旦那様の会社の保養所に指定されていたので、なんと7000円しなかったんです。別館のマンションタイプだったので、ゆっくりできたんですが、食事やお風呂のたびに本館に行くのが少し面倒でした。でも、この値段なら、いいですよね。本当はスパもあったんですが、入らなかったので、次回は行って見ようと盛り上がっていました。楽しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »