« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

「心臓を貫かれて」

19832307_2 マイケル・ギルモア著、村上春樹訳 「心臓を貫かれて」を、読みました。私は村上ファンなのですが、彼がこの本の事を書いていたのをどこかで読んで、そのうち読んでみようと思っていたのですが、たまたま図書館で見つけて借りてきました。

すごく気が滅入るというのが本当のところです。読んでいる間ずっと暗い気持ちになってしまいました。向き合いたくないことに、無理に向き合わされてしまったけれど、それでも読んでよかったと思いました。

アメリカのある一家の、あまりにも悲劇的な物語、しかもこれは実話なのです。アメリカでセンセイションを起こした殺人犯の弟が、事件から十数年を経て、自分の家族の事を丹念に調べ、記憶を掘り起こして書いた血のにじむ様な記録なのです。

マイケルには両親と3人の兄がいました。母は敬虔なモルモン教の家庭に生まれ、環境に反発して離れた町に出て行き、親子ほども歳の離れた父と出会い、結婚しました。しかし、父は以前、何人もの妻と結婚、離婚を繰り返していたし、しばしば長期にわたって家を空けました。彼は詐欺師で、そのうち妻を連れてあちこち詐欺をしながら渡り歩くようになりました。そのような生活が、2人の子供が出来るまで続き、やっと正業に就くようになって、ひとところに落ち着いたのですが、彼はすべてを自分の思い通りにしなくては気が済まず、激しい暴力を妻や子供に向かって絶えず振るうようになっていきました。

その暴力の酷さは読むに耐えないくらいでした。父母の激しいけんかに続く、父の暴力、子供が止めにはいれば、そのこが暴力の対象になりました。

マイケルは、歳の離れた末っ子で、父は彼だけは溺愛し、連れて歩きました。だから、マイケルは、ずっと父を一番愛していました。素直に、すべてを知るまでは。

そんな家庭であったから、無理もないのですが、次男のゲイリーと三男のゲイレンは段々ぐれていき、悪い仲間と付き合い、犯罪に手を染めるようになります。犯罪は悪質さを増していき、二人は刑務所を出たりはいったりし、酒とドラッグにおぼれます。

そして、経済的には豊かになり、広い家に住むようになったのもつかの間、父が死にます。そのとき、ゲイリーは刑務所で知らせを受け、号泣します。そして、冷静なマイケル以外の家族は激しくショックを受け、悲嘆にくれます。あれほど、憎んでいたはずなのに。

ゲイリーとゲイレンの素行はますます悪化し、父の死によって経済的にも追い詰められていく中、ゲイレンが殺されてしまいます。そしてゲイリーはその生涯の半分を刑務所などで送った挙句、その美術の才能を見込まれ、仮釈放となって親戚に預けられたにもかかわらず、簡単に、残虐に、二人の青年を撃ち殺して捕まります。

ゲイリーは知能も優れ、美術に秀でていました。そのつもりになれば、まともに生きていけるのに、いつもそうでした。そして、ついに死刑を宣告されました。

アメリカでは、死刑廃止の動きの中で、もう10年も死刑は執行されていなかったのですが、ゲイリーは上告せず、銃殺をあくまでも要求します。そのことで、彼は有名になり、国中の憎しみや憧れの的となったのですが。

マイケルは何とか死刑をやめさせようと努力しますが、何度かゲイリーと面会を果たし、それが虚しいい事を知ります。どちらにしても、良心の呵責からは逃れられないのですが。

落ちぶれて、トレーラーハウスに住むようになった、長兄フランクと、病んだ母と、3人で、マイケルはゲイリー処刑のニュースを知ります。

その後、母も死に、最期まで母の面倒をみた、フランクも行方知れずになってしまいましたが、この本を書く頃、フランクを探し当て、色々な話を聞き、衝撃的な事実も知りました。マイケルは、その頃は著名な音楽ライターになっていたのですが、世間を騒がせ、彼をその渦に巻き込んだ事件のずっと後にこの本を書いたわけです。

これは、ゲイリーによる殺人事件の顛末というより、家族の絆の話だと思いました。父が死んだとき、彼らは、父との修復不可能な関係を悲しんだのではないでしょうか。なんともつれた、深い愛情と憎しみでしょうか。この家族は、最期まで、憎しみ合いながらも愛し合っていたのかと思うと、いたたまれない気持ちがしました。

人間の原点はやはり家族なんじゃないでしょうか。そこから、幸せも生まれれば悲劇も生まれるんだと思います。単純ではありませんが。

マイケルはこの本を書くことによって、出直したかったのかも知れないと思います。忘れることはありえないにしても。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベランダの花達

春もたけなわですね。陽気もよくなって、昼間はコートが要らなくなりました。あちらこちらで、お花が咲いて、外を歩いていても目を奪われます。我が家の狭いベランダの花達もここぞとばかり咲いています。植物はいいですねぇ、心を癒してくれます。

002_2

10年近く前に母にもらったシンビジュウム。肥料もやらず、おきっ放しなのに、毎年良く咲いてくれます。母のは枯れてしまったそうです。ここがお気に入りみたい。

003_3 

名前を忘れてしまったけど、欄の仲間かな?ちまきさんのと同じじゃあないかと思ったのはこの花です。やっと咲きました。

001

アイビーゼラニウム。去年買ったのだけど、今年も咲いてくれました。大きな株になりすぎ。花が終わったら刈り込んだらいいんでしょうか?

004

寄せ植え。去年、母が手術したときにお見舞いにいただいたのを、持って行ってといわれて植え替えました。枯れたのもあって、シクラメンともひとつ足したんだけど、バランスが悪いですね。

005

ワイルドストロベリー。幸運を呼んでくれるそう。この可愛い花が終わると、真っ赤な小さい苺の実がなります。でも、食べてはいけないんだそうです。

006

これは花じゃないけど、去年ウィーンの公園で拾った実を蒔きました。庭があれば、大きな木に出来るのに。ふわふわの毛が生えた丸い実でした。

まだまだありますが、このくらいにしておきます。実は、写真の挿入の練習もしてみたんです。りゅうさん、やっと大きい写真がアップできました。でも、まだまだ、自由自在とは行かなくて・・・もうちょっと勉強しなくてはね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お花見 最近行った所

春になりましたね。でも、なんかいいお天気が少ない気がします。そんなこの頃、地味に夫と出かけています。お花見とか。撮った写真を見てくださいね。

008_2 これは3月の半ば、小金井公園の梅園。いい香りが立ち込めていました

014 

015

町田の民家園に行って見ました。ちょっと地味で、物足りなかったかな。ミツマタの花がきれいに咲いていました。

020 021

小金井公園の桜。ここはいつ行っても感心するくらいすごいです。重苦しいくらいの桜・・桜。満開だったけど、強風で、早々に退散しました。

                                                    026 024 023    神代植物公園の温室。熱帯植物ってパワーがあって、圧倒されるけど好きです。睡蓮はまだ少しでした。大好きなんです。本当に極楽浄土って感じがする。前に、大賀はすを見に行ったことがあるけれど、こんな可憐な睡蓮のほうが好きです。

                   植物公園ではしだれ桜が満開でした。029 028こんなに見事なしだれ桜は初めてでした。来年はお弁当を持って行きたいな、と思いました。

ああ、相変わらず、写真のアップが上手くいきません。サイズの変更はりゅうさんに教えてもらったので、何とかできたけど、皆さんのブログのように、写真の大きさをもっと大きくししたいのに出来ません。レイアウトもむちゃくちゃだし。お見苦しくてごめんなさい。

最近は夫と二人で出かけることが多くなりました。付き合いのいい息子も、休日は忙しくて。まあ、もう大人なんだから、これが普通なんでしょうね。なんか、老後の始まりみたいで、ちょっとさびしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »