« 夫の料理 | トップページ | 「ピカソ展」・「歩いても歩いても」 »

安曇野へ

夫と一泊で、安曇野に行ってきました。長野は何回も行っているけれど、安曇野は初めてでした。なかなかいいところでしたよ。まず一日目は海野宿というところへ。北国街道(中山道と北陸道を結ぶ重要な街道)の宿駅として開設され、参勤交代や善光寺参りで賑わったそうです。

003

005

建物の境に妻壁が立ち上がっているのが、防火壁の卯建(うだつ)です。のちに装飾を兼ねるようになり、「うだつが上がらない」という言い方が生まれました。

011

こんな感じです。妻籠や奈良井に比べると、少し寂しいかな。

このあと、別所温泉を車内から見て、ホテルへ。ホテルは、第3セクターがやっているもので、まぁ公共の宿のような感じで、リーズナブルでした。大浴場が10時までだったので、9時半ごろ、焦って入ったら、私のほか親子らしい2人だけでした。1人でなくてよかった。1人だと、怖いんです。特に髪を洗うとき、後ろから何か来そうで。お風呂上りにテレビを見ながらビールを飲んで、ゆっくりできました。

二日目は、まず、碌山美術館へ。日本の近代彫刻の扉を開いたといわれる、荻原守衛の作品と彼と関係の深かった、高村光太郎をはじめとする彫刻家の作品が展示されています。建物も、キリスト教徒であった彼を象徴する、教会風建築です。作品は撮ることができなかったんですが、とてもよかったです。絶作の「女」が特によかったです。

017_2

.碌山館の外観。碌山の作品と資料が展示されています。

021

地元のボランティアの手による休憩室。ショップもあって、かわいらしい建物でした。

このあと、大王のわさび田へ。水がきれいで、美しかった。お土産に、ワサビやワサビ漬け、ワサビふりかけなどを購入。

027

山葵田に流れ込む川。澄み切っています。

031

広大なわさび田。順繰りに収穫していって、年中新鮮なわさびがあるそうです。

今度は美ヶ原へ向かいました。紅葉が見ごろということだったのですが、大したことなかった。でも、見晴らしは最高でした。

032_3

この景色を見ながら、展望レストランで信州そばの昼食をとりました。

033

美ヶ原美術館の野外展示。

八ヶ岳の八島湿原にも寄ってみました。ここは、20年ぶり位。前に来たときの小さかった子供たちの様子を思い出しました。

037

八島湿原の池。もっと青くて美しいんです。

039

うまく撮れなかったんですが、逆光にススキが銀色に光ってきれいでした。

今回は、子供たちは仕事が忙しくていけませんでした。これから、2人の旅が多くなるでしょうね。せいぜい仲良くしなくっちゃね。

|

« 夫の料理 | トップページ | 「ピカソ展」・「歩いても歩いても」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あら、又旅に出てたんですね。
いつでも間を見てお出かけ出来るのは自営業の特権かしら^^

安曇野、1枚目の写真の後姿はご主人?
スマートな長身のお方だわ。
東京からだと何時間で長野まで?

西に住んでる私には全く縁の無い土地です。
やっぱりこっちだと中国四国近畿、九州方面かしらね~
名古屋も縁が無いわ。伊勢までね^^

さぁ、今度は京都が待ってるわね。
それにしても宿泊施設の予約よく取れたこと・・・
この時期満室なのにね。

投稿: りゅう | 2008年11月 8日 (土) 09時37分

ああ、読んでいたら「新ソバ」が食べたくなった。
安曇野はいいですね。大学の受験勉強で、夏休みに
信濃大町のお寺で勉強したことがあります。
なんかひどく落ち着けるところでした。
美ヶ原も黒部ダムなんかも行きました。
でも、だいぶ様変わりしたようですね。

投稿: ripple | 2008年11月 8日 (土) 17時11分

☆りゅうさんへ

あ、写っているのは夫かしら?そんな気もします。でも、173センチですから長身でもないですよ。

長野まで、高速を使って、2時間半というところでしょうか。りゅうさんはやっぱり南の方が行きやすいですよね。私は、京都、南紀がいいところです。京都が近くてうらやましいわ。

予約はネットで、ずいぶん前にとりました。やっぱり自営だから、暇なときは出かけやすいけど、暇も困るんですよ。

☆rippleさんへ

お蕎麦、美味しいですよね。私はそばがきってものを食べたことがないので、今度食べてみたいです。

私も、学生の時、栂池の学生村によく行きました。勉強するつもりで行っても、泊まり合わせた学生とハイキングしたり、トランプに夢中になったり、結局あまり勉強しなかったんですけどね。今は学生村って聞きませんね。

投稿: めろん | 2008年11月 9日 (日) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/43015153

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野へ:

« 夫の料理 | トップページ | 「ピカソ展」・「歩いても歩いても」 »