« 村上春樹さん ガザ攻撃批判 | トップページ | 鎌倉へ »

「最悪」 「対岸の彼女」

最近読んだ本の中からの2冊です。

Photo

奥田英郎著「最悪」は、鉄工所を経営する中年の気弱な男の川谷、銀行OLのみどり、パチンコで何とか生活している21歳の和也の3人に降りかかるそれこそ最悪な、出来事の嵐を面白おかしく書いているが、ちょっと身につまされる。

川谷は不況の中、仕事に追われつつ喘ぐような生活の中、仕事の受注もとの担当者に勧められ、高価な機械を入れて仕事を拡大するという、彼にとって初めての冒険をしようと決意する。それには大金を銀行から借り入れなくてはならない。しかし、そんな川谷に頭の痛いことが起きる。工場の騒音について、近隣のマンションの住人から抗議を受けるのだ。

みどりは版を押したような銀行業務にうんざりしているが、ほのかな好意を寄せるエリート行員と親友がホテルに入るのを見てしまう。そして、いやいや参加した支店ぐるみのバーべキューの夜、こともあろうに支店長からセクハラを受け・・・

和也はパチンコ屋で知り合ったチンピラと組んで、深夜の倉庫に盗みに入るが、使ったやくざの車が目撃されていた。やくざにリンチされ、大金を要求されて、更に犯罪を重ねるのだが。

3人ともやることなす事自分を追い詰める最悪な結果を手繰り寄せ、それぞれの人生が交錯したとき、追い詰められた彼らはどうなるのか?

と言ったようなお話で、奥田さんらしいスピーディな展開で、ついつい読んでしまいます。ありそうで、それはないでしょうという感じ。この3人を含めて、登場人物がまた、いかにもいそうな感じ。ちょっと深刻なコメディとでもいうのかな。この3人の中では川谷が一番かわいそう。今の不況の中、こんな町工場の経営者居るかも、と思ってしまいました。

Photo

これは角田光代著「対岸の彼女」。いつも読んでいるブログの中で紹介されていたので読んでみましたが、面白かった。

幼い娘と公園めぐりをしている主婦、小夜子は友達を作れない娘に悩んでいた。それは、元々周囲に溶け込むことが苦手な自分自身に対する悩みでもあった。そんな彼女が、仕事をすることを決意し、やっと見つけた会社の社長は小夜子と同い年で同窓の女性だった。仕事は、会社が新しく立ち上げる家庭向けの清掃業だったが、きつい仕事の中にやりがいを見つけていく小夜子、そして自分とは対照的な社長、葵にあこがれとも友情ともつかない気持ちが膨らんでいく。

葵には、少女時代いじめられたことがあり、そのために引っ越しまでして入学した学校でできた親友との、忘れられない友情と、世間をにぎわすことになってしまった過去があった。

小夜子と葵の今と、葵の少女時代が並行して語られるのだけれど、どちらにも共感できる部分があって、胸がちくちくする感じでした。この本を紹介してあったブログでは、この本は「生きにくさ」が、良く書かれている、とありました。男性のブログです。男性が読むと、そういう感じなのかな、と思いました。私には、これは「女性の生きにくさ」が書いてあって、だから共感できるのだと思いました。勿論、女性も人間だから同じことかもしれないけれど。

|

« 村上春樹さん ガザ攻撃批判 | トップページ | 鎌倉へ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「最悪」読みましたよ。
なんかムカムカして最悪でしたけど、
あの男の子を助けるシーン(ありましたよね!?)あたり、じ~んとしました。
企業は本当に利益のことしか考えてないんですよね。
苦情が来るのわかっているのに、そんなところに住宅を建てるなんて。
なんか弱者の方が人間らしくて、人間らしいのに虐げられているんですよね。
なんか悲しい世の中です。

投稿: fumika | 2009年2月26日 (木) 00時58分

角田さんは、以前NHKの課外授業に出演していたのを見てから好感を持っていますが、本は読んでいません。「対岸の彼女」、読んでみますね。

話は変わりますが、大沢あかねが劇団ひとりと婚約しましたね。ほほえましい限りです。その大沢あかねは西村京太郎の大ファン。それでファンクラブに入ろうとしたが一人では心細いので、若槻千夏を誘ったら「超いいじゃん」と言われ、若槻が手続きをしてくれたそうです。その後、彼女から大沢あかねに電話がありました。「ところで、西村京太郎ってだれ?」(^-^)

投稿: ripple | 2009年2月27日 (金) 09時35分

☆fumikaさんへ

ほんと、読んでるとむかむかしてくるけど、ついよんでしまいますよね。
弱いものにこれでもかと最悪な出来事・・
あの、騒音に抗議してくるエリート風の男性、すごくむかつきます。慇懃無礼っていうか、ああいう人いそうですね。

☆rippleさんへ

おかしいですね。ノリでホイホイやって、ところで何?って。今の若者らしいのかな。大沢さんも、良くは知りませんが、母ひとり子一人で、なんか苦労しているみたいですね。
以前、大沢親分が旅番組に出ていて、すき焼きを食べるシーンで、卵をどうするか分からなくて、鍋に入れてて、えー?と思いました。すき焼き食べたことなかったのかな?それとも、生卵つけて食べるのは関東だけなのかな。

投稿: めろん | 2009年2月28日 (土) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/44178811

この記事へのトラックバック一覧です: 「最悪」 「対岸の彼女」:

« 村上春樹さん ガザ攻撃批判 | トップページ | 鎌倉へ »