« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

「悼む人」

Photo_3

天童荒太著「悼む人」を読みました。

知ることができた死者を、どのような死であったかを問わずに、彼独自の方法で悼む旅を続ける静人。彼を愛し、家庭に戻ることを願う家族・・彼の母は末期のがんを患っている。数奇な運命で夫を殺した女は、出所して引き寄せられるようにして戻った現場で、彼に出会う。そして、人の心を信じることができず、興味本位の記事を書くことを生業とした雑誌記者も、偶然静人に出会い、馬鹿にしながらも心惹かれる。

なぜ、彼はこのような事をしているのか?こんな事をして意味があるのか?本の中の人々と同じように私もこの思いにとらわれました。自分は病気なのです、と言う彼も、自分のしている事をうまく説明できないのです。彼の子供のころの出来事や親友の死が背中を押しているのは事実なのでしょうが、彼は、理由よりもそうしないではいられないとしか言いようがありません。

読んでいる時も、何か不安な気持ちや違和感をぬぐえませんでした。でも、読み進めているうちに、少しずつ彼の姿がイメージされ、気持が寄り添うような気がしてきました。

雑誌記者が、自分の死に瀕して、心底静人を求める気持ちになったところで、腑に落ちた感じがして、涙が出ました。

普段、私たちは死のことを考えないようにして生きていますよね。いずれ死ぬのは自明のことなのに、いつ死ぬのかも分からないのに、自分の死に備えようともしないで。そして、他人の死も、どんなに悲しくても記憶は薄れていきます。そうしなければ、生きていけないでしょう。

これを読んで、私は子供のころを思い出しました。小学生だったと思いますが、テレビのニュースで、交通事故で人が亡くなったことを知り、ふと、人が死んだのに何も感じない自分はひどい人間ではないだろうかと思ったのをはっきり覚えています。でも、すべての死を心から悲しんでいたら、生きていけないと、子供なりに解決をつけたんだったように思います。

ありえないけれど、静人のような人がいたら、気が休まるのではないかと思いました。けれど、死とは何なのか、当たり前ですが、やはり分からないままです。それは自分で考えなさいと作者は言っているのでしょう。

少し前に、「送り人」も読みました。映画で話題になった、納棺師の物語です。このなかでの、「納棺」という儀式も、ある意味、人を悼む行為でした。そして、この二つの本は、人の死は個々ですべて違うということを提示しているとも思いました。同じ生がないように、同じ死もないし、それはどんな人生を送った人でも悼まれるべきものなのかも知れません。はっきり言い切ることができないのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さよなら、マイケル・・・

ショックでした。家中マイケル大好きだった・・・

最近のマイケルは痛々しかったけど、若いころははつらつとして、明るくて、あの素晴らしい歌声とダンスを見せてくれた。

子供が小さい頃、スリラーやムーンウォークのビデオを何回も何回も一緒にみました。見始めると画面にくぎ付けで。

彼に何があったのかは分からないけど、辛いこともたくさんあったのでしょうね。とても悲しい。ただ一言ありがとうと言いたいです。

先日は忌野清志郎さんも亡くなって、ファンだった私は悲しかった。彼は同世代で、青春の思い出と重なっていた。あの派手なメイクと普段の恥ずかしがり屋のような、照れ屋のような、少年のような感じとのギャップがまたよかったな。

いろんな好きな人が亡くなっていく。寂しいけれど、年を取るってそういうことなのかな。

ご冥福をお祈りします。

さて、ガラッと変わりますが、最近夫が料理にはまりつつある様子。先週と今週、土曜の夜は、特製イタリアンを作ってくれました。もともと美味しいものが好きなので、自分で作ってみようと思ったみたい。

002

ボンゴレ・ビアンコ、イカのワタ焼き、鯵とセロリのお刺身サラダ、金目鯛の網焼き・青シソと黒ゴマのソース。ちょっと盛り付けがもう少しだけど、とっても美味しかったですよ。ワインが進んでしまいました。

作ってもらって食べるのって主婦にとっては最高ですね。変になれてないので、レシピ通りきっちり作るので、ちゃんとした味がします。人に食べさせてもいい位。私だと、いい加減で、きちんと量らないし、自分流にやってしまうから、なんかいまいちってこともあります。

そう遠くない日に2人暮らしになるでしょうが、ちょっと楽しみになってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

爽やかな軽井沢と古都金沢へ

先週の週末、夫と行ってきました。車で行ったのですが、うちはETCをつけてません。あれ、不公平ですよね。ETC車だけってなぜ?平日のトラックなんか、適用されないし。また、天下りのお役人の為かと思うと、不愉快でつけてなかった。でも、割引は大きいので仕方ないからつけようと思ったら、どこも品切れ。なんでしょ。それはともかく出かけました。

2009613_004

まず、軽井沢の野鳥の森へ。ここ、前日のテレビで偶然見たんです。これは入り口にある、ビジターセンター。ここで頼むとガイドもしてもらえるらしく、あとで、頼めばよかったと、後悔。だって、慣れないせいか、ほとんど野鳥を見つけられなったから。

2009613_007

森の中はこんな感じ。爽やかな散策ができましたが、さえずりはあちこちで聞こえるのですが、野鳥の姿はあまり見えず、残念でした。

2009613_012

木に、沢山泡のようなものが。夫によると、モリアオガエルの卵ですって。

このあと、駅の近くの西武のアウトレットでお買いもの。夫は欲しかったサマースーツが格安で買えて喜んでいました。私も、カットソーなど2点買いました。洋服沢山あるんだけど、安いとつい買いたくなる・・・

2009613_017

軽井沢で止まったホテル。スペイン風で、どうもアルハンブラをイメージしているらしい。まねっこのライオンの像なんかもあったりして。フロントの人に買い物の時に聞いたら、「おわかりですか?」って嬉しそうだった。

もちろん、アルハンブラにしては安っぽいけど、食事は美味しかった。従業員も一生懸命で感じ良かったし。これって大事でしょう?若いカップルがたくさん泊まっているようでした。

実はここ、娘に教えてもらった「トクー」というサイトで、予約してすごく安く泊まれたんです。直前だとすごく安くてお得です。

2009613_019

次の日の朝、「軽井沢タリアセン」へ。「湖畔に広がる自然と文化とミュージアム」ということでしたが、とってもいいところでした。湖の周りに、レストランやバラ園、ペイネ美術館、朝吹登美子さんの別荘、道路をはさんで、文人のいくつかの山荘などがあり、見どころも沢山でした。

2009613_026

ペイネ美術館。帝国ホテルを設計した(今も一部が明治村で見られます)ライトのスタッフだったアントニオ・レーモンドが設計してアトリエとして使っていたところで、建物も一見の価値があります。手前にペイネの恋人たちの絵が飾ってあります。私が子供のころは、ペイネの絵はよくみましたが、最近はあまり見ませんね。若い人は知らないのかなぁ。ほのぼのする絵ですね。

2009613_029

睡鳩荘・朝吹登美子さんの実家の別荘でした。日本のセレブの生活が垣間見られます。朝吹さんはサガンの翻訳で有名ですね。確かサガンとも交友があったように記憶しています。あこがれの世界ですね。

2009613_031

野上弥生子の書斎。野上はここで高浜虚子と月を眺めながら、「ホトトギス」の話に興じたそうです。堀辰夫の山荘、有島武郎の別荘などもありました。

2009613_037

イングリッシュローズガーデンのバラ。

美しいタリアセンに別れを告げて、金沢方面へ。

2009613_042

小諸の懐古園。小諸城址を公園にしてあって、動物園もありました。ここは城下町よりも低い「穴城」で、全国的にも珍しいとのこと。

2009613_044

懐古園の中でやっていた草笛の会。右側に映っている方が演奏中。どうして一枚の草の葉からあんなに美しい音色が出るんでしょう。観客から盛んな拍手。ほのぼのした集まりですね。

2009613_052

途中、須坂で「豪商の館・田中本家」を見て、(内部が展示場になっていて、着物の展示をやっていたけれど、生活の様子は見られず、つまらなかった。)小布施の「北斎館」へ。北斎は日本の誇る天才だと思っているんですが、やはりいいですね。美術館は小振りですが。当然、栗のお土産も買いました。時間が迫ってきたので急いで金沢へ向かいました。8時までに食事に行ってくれと言われていたのですが、ついたのが7時半、ギリギリでした。

翌日、ホテルが金沢城址公園の前だったので、ちょっと散策。ここでは沢山の小鳥が見られました。お散歩やジョギングに最適。そして、兼六園へ。

2009613_055

やっぱり素晴らしい庭園ですね。

2009613_056

すごい松!

2009613_058

兼六園の中の成巽閣(せいそんかく)、加賀前田家の奥方の御殿です。1階は書院造、2階は数寄屋風書院造で、女性のためらしく優美な作りでした。

そして、すぐ近くの金沢21世紀美術館へ。前から見たかったんです。ずいぶん話題になっていたから知っている方も多いでしょうね。

2009613_060

外観です。ここにも小鳥が。

2009613_061

内部。ガラスの曲面が美しい。外部との一体感があって、モダンな中にも日本的な感じもしました。ここの設計者の妹島さんは、私の後輩なんです。まぁ、月とすっぽんですけどね。

2009613_065

そのあと立ち寄った武家屋敷跡。中は見られませんが、土塀の街並みが保存されています。ここで、ひっそりとしたアクセサリーのお店を見つけて3点ほど購入。気に入れば娘にも、と思ったんですが、「いいです」と言われてしまった・・・

2009613_067

2009613_070

うだつ山の菖蒲園。菖蒲とあやめとカキツバタの違いがわからなったんですが、ある記事によると、菖蒲とあやめは花に網目があり、菖蒲は他より一回り大きいんですって。きれいでした。ちょうど盛りだったんじゃないかな。

金沢を後にして、五箇山へ。

2009613_072

相倉合掌造り集落。 少しのぼって、ヴューポイントから全景を望む。

2009613_076

白川郷より規模は小さいけれど、観光客も少なくてひなびた、のどかな感じ。夫は白川郷よりいいと、いたく気に入っていました。火事に弱いので、あちこちに消防用の放水設備がありました。メンテのために一斉に放水するのが壮観なんだそうです。夫はテレビで見たらしい。民宿も何軒かあって、一度泊まってみたいなと思いました。ここでは、違う時間が流れていそうで。

さて、ここからは山の中を松本へ向かい、松本から高速で帰宅しました。結構、充実したいい旅でした。やっぱり旅はいいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

初恋の人からの手紙

めろん、元気?
今でも玉の輿に乗る夢を追いかけていますか?「私は勝ち組になる」って毎日言っていためろんをなつかしく思います。

めろんが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、もう43年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらめろんからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、ひどい恋愛をしていたなぁと思います。基本的にモテたし人気者だっためろんに対し、おれは地味で日陰の存在だったから、いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」と勇気付けながら、だんだんと距離を置いていっためろんが今でも忘れられません。

確かあのとき、めろんにとってはおれが初彼氏だったかな?そうだったからか、最初のころのめろんは自信なさげでしたね。「私左側を歩いたほうがいい?」「手より腕を掴んだほうがいい?」とか聞いてきて、少し面倒でした(笑)

付き合い始めのころ、めろんは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。

全体的に言えば、おれはめろんと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なめろんに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。

いろいろ書いたけど、おれはめろんが大好きでした。これからもめろんらしさを大切に、そろそろサインペンでアイライン描くのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

☆☆☆☆☆

以上のような手紙がきました、というのは勿論嘘です。

どこかのブログで、こんなサイトが紹介されていたので、やってみたら、こんな手紙が・・・

恋愛に関しての診断もあって、これが結構当たっているかも。

「初恋の人からの手紙」 ここです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »