« 爽やかな軽井沢と古都金沢へ | トップページ | 「悼む人」 »

さよなら、マイケル・・・

ショックでした。家中マイケル大好きだった・・・

最近のマイケルは痛々しかったけど、若いころははつらつとして、明るくて、あの素晴らしい歌声とダンスを見せてくれた。

子供が小さい頃、スリラーやムーンウォークのビデオを何回も何回も一緒にみました。見始めると画面にくぎ付けで。

彼に何があったのかは分からないけど、辛いこともたくさんあったのでしょうね。とても悲しい。ただ一言ありがとうと言いたいです。

先日は忌野清志郎さんも亡くなって、ファンだった私は悲しかった。彼は同世代で、青春の思い出と重なっていた。あの派手なメイクと普段の恥ずかしがり屋のような、照れ屋のような、少年のような感じとのギャップがまたよかったな。

いろんな好きな人が亡くなっていく。寂しいけれど、年を取るってそういうことなのかな。

ご冥福をお祈りします。

さて、ガラッと変わりますが、最近夫が料理にはまりつつある様子。先週と今週、土曜の夜は、特製イタリアンを作ってくれました。もともと美味しいものが好きなので、自分で作ってみようと思ったみたい。

002

ボンゴレ・ビアンコ、イカのワタ焼き、鯵とセロリのお刺身サラダ、金目鯛の網焼き・青シソと黒ゴマのソース。ちょっと盛り付けがもう少しだけど、とっても美味しかったですよ。ワインが進んでしまいました。

作ってもらって食べるのって主婦にとっては最高ですね。変になれてないので、レシピ通りきっちり作るので、ちゃんとした味がします。人に食べさせてもいい位。私だと、いい加減で、きちんと量らないし、自分流にやってしまうから、なんかいまいちってこともあります。

そう遠くない日に2人暮らしになるでしょうが、ちょっと楽しみになってきました。

|

« 爽やかな軽井沢と古都金沢へ | トップページ | 「悼む人」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夫婦二人の暮らし、私にも近いうちに来るんでしょうね~
でも楽しみだなんて思えない^^;
いや、長女は一生一緒かも・・・

自営さんは70歳過ぎてもバリバリ仕事でバランスとれるでしょうけど
我々は日中も一緒じゃ楽しめないわね(><)
旦那一人にずっと働かせて申し訳ない人生おくらせたかも。
って、最近前向きに考えられないの~

男の料理は予算も考えないし、結構旨いのよね^^
何品も一度に作れるなんて それは凄いよ!

投稿: りゅう | 2009年6月29日 (月) 11時40分

こんばんは~ 
ご主人のイタリアン料理 ほんとにおいしそう
いいな~ めちゃ うらやましいです。
イタリア料理って 面倒じゃない?いろんな
香辛料そろえないといけない? ご主人に
指南してもらおうかな?(笑) 


投稿: ヒロリン | 2009年6月29日 (月) 22時04分

こんばんは。
音楽は親の影響を少なからず受けますよね。
歌もそうですが、やはりダンスや映像は見ごたえがありました。
折角のコンサートを控えていたのに、本人も心残りだと思います。

そして、
優しい旦那様ですね~。とっても美味しそうです。
お嬢さんはお料理は得意なのですか?
私も最近、お料理をたま~にしますが、
調味料はきっちり量らないと不安です。
めろんさんのように、ベテラン主婦になれば、
自分流に加減ができるのかもしれませんが、
今は母にも適当でいいのよ~などと言われながらやっています。
自分で料理をするようになって変ったことは、
嫌いな食材も食べれるようになったことです。
えらいぞ、私。

投稿: fumika | 2009年6月30日 (火) 00時24分

☆りゅうさんへ

自営って言っても、お店をやってるとかではないので、仕事がなければ、しようがないの。
今度の仕事が終わったら、リタイアしようかななんて言ってるの。事務所や所員の経費もばかにならないし、仕事がない時は出ていくばかり。
大変なのよ。サラリーマンがうらやましい・・・

そう、材料は贅沢。でも外食に比べれば安いよね。特にワインが外だと高いでしょ。

これだけ作るのに、2~3時間かかってました。私には無理。

☆ヒロリンさんへ

わぁ~、来てくれたんだ。嬉しいな。
あすけんの事もそのうち、(もうちょっと成功してから)書こうと思ってるんだけど、早く書ける状態になりたいわ。

イタリアン、基本的にオリーブオイルとにんにく。
あとは、料理によってだけど、そんなに香辛料は使わないみたい。以外にシンプルで、良かったのかな。見た本が「基本のイタリアン」っていう本だったからかも。

☆fumikaさんへ

マイケルにダンスは欠かせないですね。
もう、見られないのが悲しい。

fumikaさんもお料理よくなさってますね。いつも美味しそうですよ。この前のリゾット、簡単で、ぜひ作ろうと思ってました。

娘は大学の時はよく手伝ってくれたり、私の誕生日には、1日がかりで、ピザやらケーキやら作ってくれたりしたんですが、社会人になってから、さっぱり。仕事でいっぱいいっぱいみたい。
彼のところでは、作ってあげるんじゃなくて、2人で作ったりするみたいだけど。
今の若い男性って優しいですね。
fumikaさんの彼はどうかな?

投稿: めろん | 2009年6月30日 (火) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/45471349

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、マイケル・・・:

« 爽やかな軽井沢と古都金沢へ | トップページ | 「悼む人」 »