« 初恋の人からの手紙 | トップページ | さよなら、マイケル・・・ »

爽やかな軽井沢と古都金沢へ

先週の週末、夫と行ってきました。車で行ったのですが、うちはETCをつけてません。あれ、不公平ですよね。ETC車だけってなぜ?平日のトラックなんか、適用されないし。また、天下りのお役人の為かと思うと、不愉快でつけてなかった。でも、割引は大きいので仕方ないからつけようと思ったら、どこも品切れ。なんでしょ。それはともかく出かけました。

2009613_004

まず、軽井沢の野鳥の森へ。ここ、前日のテレビで偶然見たんです。これは入り口にある、ビジターセンター。ここで頼むとガイドもしてもらえるらしく、あとで、頼めばよかったと、後悔。だって、慣れないせいか、ほとんど野鳥を見つけられなったから。

2009613_007

森の中はこんな感じ。爽やかな散策ができましたが、さえずりはあちこちで聞こえるのですが、野鳥の姿はあまり見えず、残念でした。

2009613_012

木に、沢山泡のようなものが。夫によると、モリアオガエルの卵ですって。

このあと、駅の近くの西武のアウトレットでお買いもの。夫は欲しかったサマースーツが格安で買えて喜んでいました。私も、カットソーなど2点買いました。洋服沢山あるんだけど、安いとつい買いたくなる・・・

2009613_017

軽井沢で止まったホテル。スペイン風で、どうもアルハンブラをイメージしているらしい。まねっこのライオンの像なんかもあったりして。フロントの人に買い物の時に聞いたら、「おわかりですか?」って嬉しそうだった。

もちろん、アルハンブラにしては安っぽいけど、食事は美味しかった。従業員も一生懸命で感じ良かったし。これって大事でしょう?若いカップルがたくさん泊まっているようでした。

実はここ、娘に教えてもらった「トクー」というサイトで、予約してすごく安く泊まれたんです。直前だとすごく安くてお得です。

2009613_019

次の日の朝、「軽井沢タリアセン」へ。「湖畔に広がる自然と文化とミュージアム」ということでしたが、とってもいいところでした。湖の周りに、レストランやバラ園、ペイネ美術館、朝吹登美子さんの別荘、道路をはさんで、文人のいくつかの山荘などがあり、見どころも沢山でした。

2009613_026

ペイネ美術館。帝国ホテルを設計した(今も一部が明治村で見られます)ライトのスタッフだったアントニオ・レーモンドが設計してアトリエとして使っていたところで、建物も一見の価値があります。手前にペイネの恋人たちの絵が飾ってあります。私が子供のころは、ペイネの絵はよくみましたが、最近はあまり見ませんね。若い人は知らないのかなぁ。ほのぼのする絵ですね。

2009613_029

睡鳩荘・朝吹登美子さんの実家の別荘でした。日本のセレブの生活が垣間見られます。朝吹さんはサガンの翻訳で有名ですね。確かサガンとも交友があったように記憶しています。あこがれの世界ですね。

2009613_031

野上弥生子の書斎。野上はここで高浜虚子と月を眺めながら、「ホトトギス」の話に興じたそうです。堀辰夫の山荘、有島武郎の別荘などもありました。

2009613_037

イングリッシュローズガーデンのバラ。

美しいタリアセンに別れを告げて、金沢方面へ。

2009613_042

小諸の懐古園。小諸城址を公園にしてあって、動物園もありました。ここは城下町よりも低い「穴城」で、全国的にも珍しいとのこと。

2009613_044

懐古園の中でやっていた草笛の会。右側に映っている方が演奏中。どうして一枚の草の葉からあんなに美しい音色が出るんでしょう。観客から盛んな拍手。ほのぼのした集まりですね。

2009613_052

途中、須坂で「豪商の館・田中本家」を見て、(内部が展示場になっていて、着物の展示をやっていたけれど、生活の様子は見られず、つまらなかった。)小布施の「北斎館」へ。北斎は日本の誇る天才だと思っているんですが、やはりいいですね。美術館は小振りですが。当然、栗のお土産も買いました。時間が迫ってきたので急いで金沢へ向かいました。8時までに食事に行ってくれと言われていたのですが、ついたのが7時半、ギリギリでした。

翌日、ホテルが金沢城址公園の前だったので、ちょっと散策。ここでは沢山の小鳥が見られました。お散歩やジョギングに最適。そして、兼六園へ。

2009613_055

やっぱり素晴らしい庭園ですね。

2009613_056

すごい松!

2009613_058

兼六園の中の成巽閣(せいそんかく)、加賀前田家の奥方の御殿です。1階は書院造、2階は数寄屋風書院造で、女性のためらしく優美な作りでした。

そして、すぐ近くの金沢21世紀美術館へ。前から見たかったんです。ずいぶん話題になっていたから知っている方も多いでしょうね。

2009613_060

外観です。ここにも小鳥が。

2009613_061

内部。ガラスの曲面が美しい。外部との一体感があって、モダンな中にも日本的な感じもしました。ここの設計者の妹島さんは、私の後輩なんです。まぁ、月とすっぽんですけどね。

2009613_065

そのあと立ち寄った武家屋敷跡。中は見られませんが、土塀の街並みが保存されています。ここで、ひっそりとしたアクセサリーのお店を見つけて3点ほど購入。気に入れば娘にも、と思ったんですが、「いいです」と言われてしまった・・・

2009613_067

2009613_070

うだつ山の菖蒲園。菖蒲とあやめとカキツバタの違いがわからなったんですが、ある記事によると、菖蒲とあやめは花に網目があり、菖蒲は他より一回り大きいんですって。きれいでした。ちょうど盛りだったんじゃないかな。

金沢を後にして、五箇山へ。

2009613_072

相倉合掌造り集落。 少しのぼって、ヴューポイントから全景を望む。

2009613_076

白川郷より規模は小さいけれど、観光客も少なくてひなびた、のどかな感じ。夫は白川郷よりいいと、いたく気に入っていました。火事に弱いので、あちこちに消防用の放水設備がありました。メンテのために一斉に放水するのが壮観なんだそうです。夫はテレビで見たらしい。民宿も何軒かあって、一度泊まってみたいなと思いました。ここでは、違う時間が流れていそうで。

さて、ここからは山の中を松本へ向かい、松本から高速で帰宅しました。結構、充実したいい旅でした。やっぱり旅はいいですね。

|

« 初恋の人からの手紙 | トップページ | さよなら、マイケル・・・ »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

めろんちゃんご夫婦って価値観から趣味まで似てらっしゃるのね。
いつもご一緒に旅やら・・・
建造物、絵画、多趣味で詳しくて。
私なんてさっぱりよ~

休日は殆んどお出かけ?
こういう計画は旦那様が?
我が家と全然違う、羨ましい限りよ。

ETCは娘の車以外は購入時にオプションで付けてます。
何でも最初に付けないと後からじゃ面倒だしね^^;
一人に一台いる地方はこれだけでも貧乏よ。
年間の維持費が勿体無いです。
それに買い替え時期も来るしね。

不公平な制度、いっぱいあるわ。

投稿: りゅう | 2009年6月23日 (火) 11時28分

素敵な休暇でしたね。
結構暑い日が続いていたりしていたのに、
観光客で溢れかえってる風でもないし、
とても快適な日々を過ごされたようでよかったですね。

>相倉合掌造り集落
なんだか趣があっていいですね。
住むとなると、…かもしれないけれど、
とても長閑でホッとする場所ですね。

海外旅行もいいですけど、
日本も素敵なところが沢山ありますね。

投稿: fumika | 2009年6月25日 (木) 23時36分

☆りゅうさんへ

う~ん、気は合う方だと思っています。旦那と旅行なんていやって言う人もいるから。でも、友達との旅行もまた違って楽しいですけどね。

一人1台じゃ大変ですね。お金かかるでしょうね。どんだけ~、って感じ。東京では、車を持たない方も増えているらしいです。節約になるし、歩くので健康にもいい。地方ではそうもいかないですものね。

☆fumikaさんへ

気候も良かったし、梅雨のせいか混んでなくって、いい旅ができました。軽井沢は夏の混んでいる時しか行ったことがなかったので、今回は見直しました。fumikaさんの所からは遠いけど、もし行くことがあったら、タリアセン、お勧めです。

相倉も、ほんとにのどかで、タイムスリップしたみたい。

探せば、いろいろいいところがありますね。

投稿: めろん | 2009年6月27日 (土) 22時58分

パニック障害がだいぶよくなりましたが、長いことマイカーでの旅行はやめて、もっぱらツアーで行ってます。このあいだは善光寺ご開帳、乗鞍岳、上高地。去年は、軽井沢、白馬、西穂高、上高地。運転手つきで、すべておまかせなのでラクチンです。こんど個人で行ったら、ぜひ「軽井沢の野鳥の森」に行ってみましょう。

このあいだの定休日は車で鎌倉に行ってきました。少しずつ遠乗りを試しています。ぐうぜん、ジャカランダの花を見て感激です。(^-^)

鍼治療はよく効きますよ。がまんできなくなったら、ぜひ「陽気堂はり治療室」経お越しください。鍼が怖ければ、カウンターストレインという手技だけでもよく効きます。あっ、宣伝してしまった。

投稿: ripple | 2009年6月29日 (月) 12時23分

☆rippleさんへ

パニック障害・・・つらそうですね。
人は見た目では分からない、弱いところを持っていますね。私も鬱があります。今はおさまっていますが。上手に付き合っていかなくては、と思います。

ツァーは楽チンでいいですね。友達とはツァーです。もっぱら。自分で行くより安いですよね。

鎌倉は大好きです。また行ってみたいな。記事を参考にさせてもらいますね。

どうしても困ったらお世話になるかもしれません。rippleさんにお目にかかったら緊張しちゃうけど。もう少し近かったらいいんですけど。

投稿: めろん | 2009年6月30日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/45426402

この記事へのトラックバック一覧です: 爽やかな軽井沢と古都金沢へ:

« 初恋の人からの手紙 | トップページ | さよなら、マイケル・・・ »