« 爪 | トップページ | お人よしって言うか・・・ »

「のぼうの城」

Photo_2

和田竜著「のぼうの城」を読みました。時代ものはあまり読まないのですが、これは面白いという評判だったので。

太閤秀吉が天下を取ろうという頃、関東の覇者、北条氏を責めるにあたって、北条氏側の成田氏の城攻めを、石田三成に命ずる。実は成田氏は大敗を予期して、降伏を内通しているのであるが、今までこれと言った戦功のない三成に手柄を立てさせてやろうということだったのだが。

成田氏の城は、世にも珍しい、水に囲まれた浮城であった。城主が北条の小田原城に半数の兵をひきつれて参戦している留守を守るのは成田氏の弟の城代であるが、かつてのつわものも、年老いて病身である。

そして、城代の息子がとんでもないボンクラで、何を考えているか分からない男である。武術などできない上に、百姓が好きで、いつも田圃をうろうろしている。農作業を手伝おうとすれば、邪魔になるだけで、百姓たちにも迷惑がられる始末。しかし、なぜか憎めないこの男を農民たちは「のぼう様」と呼んで親しんでもいた。のぼう、とはでくのぼうのことである。

この、忍城の兵は500、それに対して、三成の兵は2万を越えていた。じわじわと大軍に取り巻かれた城の中では、城主からの指令もあり、開城するしかないと思われたのだが・・・

ここからは成田の重臣たちの思惑や、三成軍との駆け引き、そしてなんと「のぼう様」こと長親の言葉によってはじまった戦など、次々と意外な展開が続くのですが、面白かったです!

丹波守をはじめとする成田の武将達や、三成とその周辺の武将、それぞれのキャラが鮮やかで、特にのぼう様・長親の正体は最後まで、大物なのかでくのぼうなのか煙に巻かれます。

大体の人物が、武士らしく儀を重んじ、勇猛でかつさわやかです。特に丹波守は、冷静でまた熱い心をもっており、ものすごく強いんです。格好良かった!

こんなに読後感のいい戦国ものも少ないんじゃないでしょうか。これは史実に基づいているというのも驚きです。勿論、多くの記録から、作者がこの魅力的な物語を紡いだんでしょうが。

ちっとも、この本の魅力を伝えられなくて、もどかしいんですが、私の中では、時代ものの中でナンバーワンですね。お勧めします。

|

« 爪 | トップページ | お人よしって言うか・・・ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/45595621

この記事へのトラックバック一覧です: 「のぼうの城」:

« 爪 | トップページ | お人よしって言うか・・・ »