« 母の入院・手術 | トップページ | 再び稲取へ »

ひとり立ち

先週の日曜、息子が引っ越しました。26才にして、初めて親元を離れての一人暮らしをはじめたんです。彼のためにはいい事だと思うけれど、さびしい気持ちもあります。と言うか結構さびしいです。子離れができないもので。だから、私のためにもいい事なのかも知れませんね。息子は、私のそんな気持ちをわかっているので、「お母さん、外国に行くわけじゃないからね。時々帰ってくるからね。」と、慰めてくれました。

引越しといっても、家具や家電は後でそろえると言うことで、衣類や身の回りの物だけ、友達に手伝ってもらって、うちの車で運びました。車を返しにきたので、みんなで又送りに言って、部屋を見てきました。6畳一間にキッチンとバスユニットの狭い部屋です。でも、まだ物が少ないせいか、思ったより広く感じました。10階なので見晴らしはよくて、夜景がきれいでした。駅前3分なので、コンビニや食べ物やはたくさんあって便利そう。会社には家より、片道2~30分しか近くないけれど、気に入った街に住みたかったらしいです。

引っ越してすぐ、お湯が出なくてお風呂に入れないとメールが来て、帰ってきて、次の日は携帯をうちに忘れていって、又帰ってきたり、日曜には物を取りに来たりして、まだあまり、引っ越したという実感がわきません。普段から、帰りが遅くてあまり話す時間もなかったし。

友達に、このことを話すと、反応が人によってずいぶん違います。「どうして出て行くの?」と言う人もいるし、「あらおめでとう、よかったわね」という人もいます。この人は、「でも、淋しいのよ。」というと、「え~、何で?当たり前のことじゃない。私なんか、子供が出て行ったときは、万歳!と思ったわよ。」ですって。でも、子供にとってはいいことじゃない、というのは皆の大勢の意見でした。

息子は家事が全然できないし、特に食べることが心配です。帰りも遅いし、外食ばかりになって、栄養のバランスが悪くなるんじゃないかと思って。皆は、「一人になれば、できるようになるわよ」といいますが、そう思うよりしょうがないですね。

今まで、深夜に帰る息子を待っていて食事の用意をしていたのですが、これからは、早く寝られそうです。まだ、夜にだらだらする癖がついてしまって、だめなんですが、なるべく、早ね早起きにして、健康的な生活をしようかなと思っています。寝る前にお酒を飲んだり、何かつまんだりしなければダイエットにもいいかな。

|

« 母の入院・手術 | トップページ | 再び稲取へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとに、ほんとにお久しぶりです。ときどきおじゃまして読ませていただいていたんだけどなかなかコメントできなくて・・・・
息子さんの旅立ち、おめでとう。子供を出してしまった先輩としていえることは、寂しさもすぐに慣れますよってことかな。我が家も出たり入ったりいろいろありましたが、今は夫婦二人の生活です。めろんさんのおたくのように夫婦仲良しなら夫婦の新しい生活が楽しめるかもしれませんよ。それに、思うのに家を出たといっても、私もめろんさんも、近くですぐに帰ってこられるところでしょ。これは、ラッキーなことです。うちも、ウイークデーは二人の生活、土日は誰かが帰ってきてちょっとにぎやかになります。それも変化があって楽しいものです。
書き出したら、書きたいことがいっぱいでてきたわ。ゆっくりお話したい気持ちだわ。りゅうさんも相変わらずブログ続けてらっしゃるわね。めろんさんとりゅうさんのブログだけは、忘れず読ませていただいてます。懐かしい昔の友達の近況を知らせてもらってるような気持ちでね。

投稿: ちまき | 2009年9月28日 (月) 11時31分

>まぁ、ちまきちゃんが、
 お久し振りです、めろんちゃんのブログで挨拶させて頂きます^^
 お元気そうで・・・
 たま~にでも近況など更新されても良いかなって思っちゃいます。
 懐かしい名前拝見できて今夜は嬉しい♪

 
めろんちゃん、寂しいでしょうね~
分かるわ。
ほんと、慣れます、ちまきちゃんのおっしゃる通り。
実家住まいのほうが経済的には絶対良いけど
一度は?独立してみるのも 特に男子の場合は良いかも。
めろんちゃんの生活自体、楽になるよ~
我が家は長女と2人、気楽にやってたけど次女が厚かましく昼夜問わずやって来るし、旦那の休暇が圧倒的に増えて逆に煩わしい、忙しくなりました。

色々ね~
寂しいのが幸せか、てんやわんやの暮らしが賑やかで良いのか・・・
私は経済的に心配ないなら静かに暮らしたいかも^^;

息子さん、応援します!
めろんちゃんもコレで良かったって思えるよ^^

投稿: りゅう | 2009年9月28日 (月) 21時09分

☆ちまきさんへ

わぁ!本当にお久しぶり。
お嬢さん、おめでとうね。
何かにつけ、ちまきさんのこと思い出していましたよ。そう、明神館行ったのよ。ちまきさんの言うとおり、とってもいいところだったわ。

夫婦2人の暮らしは、どんなかしら?
もう、ペースができたんでしょうね。
私も、息子が出てまだ日が浅いから、それによく帰ってきたり、メールしたりしてるから、あまり実感なくて。うちにいる時も、学生時代と違って忙しくてあまり家にいなかったしね。

ほんとに、あってゆっくりお話したいな。また、遊びに来てね。そして、又ブログ再開されたら嬉しいけど、気長に待ってますね。

☆りゅうさんへ

確かに、息子のためにはいい事だと思っています。
心なしか、少ししっかりしたような気もするし。

それにしても、りゅうさんやちまきさんとお知り合いになってもう4年くらいかしら、随分変化があったわねぇ。りゅうさんはチー坊ちゃんが生まれたし。
ちまきさんとこももうすぐかな?

そうね、夫婦のあり方も変わるのね。りゅうさんは今、変わり目で、まだ落ち着かないかも。
うちも、今の仕事が終わったら引退するらしいわ。
子供より手がかかるからねぇ。どうなる事やら。

あと4年たっても、みんなどうなってるのかな?
楽しみなような、怖いような、だわ。

投稿: めろん | 2009年9月30日 (水) 23時50分

はじめまして。

息子さんの独立、食事のことが気がかりでしょうね。私も同じ立場なので、お気持がよくわかります。

私もブログを始めました。みなさんのを読ませていただいているうちに、自分でもやってみたくなったので。本の感想とか日常のことなど書いています。猫がいるので、そのことも。

ブログを始めるのは簡単ですが、続けるのは大変ですね。「なんでこんなに厄介なことを始めたんだろう」と後悔するときもあります。

またお邪魔させてください。さようなら。

投稿: ちょこ | 2009年10月 7日 (水) 10時21分

☆ちょこさんへ

はじめまして。どうぞよろしくね。
ちょこさんのところも、お子さんが独立されたのね?子供のためには良いことだけど、やっぱり心配よね。特に男の子は。

ブログもはじめられたんですね。遊びに行きたいので、ブログ名か、URLを教えてもらえると、嬉しいんですが。

投稿: めろん | 2009年10月 7日 (水) 22時58分

お返事ありがとうございます。

独立したのは息子です。料理の手ほどきをしないまま送り出してしまったので、後悔しています。

ブログのご紹介をしたいのですが、やっぱり「恥ずかしい」という気持が強くて、できません。ごめんなさい。

私のブログは性格そのままの固い文章です。面白いのが書きたいのですが、難しくて。それにどう見ても「中学生レベル」の文章です。(でも、優秀な中学生ならもっといいものを書くでしょうね)

下手な文章しか書けないのに、なぜブログを始めるという身分不相応なことを始めたのか、と言いますと、「老化防止」です。それにもともと文章を書くのは趣味のひとつでしたし。

ブログ名を知っているのは、立ち上げを代行してくれた、息子(独立した)だけです。ほかの家族はブログを始めたのは知っていますが、名前は知りません。呆れているだけで、興味はないのです。

読者のいないブログは私の「秘密の花園」です。そこで過ごすのはいい息抜きです。

また、お邪魔させてください。さようなら。

投稿: ちょこ | 2009年10月 8日 (木) 10時25分

☆ちょこさんへ

そうですか。お宅も息子さんが独立されたのね。うちの息子も、料理できないので外食ばかりになるのではないかと・・でも、本人は頑張ってやってみる気らしく、一人暮らし向けの料理の本を買っていました。私は、小林カツ代さんの本を一冊持たせたんですが、彼が買ったのが、偶然ケンタロウさんの本だったんです。カツ代さんの息子さんですよね。普段は帰りが遅いので無理だと思うけど、休みにでも作ってみるかな。

ブログは、面白い記事を書こうと思ってしまうけど、あんまり頑張ると負担になりますね。私も、つい見栄をはってみたりしますが、あまり考えすぎないで、素直に書こうと思っています。

私も、家族に内緒にしようと思ったんですけど、しつこく聞かれて、つい言ってしまい家族が1番の読者かも。「お母さん、あんなこと書かない方がいいよ」とか、夫は「う~ん、そうだったんだ」なんて、いろいろ言われてます。おかげで、家族の愚痴はあまり書けないのが、残念です。

せっかく始めたんだから、気楽に続けていってね。

投稿: めろん | 2009年10月10日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/46308638

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり立ち:

« 母の入院・手術 | トップページ | 再び稲取へ »