« 上高地・扉温泉など | トップページ | ひとり立ち »

母の入院・手術

3年前から、義母の胆石の手術、母の心臓のステント手術、義母の脳出血の手術と、毎年続き、今年は無事に終わるかと思ったのに、又でした。

母はもう20年近く前から、右手の人差指の爪の部分が化膿したり治ったりを繰り返していたのですが、3か月ほど前から、ひどく痛み出して、皮膚科を受診したところ悪性の腫瘍、つまり癌になっていることが分かりました。

事前にあちこちの検査をし、転移の有無も確かめた上で、8日に入院し、9日に指先を切り落とす手術を受けました。幸い、無事に終わり、今日退院することができました。

助かったのは、母が落ち着いていて、事実を淡々と受け入れてくれたことです。義母の胆石の時は、大変な怖がりようで困りましたから。指を切るなんて、私だったらすごくショックだし、怖いと思うのですが、「仕方ないわ」と言っただけでした。94歳の貫禄と言ったところでしょうか。

手術の日は、3時以降と言われていたのですが、始まったのが5時半、終わったのが7時半でした。1時間くらいと聞いていたので少し心配しました。最初は全身麻酔という話だったのですが、高齢の為か局部麻酔に変更になりました。ドクターが3人がかりで2時間もかかったんです。時間がかかったせいか、母の話によると、もうすこしで傷口を縫い終わる頃麻酔が切れてきて痛かったそうです。術後家族に説明があって、切り落とした指先も見せられて、引きました。この頃は、入院時や手術前、後などに、いちいち家族に説明があるんですね。

病院では、医師もですが、看護師さんがとても頼りになりますね。皆さん、とても優しくて、行き届いていて、白衣の天使って感じです。

病室ははじめ、4人部屋で頼んだんです。2人では相手が変な人だといやだし、1人では寂しいかと思って。でも、入院して考えたら、母はトイレがすごく近くて、夜中も3回も行くんです。足も弱っているし、廊下を歩いてトイレに通うのはとても無理だと気がついて、個室に変えてもらいました。ちょうどあいていたので助かったんですが、何と1泊4万円もするんですよ。入院が短かったからまだよかったけれど。トイレとテレビがついていて少し広い位で、全然豪華な部屋じゃないのに、高いですねぇ。

術後の痛みを心配していたんですが、痛み止めが効いたのか、激痛とまではいかなくて済んだようで、翌日にはずいぶん楽になったようです。今日はもう、時々痛む程度だと言っていました。何しろ、退院にこぎつけて、ホッとしました。

あと、義姉が来てくれたので、手術を待つ間、いろいろ話ができました。仕事をしていてとても忙しい人なので、めったに、それも2人で話す機会がないので、貴重な時間でした。彼女も、私も母親には複雑な思いがあり、ときには腹が立つのですが、年老いた親をほっておくわけにはいかないという気持ちを持っていることが分かりました。こんな話、なかなかできないから、少し、義姉との距離が近くなった気がしました。

今日は、同窓会の見学会の下見の予定だったのですが、訳を話して、欠席しました。夜になって、支部長さんが電話をくれたのですが、もう一人、今日の朝お父様が倒れて、急きょ大阪に行ったとか、それぞれ年寄りを抱えている人がほとんどなので、皆さん明日は我が身と思われたとか。先日、友達と会った時も、親が入院中で危ないとか、認知症が出てきたとか、そんな話ばかりで、つくづく、そういう年齢なんだなぁと思いました。

育児を終えると、自分の更年期、親の問題と続き、そうしているうちに自分の老いを迎えるのでしょうか。せいぜい、元気で時間が取れるときは楽しく生きたいなと、又思ってしまいました。

|

« 上高地・扉温泉など | トップページ | ひとり立ち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お母様無事退院 おめでとう
大変でしたね でも 術後の経過も
順調なようだし ほんとよかったですね。
娘に心配かけないように 怖がらず
落ち着いていらしたなんて 本当に
たいしたお母様です。 私だったら
怖い怖いとさわいで みんなに心配かけそうです(笑)
 
全く同感です 元気なうちに 楽しくて幸せな
時間をいっぱい作って 日々暮らしていきたいねっ

投稿: ヒロリン | 2009年9月12日 (土) 14時56分

お母様の退院、おめでとうございます。
ほんとに順調で、一安心ですね。
いろいろとお疲れ様でした。

お義姉様ともゆっくり話すことができて
よかったですね。
なかなかこういうことでもないと
時間が取れませんもの。

すんすんさんも早く体調を万全にして下さいね。
健康で楽しい人生にしていきましょう!

投稿: アミユミ | 2009年9月13日 (日) 17時37分

そんな事があったのね。
ご高齢でよく堪えました。
右手指、少し不便になるけど命には変えれないわ。

指先が化膿したり・・・繰り返してたなんて。
その時にはガンになってなかったのかしら。
色んなガンがあるんだって知りました。

退院してもお一人よね。

全くね。
老後の心配するようになりました。
平等に年を重ねるのね。
世の中、これだけが平等だわ(><)

投稿: りゅう | 2009年9月17日 (木) 21時44分

コメント下さった皆さん、ありがとうございます。
実は、前はコメが入るとメールでお知らせがあったのに、ここ何回か、メールが来なくて、ちっともコメントないなぁっていじけてたんです。今日、偶然ブログを見て、コメントを発見。今調べたんですが、通知の設定にはなっているみたいなのに。ココログに聞いてみようかな。
そんなわけで、お返事大変遅れてごめんなさい。失礼しました。

☆ヒロリンさんへ

どうもありがとう。私だって、怖いと思うわ。
この前、術後初めて自分の指をみたらしく、「不格好だけどしょうがないわ」って、淡々としていました。痛みがほとんどなくなったので、ホッとしたみたい。
本当、楽しんで生きようね。

☆アミユミさんへ

ありがとうね。今度の月曜に抜糸です。念のため、散った組織の検査の結果も出ます。ちょっと心配。
義姉とは、少し距離が縮まった感じがしました。
義姉も、認知症で一人暮らしのお母様がいるんです。あっちもこっちもって感じです。
私たちはまだ時間があるから、いい人生になるようにしたいですね。

☆りゅうさんへ

いつ癌化したのかはわからないけど、痛みが出たのは癌になったからなのかなと思っています。扁平上皮癌という、皮膚がんらしいです。

母はホームに入っているので、助かっています。一人だったら、私がずっと泊まりこまなきゃいけないところでした。簡単な通院も連れて行ってくれるし、本当に助かりました。みんないい方ばかりで、退院した時なんて、走り寄ってきて手を握って喜んでくれたり。母も、喜んでいました。

本当ね。歳を取るのは平等、かな。でも、同じ年月の人生でも、少しでも良いものにできるようにしたいですね。

投稿: めろん | 2009年9月26日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/46186073

この記事へのトラックバック一覧です: 母の入院・手術:

« 上高地・扉温泉など | トップページ | ひとり立ち »