« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

九州旅行 続きの続き

金曜日、ホテルを出て、曾木の滝を見に行きました。これが期待以上に素晴らしかった。こちらでは、袋田の滝とか有名ですが、はるかにそれを凌ぐ迫力で、たくさんの滝が集まって眼を奪われました。東京の近くにあれば大変な観光名所になるだろうなと思いました。

2010_157

2010_162

この後、熊本からフェリーに乗って島原へ。

2010_164

島原の武家屋敷跡です。湧水がいい感じでした。

宿泊は長崎の紅葉亭。高台にあって、お部屋から長崎の素晴らしい夜景が一望にできました。美しい夜景を見ながら、見物の卓袱(しっぽく)料理をいただきました。卓袱料理とは、中華料理の影響を受けて、円卓に大皿が並び、直箸で料理を取っていただきます。決まりは、まずお椀が出てから乾杯をし、最後もお椀でしめます。必ず出るのは豆料理と豚の角煮で、あとはそれぞれの店の自慢料理です。この時はさらしくじら、刺身、煮物、鶏のバンバンジー等でした。

2010_167

2010_170

夜景はあまり良く撮れなかったので、これは朝の景色です。

2010_169

土曜日は、まずグラバー園を見学。2010_173

バルコニーからの景色。

2010_178

グラバー邸。日本で一番古い木造洋風建築で、この一帯は外国人の居留地だったところ。

そして、わざわざ呼子にイカを食べに行きました。この日は不漁だったそうで、人数の半分しかイカ料理を頼むことができなくて残念。でも、こんなに新鮮なイカは初めて食べました。透明なイカの足を切っても動いていて、食べると吸盤が舌に吸い付くぐらい。ウニやサザエも美味しかったぁ。

2010_186

2010_185

そして、波戸岬の海中展望塔に行ってみました。窓から見ると魚がいっぱいで、海の中ってこんなに魚が沢山いるのだとびっくり。ちなみに、周りを囲いこんではいない、自然の海だそうです。

2010_188

唐津に向かい、唐津湾の海浜に続く虹の松原へ。日本三大松原のひとつで、きれいな砂浜でした。この日は、私の友達の超お勧めの宿、洋々閣に泊りました。大正の面影濃い木造二階建ての純和風建築で、家具はモダンなものをうまく調和させ、什器は唐津焼の貴重なものです。こういう所もいいですね。

2010_193

2010_196

2010_201

2010_203

2010_205

庭園も美しく、このラタンの椅子もモダンデザインの巨匠のものらしいです。

そして最終日、美味しい朝食を頂いて、建物を見て回ってから、博多へ向かいました。時間があったので、夫が子供時代を過ごしたあたりを見に行きました。いつも一緒に遊んだ子のお饅頭屋さんは昔のまま健在で、野球をしたと言う公園も見つかりました。よく言っていた、公園の日蓮の銅像もそのままで、夫は大興奮でした。楽しい子供時代だったんですね。博多駅で、とんこつラーメンを食べ、明太子などのお土産を買って、新幹線で帰ってきました。色々きれいなものを見たり、美味しいものを味わったり、楽しかったです。それにしても、九州は、自然がいっぱいで、緑が美しく、食べ物がおいしく、人もさっぱりした感じで、とても気に入りました。また機会があったら行きたいですね。ちょっと遠いけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

九州旅行・続き

さて、続きです。あ、都井岬のところで、自分を馬と思っているのは羊ではなくて鹿でした。それで、馬鹿と言う落ちがついていたんでした。

木曜日、朝、風は強いものの雨は降っておらず、早朝から夫が港に見に行ったりしていましたが、結局船は出港して屋久島に行くことができました。屋久島で又レンタカーを借りて、予約してあったスポーツ用品店へ。ここで、4人分の、レインウェア、トレッキングシューズ、リュックを借りました。ご主人が良い人で、シューズの履き方など丁寧に教えてくれました。そして、近くのスーパーでお昼用の食料を買い込んで出発です。

船に乗ったころから雨が降り出していたのですが、晴れてきたので、白谷雲水峡に向かったのですが、雨がひどくなってきたので、あきらめてヤクスギランドに行きました。車の中で、お昼を食べ、レインウェアを着ていよいよ出発。

2010_056_2

2010_062

2010_068

2010_084

雨の中、80分コースを歩きました。レインウェアを借りていて良かった。あと、トレッキングシューズも。事前に調べたら、このコースは運動靴でも何とかなりそうだったけれど、やっぱり、足がしっかり固定されるし、滑らないし、全然違いますね。本当は150分コースを行きたいところだったけれど、雨だし、娘が山は苦手なので。ここでも、屋久島の素晴らしさには触れることができました。宿へ行って、雨と汗でぐっしょりになった服を脱ぎ、お風呂につかってホッとしました。

屋久島の2日目は、前日あきらめた白谷雲水峡へ。この日は晴れて、ホテルの人が、前日の雨で、きっと迫力がありますよと言っていましたが、なかなかの迫力でした。

2010_091

2010_096

岩の上にあらわれた屋久猿のファミリー?屋久鹿もそうですが、小柄ですごくかわいらしい。一番左は子猿でしょうか。1匹遅れたサルをみんなで待っているところです。こんなところを見られて、グッドタイミングでした。

2010_101

2010_113

2010_117

弥生杉です。すごい。屋久島と言うと、縄文杉ですが、今回はちょっと無理かなと、行きませんでした。体力的にも、時間的にも。もともと、屋久島にあこがれていたのは私で、夫は興味がないので、秋にでも友達と行くつもりでした。今回、九州に旅することになって、指宿から意外に近い(高速船で1時間余り)のを知って、コースに入れてくれました。でも、夫も、行って良かったみたいですよ。私は、できたら今度は縄文杉にちょうせんしたいなぁ。

この後、志戸子ガジュマル公園を見ました。ガジュマルもすごかった。熱帯って感じですね。木の上から、突然可愛い猫が飛び降りてきて、甘えてきたのはびっくり。近所の猫らしです。

2010_124

2010_131

2010_136 2010_137

又、高速船に乗って、指宿へ。指宿では、ホテル秀水園に泊りました。ある新聞のランキングで、料理がナンバーワンになっていたので、楽しみでした。なかなかいいホテルで、お料理も美味しかったけれど、量が多くて食べきれませんでした。これって何とかならないでしょうか。もったいないし、少し少なめのほうが美味しく感じると思うんですが。せめて、量を選択できるといいですね。価格を下げられないなら、その分、高級な食材を使うとか。まぁ、子供たちは完食していましたが。あ、こんな時間。また続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州旅行

8月の8日から、7泊8日で家族旅行に行ってきました。私は、高校の修学旅行以来40数年振りでした。息子がねずらしく1週間休めたので、最後の水入らずの旅行をと思って、海外も考えたのですが、なかなか丁度いいツァーが見つからず、九州に落ち着きました。お盆で渋滞しそうだし、遠いので今回は新幹線とレンタカーで行ってきました。

まず、博多でレンタカーを借りて、日田によってから湯布院へ行って1泊。

2010_002

日田はこんな町並観光客も見当たらず静かな町でした。昔は幕府直轄の天領地で、九州の小京都と言われているそうです。

2010_005

2010_006

お土産物屋さん。ここで、魔よけの土鈴を買いました。

湯布院の宿は、「山荘わらび野」広大な敷地の中に、露天風呂付きの離れが転々と会って、素敵な宿でした。料理が又美味しくて、満足でした。映像がないのが残念ですが、静かな庭からはもう、日暮しが鳴いていました。

2010_008

2010_010_3

2010_012

2010_013 2010_014

こんなお料理。まだ色々、コーンポタージュのシャーベットとか変わったものもあって量もちょうど良くて美味しかった。写真が多いので、サムネイル表示にしたかったけど、やり方がわからなくて・・

2日目は湯布院の町を散策、シャガール美術館も見ました。

2010_023

金鱗湖越しにシャガール美術館を望む。

やまなみハイウェイをドライブして南下。緑の山々が美しかった。そして、カドリー・ドミニオンと言う動物が沢山いるテーマパークへ。ここに、なんとテレビでおなじみのパン君とジェームスがいるんです。ショーで、会えました。

2010_031

高千穂峡谷によってから、この日の宿がある青島へ。途中、スコールのような雨が何回赤あって、大変でした。

3日目は海岸線をドライヴして、都井岬へ。西洋から馬が入ってくる前の日本の在来馬が野生化して、のんびり暮らしていました。何とも別世界のような、のんびりした、いい景色でした。1匹だけ、自分を馬だと思っている羊がいるそうで、見たかったけど、見つからなかった。

2010_048

2010_040

都井岬の馬たち。

そして、知覧の武家屋敷を見学。こちらは薩摩の小京都と言われていいるそう。それぞれ、大きくはないものの、美しい庭園をもった武家屋敷が並んでいます。

2010_151

2010_152

2010_149

この日の宿は指宿。翌日は屋久島にわたる予定なのに、台風4号がきていて荒れ模様。船が出るか、出ても危なくないか、あちこち問い合わせたり、大変でした。ここの名物の砂風呂に入ろうと思っていたら、時間が遅くなり、ぎりぎりセーフ。もう、だれもいなくて、なんだか悪くて早々に引き揚げました。う~ん、そこまで汗は出なかったな。ゆっくりできなかったせいか。他の家族はパスして、そんな私を笑っていました・・・

あ、もう出かけなくては。続きは又書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2人になりました

1週間前、娘の彼が2人で決めた住まいに引っ越し、娘もそちらで一緒に暮らし始めました。何とか一所懸命やっているようです。まだ、娘は本格的に荷物を持って行ってないのですが、近いので(車で15分くらい、バスも1本で行けます)行ったり来たりしながらぼつぼつ運ぶ積りのようです。

しょっちゅうメールが来るし、(料理の作り方は?とか)夕食はスカイプをつなぎっぱなしにして一緒に食べてるみたい。だから、あんまり実感がありませんが。でも、ついに2人になったんですね。楽だけど、やっぱり少しさびしいです。夫と仲良くしなくちゃ。といいながら、もう昨日喧嘩しましたが。だって、大荷物を持って帰ってきた途端に携帯が鳴ったので、焦って出たら、いきなり「なんだお前その出方は!」と切れられました。「え~(何)」と出たと言うんですが、そんな覚えはありません。息は切れていたかもしれないけど。なんか、最近小さなことですぐ怒る。私も負けずに言い返しますけどね。大丈夫かしら?

戻りますが、今の若い男性って優しいですねぇ。住む場所も、彼の実家が神奈川なのでもっとそちらよりにと言う話もあったらしいんですが、結局うちの近くに。他にも色々聞いていると、彼が譲歩してくれているみたいです。マメに手伝ってくれるみたいだし。そういえば、息子も、彼女の意見をすご~く聞いてあげてるみたい。うらやましいなぁ。

私としては、式はともかく、籍は入れてからと思ったのですが、娘は暮らしてみると言って。でも、友達に聞くと、今はそういう人が多いらしくて、「いいんじゃない?」と言う反応が大かたでした。そういう時代なんですね。まぁ、家具なんかも揃えているし、そのうちきちんとするとは思うんですけど。親としては、彼女が幸せになってくれることだけを望んでいます。

明日から、1週間ほど、家族4人で九州に旅行に行きます。珍しく息子がまとまった休みが取れたので、できれば海外にと思ったのですが、丁度いいツァーが見つからなかったので、まだ行っていない九州でも行こうかと言う事になりました。多分、今度こそ、水入らずの旅は最後でしょうね。楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »