« 「大菩薩峠」 | トップページ | 震災後 »

大地震

時々刻々と被害が尋常でない事が明らかになっています。

胸がつぶれる思いです。犠牲者の方の恐怖と無念、家族の方々の気持ちを考えると涙が出てきます。

本当に心からお見舞い申し上げます。

御蔭さまで、うちの家族は皆無事でした。ありがたいことです。

金曜日、一人でうちにいたのですが、かつて経験したことのない長時間の激しい揺れに、とても怖かったです。すぐに家族に電話したのですが、全くつながりません。30分くらいして、夫からメールで、大丈夫だとのこと。娘は外出していたところで、公衆電話から電話がかかりました。スカイプはできると言うので、娘が家に戻ってから、スカイプをつなぎっぱなしにしていました。余震が頻発するなか、娘の顔を見られ、話せるので心強かったです。

その後、夫とも連絡できなくなり、電車が終日止まるとのことで、事務所に泊って始発で帰るのだろうかと思いながら、食事の用意だけはして待っていました。そして、10半くらい、突然夫が帰ってきました。17キロ、3時間半で歩いて帰ってきました。顔を見てほっとしました。

息子は、ツィッターで、無事だとの事。その後、娘の助言でツイッターのダイレクトメッセージで、連絡を取り合えて、安心しました。息子の仕事場はかなり壊れて命の危険も感じたそうです。その後、後片付けをして、夜遅く、彼も歩いて帰ったそうです。アイフォンを持っているので、GPS機能を使えたらしい。アイフォンは、ツイッターもできるし、ほんとに便利ですね。

娘は彼が帰れないので不安がっていたので、夫が車で迎えに行きました。うちに3人そろい、息子も帰ってからスカイプして、顔を見られたので安心しました。

こんな時、スカイプとツイッターは本当に便利。私もスマートフォンに買い替えようかと思っています。

まだまだ、余震の危険も高く、安心はできません。昨日、買い物に行ったら、牛乳、卵、パン、カップラーメンなど、売り切れで、びっくりしました。みんな備えているんですね。そうそう、トイレットペーパーもなかった。ちょうど、地震の日に、ネットスーパーに色々頼んであったのですが、全部キャンセルになってしまいました。

計画停電も今のところ実施されていませんが、いつ実施になるのかわからず、不安です。停電になったら、暖房もできないし、冷凍食品が大丈夫か心配です。

私たちの不安や不便は被災地の方々の事を思うと、贅沢なことでしょう、。

何しろ、原発も含め、早く事態が収束することを願っています。

|

« 「大菩薩峠」 | トップページ | 震災後 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108726/51116750

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震:

« 「大菩薩峠」 | トップページ | 震災後 »