« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

「終わらざる夏」

Photo

浅田次郎著、「終わらざる夏」(上下巻)を読みました。著者自身の言葉では、この物語の主人公は戦争そのものです。私は戦後生まれで戦争は知らないけれど、父は2度の招集を受けたそうです。戦争の話も時々聞きました。でも、若い世代は、親も戦争を知らない世代。こういう本を読んで、戦争がいかに悲惨なものであるか、知ってほしいと思います。

敗戦直前から物語は始まります。一億総玉砕と国民が思いつめていたころです。しかし、ごく一部の軍の上層部は、ポツダム宣言受諾を予期し、米軍がやってきたときに備えて、通訳要員を配置することを急務と考えています。そして、45歳にもなった片岡が選ばれ、彼とともに、医者の菊池、鬼熊軍曹と名高い、富永が招集される。彼らを中心に、彼らの家族の思いも描かれて、それぞれが胸に迫ります。

彼らは、千島列島の孤島に配属されます。そこは、米軍が北から攻めてくるとの予想から、元関東軍の精鋭と完全な軍備が奇跡的に残されています。制海権を失って、移動しようにもできなかったのです。そして、敗戦。無念とほっとした気持ちがじわじわと広がり、米軍が来る前にと、軍備を破壊しようとしている時、カムチャッカ半島から爆撃があります。それはなぜか敗戦後なのに、ソ連軍からのものでした。そして、敗戦後の極北の戦いが始まりました。

戦争は当たり前ながら、国と国が争うと言う建前の裏には、人間一人ひとりの戦い、苦悩、家族に対する思いがあります。浅田氏はそれをこれでもかと言うくらい描き切っています。不覚ながら、又大泣きさせられてしまいました。稀代のストーリーテラーですね、彼は。

敗戦後にこんな戦いがあったとは全く知りませんでした。ソ連が憎いと思ってしまいますが、そこはぬかりなくと言うか、ソ連軍の将校の視点でもこの悲惨な戦いが描かれていて、それも個人より、戦争と言う組織的な暴力の非道さを訴えてきます。

是非多くの方に読んでもらいたい本だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀水荘でいびきが・・・

先週、伊豆稲取の銀水荘に行ってきました。今年は、北海道にでも行こうかと思っていたのですが、家族の体調不良などがあって、検査を控え、とりあえず近場でと言う事で、以前行って良かった銀水荘に美味しいものを食べに行きました。食事は美味しかったです。

002

003 004 005

009

しつこかったかな?こんな夕食でした。温泉に行ってから、いつものように、家族でWiiをやろうとしたら、私がリモコンを忘れていました。しょうがないので、しりとり大会。いい大人が4人で。でも意外に盛り上がったりして。

次の日は・・・

015

石部の棚田。う~ん・・・

022

松崎のナマコ壁通り。う~ん・・・

025

修善寺の竹林の小路。う~ん・・・

もう、伊豆は相当何度も行っているので、無理に行くところを探しても、ちょっとしょぼかった。う~ん・・・結構、この小路なんかなかなか見つからなくって苦労したんですけどね。

帰りは江の島によって、イタリアンを食べて、ワインを飲んで、息子に運転してもらって帰りました。

そうそう、この題名ですが、変ですよね。私、恥ずかしいんですが、いびきがひどいらしく、顰蹙を買っていたんです。でも、何せ、寝ているので、いろいろグッズを試したりはしたんですが、どうしようもなくて、困っていました。それが、銀水荘で寝るときに、枕が高いなぁと思って寝たのですが、夜中に触られたような気がして目覚めました。みんな寝ているようで、もしかして霊が・・・なんて、怖かったんですが、よく朝、夫が、お前、昨日いびき書いてなかったから、死んだのかと思って触ってみたら生きていたって。

もしかしたら、枕の問題なのかなって思って、うちに帰って、いつもの低反発枕の上の方にタオルをたたんで入れてみたら、なんといびきをかかないらしいんです。大発見。夫も喜んでいます。頭を少し上げると、鼻の通りが良くなるのかも。私、以前書いたように、胃カメラやった時に、鼻の奥がすごく細かったらしいんですが、こうすることで、鼻の奥がふさがれるのが防止されるのかもです。同じ悩みの方、お試しあれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »