« 2011年9月 | トップページ | 2012年5月 »

また、始めようかと・・

随分間があいてしまいました。でも、又少しづつ書いてみようかと思っています。よろししくお願いします。

去年は散々な年でした。あの悲惨で胸のつぶれるような震災、その後の政府や東電の対応のひどさ、そして、新たな震災が高い確率で来ると言う報道で、不安な日々を過ごしています。

夏は、娘と私も体調が悪く、病院に行って検査をしたりで、恒例の家族旅行も伊豆に一泊でようやく行きました。本当は北海道に行こうかと予定を立てていたのですが。

そして、11月の初旬、母が脳こうそくで入院しました。入院は2週間余りでしたが。半身不随となり、変わり果てた姿となってしまいました。胃ろうをしなければならなくなるでしょうと医師に言われたのですが、思いのほかの回復で、口から食べられるようになったのは幸いでした。もっとも、とろみをつけた刻み食ですが。退院して、元のホームに戻って、皆さんに良くしてもらっていますが、脳をやられたので、時々おかしな事も言うようになり、わがままにもなって、対応に苦慮します。そんなことで、私も鬱状態になり、やっとこのごろ、立ち直ってきたところです。

もっとも、良い事もありました。娘がやっと入籍し、順序は反対ですが、来月結婚式も内輪であげる事になりました。明日からは二人でオランダ方面に出かけます。なんと言っても、子供たちの幸せが一番の願いですから、これは本当にうれしい事です。

息子は、去年の6月に会社を辞め、職業訓練校に行ったりしていましたが、今年の1月に仮採用となり、4月から正社員になる事が出来てほっとしているところです。まったく新しい職種にチャレンジしているので、いろいろこれから大変だと思い、心配はありますが。

そんなこんなで、ブログを書く気持ちになれなかったのですが、又マイペースで、思った事など、綴っていくつもりです。

気分が落ち込んでいると、好きな読書もいまいち気が乗らなかったりでしたが、やはり本は一番の気晴らしですね。最近読んだ本で面白かったのは、三浦しおんの「船を編む」、映画は、以前ブログに書いた、カズオイシグロの原作、「日の名残り」が、原作の雰囲気をとてもよく出していて、(主演のアンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソンがとても素晴らしい演技でした)良かったです。人間、気晴らしが必要ですよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年5月 »