紅葉と如庵

2週間ほど前になりますが、夫と国内ツァーに行ってきました。

愛知県の犬山にある、如庵という茶室にずっと行ってみたかったのですが、普段は非公開で、見たい場合は予約がいるなど、ハードルがたかかったのですが、ここを見られるツァーを発見したので、行くことにしたのです。

一泊二日の行程でまず、茅野まで電車で行き、そこからバスで、寂光院(京都でなくて愛知県です)の、紅葉を見て、次に、お目当ての有楽苑」・如庵を見学、なぜか高山に宿泊、2日目は、香嵐渓の紅葉を拝見というものです。

Dscn1085


Dscn1090


Dscn1091
寂光院の紅葉と高台から市街地を望んだ風景

さていよいよ如庵です。素晴らしかったです。

Dscn1095

なぜか画像を挿入できなくなったので、続きはまた明日書きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の家族旅行・東北へ

土曜日から二泊三日で東北に行ってきました。本当はもう少し長く行きたかったけれど、息子の休みに合わせて。結婚した娘も参加しました。旦那様も誘ったのですが、仕事が忙しいとのことで、家族水入らずとなりました。きっとこれが最後かなぁと、夫と言いあって出かけました。

八戸まで新幹線で行き、レンタカーを借りました。そして奥入瀬渓流へ。

2012_005


2012_006


全部は歩けないので、石ケ戸~阿修羅の流れと言うポイントがお勧めと書いてあったので、そこを歩きました。往復1時間半くらい。川沿いは涼しい風が吹いていて気持ちが良かった。私は中学の頃「白銀心中」と言う、田宮虎彦の本を読んで、ずっと憧れていたところです。5年ほど前に秋に行ったのですが、やはり紅葉が圧巻で素晴らしかったです。やっぱり、小説の舞台も秋だったし、秋が素敵ですね。

青森に宿が取れなかったので、浅虫温泉の宿に向かい、早い夕食を食べ、7時ころ、電車で青森にねぶた見物に行きました。ねぶたは、実に25年ぶりです。子供たちは小さかったので、あまり覚えていませんでした。前回は梅雨が明けておらず、雨だったせいもあって、今回ほど華やかでなかったような気がします。規模も大きくなったのでしょうね。

2012_032


2012_040


2012_055


2012_077


次から次へとやってくる迫力満点のねぶたに圧倒されました。ねぶた師と言われる人が作るとの事ですが、感心しました。形といい色といい、飽きさせません。ちょうど、曲がり角に陣取ってみていたので、そこで一周してくれるので、よく見られて堪能しました。ねぶたを引く人や、お囃子の人たち、よくぞこんなに人が集まったなと思いました。きっと、都会に出ている人たちもねぶたの為に帰ってきたのじゃないかなぁ。本当に素晴らしいお祭りでした。

次の日は、宿のすぐそばの浅虫水族館によって見ました。そんなに大きくはないけれど、丁度イルカショーが始まるところで、一番前で、水しぶきをビニールでよけながらみたので、迫力があって面白かった。それにしても、イルカって本当に利口ですね。やっぱり哺乳類だからかな。ラッコの食事もみて、面白かった。カメラを車に忘れて写真がなくて残念。

その後、夫がみたいと言って、黒石のこみせ通りという街並みを見学。雁木という、雪よけの今でいうアーケードが続くところです。

2012_095

それから白神山地に向かったのですが、途中でカラフルな田んぼがあって、なんだろうと言っていたら、夫が先日テレビで見た田んぼアートじゃないかと言ってUターン。これは、高いところから見ないとと思ったら、ちゃんと見学用の建物を発見しました。エレベーターで展望所へ。

2012_101


結構すごいと思いませんか?今までの映像がありましたが、年々複雑でカラフルな図柄になっているんですね。田舎館村という所でした。

そんなことで、白神山地に着くのが遅くなってしまいました。白神山地もとても広くて、歩くにも沢山のルートがあったのですが、時間もなく、装備もないので、簡単なコースに行きました。ちょっと物足りなかったけれど。

2012_106


この日の宿は田沢湖。結構時間がかかり、8時ころやっと到着しました。

最終日、出がけに雨が降り出し、かなりの大雨になりました。この日はあちこちで天気が不安定だったらしいです。

花巻高速束を降り、宮沢賢治記念館を見学しました。賢治の直筆の原稿がみられたのが、よかったけれど、あとはいまいちかな。

2012_137


そして仙台へ向かいました。夫は石巻の被災地にも行ってみたいと言っていたけれど、時間もなく、私と娘は見たくなかったし。

仙台で、レンタカーを返し、ちらっと七夕もみたけれど、大した事なかった、と言っちゃあ悪いかな。宿では和食とわかっていたので、食べログで見つけたイタリアンのお店を予約してあったので、そこで夕食。とても美味しかったので、ワインもすすみました。

8時半頃の新幹線で帰京。そして、それぞれの家に帰りました。うん、まぁまぁだったかな。旅行で体重が増えるのはいつもの事。うん、仕方ないよね。やっぱり旅行は楽しい。非日常だものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星空は見られなかったけれど

週末に千葉の館山に夫と行ってきました。休暇村の宿だったんですが、天体観測施設を備えているので、星空を見るのが目的でした。土曜日は晴れていて、5時ごろに宿に着いた時には、大丈夫でしょう、と言われたのに、その後雲が出たらしく、観測は中止になりました。とても、がっかり。まぁ、夕食のバイキングはまぁまぁだったし、温泉もつるつるして良かったんですが、早く寝てしまいました。

日曜日は、9時半ごろ宿を出て、マザー牧場に行ってきました。お客は、ほとんど小さい子を連れているか、若いカップが時々ぐらい。私たちみたいな中年夫婦はほぼいなかったです。孫ができた時の下見だよね、なんて言いながら敷地を一周。途中でフルーツトマト狩りをしました。

2012519_002
土曜に立ち寄った大房岬の展望台から見た東京湾

2012519_006
マザー牧場のアルパカ、妙に可愛い。

2012519_009_2


2012519_016
ウサギかと思ったら、マーラと言うモルモットの仲間

2012519_011


他に行くところも思いつかず、3時半には帰宅。オークスに間に合ったけれど、外れました。本命だったから、しょうがないな。

さて、次の月曜は楽しみにしていた金環日食でした。皆さん、見たでしょうか?メガネが必要と言うので、本屋やコンビニを回ったけれど皆売り切れでどうしようかと思ったけれど、アマゾンがありました。早速、検索し、注文したら、次の日には届けてくれました。しかも、送料無料。便利ですね。いろいろあったけど、私は480円の最安のを買いましたが、十分でした。

7時35分、我が家の東の窓から見るとまさに金色の輪が!とても不思議で、楽しかった。この時は少しうす暗くなりましたね。太陽ってすごい。

星は見られなかったけれど、何百年に一度の日食を見られて、よかった~。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀水荘でいびきが・・・

先週、伊豆稲取の銀水荘に行ってきました。今年は、北海道にでも行こうかと思っていたのですが、家族の体調不良などがあって、検査を控え、とりあえず近場でと言う事で、以前行って良かった銀水荘に美味しいものを食べに行きました。食事は美味しかったです。

002

003 004 005

009

しつこかったかな?こんな夕食でした。温泉に行ってから、いつものように、家族でWiiをやろうとしたら、私がリモコンを忘れていました。しょうがないので、しりとり大会。いい大人が4人で。でも意外に盛り上がったりして。

次の日は・・・

015

石部の棚田。う~ん・・・

022

松崎のナマコ壁通り。う~ん・・・

025

修善寺の竹林の小路。う~ん・・・

もう、伊豆は相当何度も行っているので、無理に行くところを探しても、ちょっとしょぼかった。う~ん・・・結構、この小路なんかなかなか見つからなくって苦労したんですけどね。

帰りは江の島によって、イタリアンを食べて、ワインを飲んで、息子に運転してもらって帰りました。

そうそう、この題名ですが、変ですよね。私、恥ずかしいんですが、いびきがひどいらしく、顰蹙を買っていたんです。でも、何せ、寝ているので、いろいろグッズを試したりはしたんですが、どうしようもなくて、困っていました。それが、銀水荘で寝るときに、枕が高いなぁと思って寝たのですが、夜中に触られたような気がして目覚めました。みんな寝ているようで、もしかして霊が・・・なんて、怖かったんですが、よく朝、夫が、お前、昨日いびき書いてなかったから、死んだのかと思って触ってみたら生きていたって。

もしかしたら、枕の問題なのかなって思って、うちに帰って、いつもの低反発枕の上の方にタオルをたたんで入れてみたら、なんといびきをかかないらしいんです。大発見。夫も喜んでいます。頭を少し上げると、鼻の通りが良くなるのかも。私、以前書いたように、胃カメラやった時に、鼻の奥がすごく細かったらしいんですが、こうすることで、鼻の奥がふさがれるのが防止されるのかもです。同じ悩みの方、お試しあれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

錦秋の京都

お久しぶりです。

11月の21日から2泊3日で、京都に行ってきました。今年は、特別に紅葉がきれいだと言う事で、とても楽しみでした。最初は1週間前、次は1週間後に予約して、キャンセルして結局この日に決めました。

1日目、お昼すぎ京都について、高雄に向かいました。20101121_005

20101121_026

上は高山寺、下は神護寺です。やはり、盛りは過ぎていた感じでした。高雄は紅葉が京都では一番早いらしいです。全部ちょうどと言うわけにはいきませんね。でも、なかなかきれいでしょう?神護寺はかなり登るので、荷物もあるし、へとへとでした。茶店のお団子が美味しかった。

2日目は、東福寺~清水寺~高台寺(円徳院)~真如堂~銀閣寺、と回りました。

20101121_053

東福寺の通天橋から見た一面の紅葉。2度目ですが、やっぱり凄い。人出もすごかったけれど。庭園に降りると、どこを見ても360度の紅葉です。

20101121_066

これも東福寺

20101121_112

20101121_102

清水寺。ここも参道も舞台も人でいっぱい。ここを見てからお豆腐のお店で食事しました。ちょっとお酒も飲んでい気持ちでしたが食事の間に雨が降り出しました。

20101121_120

20101121_123

二年坂から高台寺に向うところ

20101121_125

高台寺の塔頭円徳院。ねねが余生を送ったところ。

20101121_132

20101121_143

真如堂。ここもやっぱり素晴らしい。

20101121_146

20101121_152

銀閣寺。改修が終わった東具堂が見えます。ここも、押すな押すなの人出。中国のツァーと一緒になってしまったらしく、傘もさしているので、ゆっくり見られなかった。いつもはもっとしっとりしたいいところなのに残念。哲学の道も散策しようと思っていたのですが、雨と人とで、取りやめて宿へ帰りました。

3日目は、竜安寺~仁和寺~妙心寺(桂春院、大法院)~宝厳院~大河内山荘~常寂光寺~宝きょう院と、欲張って回りました。

20101121_176 20101121_157 20101121_169

竜安寺です。石庭のイメージしかなかったのですが、タクシーの運転手さんが「いいですよ!」と言っていたので行ってみたら、ものすごく良かったです。池をめぐる参道が素晴らしくて、感激しました。今回、一番良かったかも。それに、あまり取り上げられていないせいか、すいていたのも良かったです。また行って、お寺の中にあるお店で湯豆腐を食べながらゆっくり鑑賞してみたいな。

20101121_193 20101121_191

仁和寺。開放的な建物と紅葉した庭との融合が良かった。

20101121_216

桂春院

20101121_227

大法院。お庭を見ながらお抹茶と栗蒸し羊羹を頂きました。美味しかった。

この後嵐電に乗って嵐山に向かいました。

20101121_238

渡月橋の人出を見てください。ここはいつも混んでいるけれど、この秋一番だったのではないかしら。

20101121_248 20101121_253

宝厳院。以前夜間のライトアップはみた事がありますが昼間は初めて。ライトアップ用のライトが見えます。高台寺のライトアップも見ましたが、私は紅葉はやっぱり昼間に見る方が美しいと思います。微妙な色合いが良く見えますから。

20101121_259

大河内山荘。ここも3回目くらいですが、やっぱりいいところです。入園料が1000円でちょっと高い。お茶とお菓子が出ますが。あちこち行くと拝観料などもばかになりません。今回、一人6000円ほどかかりました。

20101121_275 20101121_270

常寂光寺。ここの紅葉も圧巻です。

20101121_296 20101121_293

宝きょう院。ここは小粒ですが、ぎっしり紅葉が詰まっているような感じさえしました。お堂の中からみたら美しい絵のようで、見飽きませんでした。立ち去りがたかったです。

以上、とても楽しい紅葉散歩でした。紅葉の名所は沢山あるけれど、こんなに間近に凝縮された紅葉を見られるのは世界中でも京都だけじゃないかと思います。長い年月、人間が手を入れて、作り上げたんでしょうね。先人に感謝したい思いです。

帰りは、いつものように、京都駅の伊勢丹で、湯葉を買い、豆腐料理のお店で食事をして帰りました。祭日だったので、随分並んでいて、新幹線の時間に間に合わないのではと、ハラハラしました。今回は娘と夫と3人で行ったのですが、娘は初めてみて感激していました。息子にも1度見せてあげたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

九州旅行 続きの続き

金曜日、ホテルを出て、曾木の滝を見に行きました。これが期待以上に素晴らしかった。こちらでは、袋田の滝とか有名ですが、はるかにそれを凌ぐ迫力で、たくさんの滝が集まって眼を奪われました。東京の近くにあれば大変な観光名所になるだろうなと思いました。

2010_157

2010_162

この後、熊本からフェリーに乗って島原へ。

2010_164

島原の武家屋敷跡です。湧水がいい感じでした。

宿泊は長崎の紅葉亭。高台にあって、お部屋から長崎の素晴らしい夜景が一望にできました。美しい夜景を見ながら、見物の卓袱(しっぽく)料理をいただきました。卓袱料理とは、中華料理の影響を受けて、円卓に大皿が並び、直箸で料理を取っていただきます。決まりは、まずお椀が出てから乾杯をし、最後もお椀でしめます。必ず出るのは豆料理と豚の角煮で、あとはそれぞれの店の自慢料理です。この時はさらしくじら、刺身、煮物、鶏のバンバンジー等でした。

2010_167

2010_170

夜景はあまり良く撮れなかったので、これは朝の景色です。

2010_169

土曜日は、まずグラバー園を見学。2010_173

バルコニーからの景色。

2010_178

グラバー邸。日本で一番古い木造洋風建築で、この一帯は外国人の居留地だったところ。

そして、わざわざ呼子にイカを食べに行きました。この日は不漁だったそうで、人数の半分しかイカ料理を頼むことができなくて残念。でも、こんなに新鮮なイカは初めて食べました。透明なイカの足を切っても動いていて、食べると吸盤が舌に吸い付くぐらい。ウニやサザエも美味しかったぁ。

2010_186

2010_185

そして、波戸岬の海中展望塔に行ってみました。窓から見ると魚がいっぱいで、海の中ってこんなに魚が沢山いるのだとびっくり。ちなみに、周りを囲いこんではいない、自然の海だそうです。

2010_188

唐津に向かい、唐津湾の海浜に続く虹の松原へ。日本三大松原のひとつで、きれいな砂浜でした。この日は、私の友達の超お勧めの宿、洋々閣に泊りました。大正の面影濃い木造二階建ての純和風建築で、家具はモダンなものをうまく調和させ、什器は唐津焼の貴重なものです。こういう所もいいですね。

2010_193

2010_196

2010_201

2010_203

2010_205

庭園も美しく、このラタンの椅子もモダンデザインの巨匠のものらしいです。

そして最終日、美味しい朝食を頂いて、建物を見て回ってから、博多へ向かいました。時間があったので、夫が子供時代を過ごしたあたりを見に行きました。いつも一緒に遊んだ子のお饅頭屋さんは昔のまま健在で、野球をしたと言う公園も見つかりました。よく言っていた、公園の日蓮の銅像もそのままで、夫は大興奮でした。楽しい子供時代だったんですね。博多駅で、とんこつラーメンを食べ、明太子などのお土産を買って、新幹線で帰ってきました。色々きれいなものを見たり、美味しいものを味わったり、楽しかったです。それにしても、九州は、自然がいっぱいで、緑が美しく、食べ物がおいしく、人もさっぱりした感じで、とても気に入りました。また機会があったら行きたいですね。ちょっと遠いけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

九州旅行・続き

さて、続きです。あ、都井岬のところで、自分を馬と思っているのは羊ではなくて鹿でした。それで、馬鹿と言う落ちがついていたんでした。

木曜日、朝、風は強いものの雨は降っておらず、早朝から夫が港に見に行ったりしていましたが、結局船は出港して屋久島に行くことができました。屋久島で又レンタカーを借りて、予約してあったスポーツ用品店へ。ここで、4人分の、レインウェア、トレッキングシューズ、リュックを借りました。ご主人が良い人で、シューズの履き方など丁寧に教えてくれました。そして、近くのスーパーでお昼用の食料を買い込んで出発です。

船に乗ったころから雨が降り出していたのですが、晴れてきたので、白谷雲水峡に向かったのですが、雨がひどくなってきたので、あきらめてヤクスギランドに行きました。車の中で、お昼を食べ、レインウェアを着ていよいよ出発。

2010_056_2

2010_062

2010_068

2010_084

雨の中、80分コースを歩きました。レインウェアを借りていて良かった。あと、トレッキングシューズも。事前に調べたら、このコースは運動靴でも何とかなりそうだったけれど、やっぱり、足がしっかり固定されるし、滑らないし、全然違いますね。本当は150分コースを行きたいところだったけれど、雨だし、娘が山は苦手なので。ここでも、屋久島の素晴らしさには触れることができました。宿へ行って、雨と汗でぐっしょりになった服を脱ぎ、お風呂につかってホッとしました。

屋久島の2日目は、前日あきらめた白谷雲水峡へ。この日は晴れて、ホテルの人が、前日の雨で、きっと迫力がありますよと言っていましたが、なかなかの迫力でした。

2010_091

2010_096

岩の上にあらわれた屋久猿のファミリー?屋久鹿もそうですが、小柄ですごくかわいらしい。一番左は子猿でしょうか。1匹遅れたサルをみんなで待っているところです。こんなところを見られて、グッドタイミングでした。

2010_101

2010_113

2010_117

弥生杉です。すごい。屋久島と言うと、縄文杉ですが、今回はちょっと無理かなと、行きませんでした。体力的にも、時間的にも。もともと、屋久島にあこがれていたのは私で、夫は興味がないので、秋にでも友達と行くつもりでした。今回、九州に旅することになって、指宿から意外に近い(高速船で1時間余り)のを知って、コースに入れてくれました。でも、夫も、行って良かったみたいですよ。私は、できたら今度は縄文杉にちょうせんしたいなぁ。

この後、志戸子ガジュマル公園を見ました。ガジュマルもすごかった。熱帯って感じですね。木の上から、突然可愛い猫が飛び降りてきて、甘えてきたのはびっくり。近所の猫らしです。

2010_124

2010_131

2010_136 2010_137

又、高速船に乗って、指宿へ。指宿では、ホテル秀水園に泊りました。ある新聞のランキングで、料理がナンバーワンになっていたので、楽しみでした。なかなかいいホテルで、お料理も美味しかったけれど、量が多くて食べきれませんでした。これって何とかならないでしょうか。もったいないし、少し少なめのほうが美味しく感じると思うんですが。せめて、量を選択できるといいですね。価格を下げられないなら、その分、高級な食材を使うとか。まぁ、子供たちは完食していましたが。あ、こんな時間。また続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休に蓼科へ

連休に1泊で蓼科へ行ってきました。息子は仕事で休めないと言うので、娘と夫と3人で。何故こんな時期に蓼科かと言うと、ズバリ、ホテルのキャンセルがあって半額近くになっていたから。大体、他は皆満室だったし、こんなに安ければ行ってみてもいいかな、と。

あまり見るところもないので、当日はお昼に出て、早めについてゆっくりする、はずだったのですが、とんだことになってしまいました。夫が中央高速は混んでいるし、つまらないから一般道で行くと言い出した時、いやな予感がしたのですが、運転してもらうので、反対もできなかったのです。そうしたら、出て早々に渋滞しているし、道はつづら折りの連続で予定より随分かかってホテルの近くまでやっといったと思ったら、雪のため通行禁止になっている!仕方ないので、ほかの道を行っても又通行禁止、ぐるぐる回って、結局ずうっと南下して小淵沢まで戻って高速に乗る始末。ぐったりしてホテルにようやく着いたのがなんと8時。何とか食事にはありつけましたが、みんなぐったり。Wiiも持っていったのですが、遊ぶ元気もなく早々に寝てしまいました。宿の人に聞いたら、いつもはこの時期こんなことはないのに、前日の暴風と当日の雪で通行止めになったらしいのです。運も悪かった~。

翌日はいいお天気になり、体調が悪化した娘はもう帰ろうと言ったのですが、せっかくだからと、ヴィーナスラインをドライブすることにしました。空気が澄んでいたのか、八ヶ岳連峰や南アルプス、そして富士山も良く見えて素晴らしい景色で気を取り直しました。

そして、以前も行って面白かった富士花鳥園に行ってみることにしました。前回は娘は行かなかったので。そうしたら、なんと富士山がまじかにくっきりと見えて、感動でした。前は曇っていたので全然見えなかったのに、こんなに迫力のある富士山を見たのは初めてでした。

2010321_019

う~ん、もっとくっきりと、きれいだったんですが・・・

花鳥園は、フクロウがたくさんいて、面白いんですよ。フクロウっておとなしいんです。首だけ時々くるりと回して、愛嬌満点。あと、インコや、エミュー、(ダチョウの小型のような鳥)、ハクチョウやアヒルなどの水鳥もいます。

2010321_020

この右側は、受付のマスコットのココアちゃん。最初は人形かと思いました。小さくてすごくかわいい。夫と娘は欲しい!と言って大騒ぎしてました。

2010321_034

温室の中は球根ベゴニアを始め花でいっぱいです。とてもきれい。ここで、スプレストパーカスという花の鉢植えを買いました。すみれの大きいような花です。もう少し暖かくなったら葉挿しができるそうなので楽しみです。

きれいな富士山と花と、フクロウも見たので、すっかり気分を良くして帰路につきました。また、一般道で行きたがる夫に2人で大反対して、高速経由で。連休最終日で何時間もノロノロ運転でしたが。替わってあげたかったのですが、もう何年も高速で運転してないので自信がなくて。娘は私よりひどいし。今度練習して、少しは私も運転しなくては駄目ですね。頼っていた息子もそうそういけないし、そのうち2人になるのですから、助けあわなくちゃね。なんて、殊勝に思ったりしながら帰ってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪国でのお正月

みなさん、明けましておめでとうございます。と言ってももう4日ですが・・・関係ないけど、今日は母の95歳のお誕生日です。昨日我が家によんでお祝いしました。年々足が弱りますが、何とか歩けるし、頭ははっきりしているので、いいほうだと思います。

話がそれましたが、31日から2泊で旅行に行ってきました。お正月は混むし、高いしと思っていたのですが、夫の仕事が忙しくなって普段は休めそうにないし、それ以上に休めない息子が何とかいけることになったので、思い切って出かけました。

31日は、夏にも行った、扉温泉の明神館へ。あの時は娘が忙しくて行けなかったので、連れて行ってやりたくて。すごく気に入ったのです。松本を過ぎるとすっかり雪景色で、宿に着くと肩にケープのついた黒いコートにソフト帽をかぶったホテルマンが出迎えてくれました。なんだか、お話の中の世界にきたみたいでした。お部屋も広々として、露天風呂も付いていました。

2010_001

そして、楽しみな夕食。たまには洋食もいいと思ったのですが、懐石しか席が取れませんでした。でも、十分見た目もお味も最高でした。

2010_006_2 2010_007 2010_008

コースの1部です。お腹いっぱいになったけど、ヘルシーでした。部屋に戻ってから、お風呂に入ったり、遊んだりしました。娘がクリスマスに彼にもらったWiiを、息子が最近買ったプロジェクターを持ってきたので、部屋の壁いっぱいに映像を映して、バーチャルなボーリング、卓球、ゴルフなんかをみんなんでやって大笑いしました。あと、DVDも大画面で見たり。いつもはテレビを見ながらの年越しですが、今年はほとんどテレビも見ませんでした。せっかくなので、部屋についていた露天風呂にも入りました。いい気持ち~。

2010_016_2

元日の朝食もお正月らしいお料理を堪能しました。

2010_010

チェックアウトが12時なので、ゆっくり出発して、能登和倉温泉の加賀屋に向かいました。雪がひどいので、大回りして高速で行ったのですが、それでも除雪が間に合わず、かなり積っているところもあり、ひやひやしながらの長時間ドライブでした。途中、3か所くらいで事故っている車を見ましたし、右側の車線を走っている車がスリップして雪の中に突っ込んだり、怖かったです。

2010_019

雪景色はきれいでした。昔は毎年スキーに行っていましたが、この頃ではこんな景色はめったに見られなくなりましたから。

加賀屋に着いたのが、7時ころ。予定より遅れたので、事前に電話を入れてすぐに食事をとお願いしてあったのですが、仲居さんが新米らしく段取りが悪いことおびただしくて、やっと食事になっても、お酒が1時間近く出てこなかったりしてイライラしました。加賀屋っていろいろなランキングで、日本一の旅館になっているのですごく期待して遠いところまで行ったのに、がっかりしました。お食事は美味しかったのですが、見た目が昔ながらの感じで、垢ぬけていない感じがしてしまいました。気分もあるんでしょうが。

朝食はやっぱりおせちとお雑煮が出ました。

2010_022

前日に懲りたので、朝は早めに出発して、ひたすら東京へ。心配したほどの雪ではなかったので、まだよかったのですが、やっぱり遠かったですね。

お正月を温泉で迎えるのは憧れだったのですが、今回ちょっと忙しかったかな。明神館で2泊とも考えたんですが、夫が加賀屋に行ってみたいと言ったので、頑張って行ったのですが、期待ほどでなくて、何より遠すぎました。でも、4人そろって出かけられたのは久しぶりだったし、いつもいない息子と何日も過ごせて楽しかったです。ただ、帰って体重を量ってびっくり。あ~あ、すっかりリバウンド。明日から、またダイエットに励まなくては。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

再び稲取へ

先日、夫と娘と3人で伊豆の稲取に行ってきました。春にも行ったんですが、食事の美味しい旅館があるというので、調べたらちょうど1日だけあいていたんです。料理のおいしい旅館のランキングで7位になっていたらしい。この前行った明神館より上のランクなので期待しました。

当日はあいにくの雨模様。お昼頃ゆっくり出かけて、途中熱海で、起雲閣という庭園のきれいな建物を見学しました。昭和の鉄道王と言われた根津嘉一郎によって建築され、その後、旅館になっていた時期は志賀直哉はじめ多くの文豪が逗留したそうです。今は熱海市が買い取って保存しているようです。

20099_066

20099_073

こんな感じです。室内はレトロモダンとでも言ったらいいのかな。旅館の時に泊まってみたかった。

そして、いよいよ宿へ。銀水荘という旅館です。料理の写真を撮るのを忘れて残念でしたが、期待に違わない、素晴らしいお料理でした。う~ん、美味しかったぁ。次々出てくるものはそう多くないのですが、数があって、最後の金目の雑炊がたっぷりあって、もう苦しいほどでした。お酒もすすんだので、倒れて寝てしまい、深夜に娘と温泉に入りに行きました。温泉も結構でした。深夜なのに、一人で入りに来る女性がいて、驚きました。私も、以前お風呂に行ったら誰もいなくて、何だか怖かった経験があります。深夜ではなかったけど。髪を洗う時が特に怖いんですよね。何かが後ろにいそうで・・・

翌日は、朝ごはんもおいしく頂きました。この頃は、食事もレストランで、というのが多くなりましたから、お部屋に運んでもらうのは久しぶりでしたが、いいものですね。

伊豆は散々行っているので、実はほとんどのところは見てしまっていくところがなくて困ってしまいました。結局、近くのバイオパークという遊園地と動物園の間のようなところに行ってみました。この日も雨が降ったりやんだりで、ガラガラ。それをいいことに、全くできないゴルフの打ちっぱなしに挑戦。昔少しやっていた夫に教えてもらって打っても、ちっとも飛ばない。難しいですね。でも、上手になってコースに出たらきっと気持ちいいんだろうな。

20099_087

小さな動物園の中のふれあいコーナー。お姉さんがウサギにえさをやったら、カピパラが寄ってきた。カピパラってなんかとぼけた感じでおかしい。背中をなでたけど平気な顔してました。夫はアルマジロを抱っこしたり。怖がりの娘は外から見てました。娘は子供のころは可愛い子犬でも怖がっていました。今はだいぶ良くなったけど。

20099_100

バイオパークからも海が見えていい景色でした。

今回は旅館の食事目当てで、旅としては中身が薄かったな。今度はどこへ行こうかしら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)