新ダイエット・ホリエモンショック

この頃、ランチに誘われる事が多くて、又体重が増えてしまいました。せっかくお正月ぶとりから立ち直りそうだったのに、逆戻りです。ところが、昨日もお友達4人でランチしたのですが、その中の1人が、3~4ヶ月で、6キロも痩せたんですって。しかも体脂肪は25から21になったとか。これは聞くしかありません。

彼女は食事制限は全くなし、3食食べているそうです。前から暇を見てウォーキングはしていたけれど、あまり痩せなかった。血圧が高いので、医者に行ったところ、ただ歩くのではなく、食後2~30分後に30分ほど歩きなさいといわれたんですって。そして実行したところ、見事痩せて、血圧も下がったそうです。これは大ニュース。うちで喜んで娘に話したところ、「ふ~ん、お母さんにはそんな根性ないじゃない。」と、冷たく言われてしまいました。確かに、食後30分でウォーキングと言うのはむづかしいだろうな。皆ばらばらに帰ってくるから、食事の支度もあるから、出られないし。でも、有酸素運動なら良いそうなので、片隅に置き忘れたエアロバイクで試してみたい。強くそう思ったわけです。と、言いながら、昨日は忘れ、明日から一泊で高山に行く予定なので、(お母さん遊びすぎ、といわれた。)月曜から頑張ろう。

さて、気の重い出来事。ライブドア事件です。前に書いたように株を持っていたので、かなりやばい状態です。強制捜査以来、連日のストップ安で、今日は売りが買いの1100倍。売ることもできません。調子にのらない様にと思っていたのに、思いもよらない出来事で頭がいたい。

でも、これは株とは関係なく思うのですが、ちょっと納得がいきません。確かに法すれすれか、抵触もしているんでしょう。だけど、ここまでこぞって叩かれるほど悪いとは思えないのです。株式分割はライブドアだけではないし、粉飾決算だって、子会社の利益を付け替えたらしいけど、連結では変わらないのだから、そこまでの事ではないような気がする。西部鉄道やカネボウなんか、とんでもないことをしていたのに、同じように言われている。虚業といわれているけれど、ポータルサイトやブログを使っている人も多いし、無線LANも便利になると期待してました。それに較べればサラ金会社なんて、社会悪なのに何も言われず、堂々とCMやってる。私はどんなに儲かってもサラ金の株なんかは買おうとは思いません。

欧米でもこのニュースは大きく取り上げられているそうですが、伝統的な既存の権力にはむかったために、つぶされようとしているというニュアンスが多いと読みました。確かに、お金で買えないものは無いと言ってみたり、服装もラフだし、なんと言ってもあのフジテレビをのっとろうとしたんだから、憎まれているでしょうね。反面、若者たちに夢を与える存在でもあったと思います。出る杭は打たれる・・そんな気がしてなりません。やったと思われることと、この騒がれ方とのギャップを感じてしまうのです。もっと悪いことをしている人達が要るんじゃないかと思うのですが。見せしめと言う言葉が頭に浮かびます。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

ホリエモンの株

3月からネットでささやかに株をやっています。ちょっと訳ありの資金があったので、夫の「お前も株やってみたら?」の言葉に乗りました。元々、何でもしたがりの好奇心おおせいの性格。面白そうだなと思って始めました。色々勉強してから、と思ったのですが、結局始める前に読んだ本は、山本有花さんの「株で3000万円儲けた私の方法」だけ。

彼女の本を参考に、チャートなど見てわくわくしながら買う株を決めて....でも当然そんなに甘くはないですよね。あがったり、下がったり、そして5月頃は日経平均がどんどん下がり、赤字も膨らむ一方、特にチャートを見て買った、タカラ(玩具の)には胃の痛い思いをさせられました。最初は損をして売るというのがなかなか出来なくて、見る間に下がって泣く泣く処分しました。「会社の業績も見ないで買うからだ。」その通り、基本も押さえてなかった。

そして、ホリエモン騒動がありました。面白がってみていたのですが、事の成り行きを見ていた夫が「絶対に上がる。」と言うので、言われてみればもっともだと思って購入。ところが白馬の騎士が出てきたり、色々あって上がるどころかじわじわ下がってくる。でもいつかは上がると信じてじっと我慢の子でいたら、今度は良いニュースが出始め上がりだしました。どんどんと。

極めつけは細木数子のテレヴィでの「株価は5倍になる」と言うご託宣(そんな事でも上がるんですね。)と、今回の立候補。

そういうわけで何とか持ち直し、今は結構いい感じ。でも持っている株価が高くても売らなければ又下がる可能性も勿論あるわけで。なんとも言えませんが。

株をやると、経済のニュースとかには敏感になります。それはいい面かな。でもこの頃やたら時間がないと思ったら、ブログを始めた事もあって、家にいる時はパソコンの前に座っている時間が多い。しわ寄せは家事に...でも、夫は株の話が出来るようになったので喜んでいるみたい。

ホリエモンの立候補は、株が上がったから言うわけじゃなくて、郵政民営化には基本的に賛成なので、対立候補としてだから良いのじゃないかな。素人で無責任だと言う意見も多いけれど、今の政治手法にどっぷりの候補が良いとも言えないと思う。才能はある人だと思うので、万一当選したら新しい事をやってくれないかと言う期待もありますし。

でも最初現れた時は「なんか、生意気な感じだなぁ、」と思っていたのに最近やんちゃな言動が可愛くさえ見えるのは、やっぱり株が上がったからかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)